「彼氏募集」は返って男を遠ざける?

以下は、モテナイ男からの戯言です。
時々、知り合いの女性や職場やサークルなどで、「私、彼氏募集中です」と明言する女の人がいますが、それがどれほど魅力的で美人の人でも、そこに対してエサをぶら下げられた犬のように「ワンワン!パクッ!」という感じで食いつくような気分にはなりません。
ものすごいイケメンで、今まで振られたことがない、という男性であれば、そういうエサに飛びつく勇気があるかもしれませんが、我々のように、痛い思いばかりしてきた男にとっては、それは非常に危険な罠に感じます。
「私、彼氏募集中です」
という言葉には私からすれば、以下のようなかくれたメッセージを受け取ります。
・今とは「別の」「もっといい」彼氏を募集中
・彼氏は募集中だけれど、相当条件は厳しいから覚悟しておくこと
・彼氏は募集中だけれど、選ぶのはこっちだからね
という感じです。
要は、彼氏募集中、などということを平然と明言できる人は、「募集しても集まらないときの恐ろしい恥ずかしさ」「自分みたいな人間が彼氏を募集することの無謀さ」みたいな意識がなく、募集すれば集まってくる、という自信が大変にあるように思うのです。
そうでなければ、異常に自己肥大しているか、そのような「恥ずかしさ」「無謀さ」を感じない、天衣無縫なというか「おバカな」女性かのどちらかだと思います。
そういう前提で言うと、彼氏募集中にまんまと引っかかって、相手の条件に到底見合わず、あえなく不合格することもいやですし、自己肥大しているおバカなことも付き合いたくはないので、ごく当然の成り行きで、「彼氏募集中」と明言していることは距離を置くことになります。
ですので、本当に彼氏がほしいと思う人は、「彼氏募集中」などと明言しないで、静かに、にこにことして、人に親切にしていれば、自然に彼氏候補は何人かできるのではないか、その方が近道ではないか、と思うのです。