おかえし

Sは、Uに体をよせると、その唇に自分の唇を重ねました。
そうして、ブラウスの裾から差し入れた手で、彼女のやわらかな胸の突起をくすぐるようにさわりました。

Uが身をよじらせるのをみてSは、そのままUをベッドによこたえ、スカートを下着がのぞくまでたくしあげました。
Uがまだレズの経験が浅いだけに、Sは自分から積極的に仕掛けていきました。
片あしをひきよせ、お尻の間の皺にはさまれたなだらかにもりあがった箇所を、下着ごしにもみさすりだしました。
たちまち下着がじんわり湿り気をおびはじめ、Sの指さきもしっとりと濡れるのがわかりました。
Uはまだ緊張しているのか、体がかたく、Sは彼女の下着をずらすと、体毛のからみつくふともものつけねに、唇を近づけて、舌の先でその部分をなめてやりました。
Uはあしをひろげて、Sの舌がもっと自分の芯の部分にふれるように、腰をうかせました。
Uの全身に小刻みな震えが波のようにはしりました。
Sは自分の口のまわりにに、彼女の奥底からとめどもなくあふれでるどろどろした体液がこびりつくのを感じました。
それにはUの匂いがしました。
Uの口から上ずるような喘ぎ声がではじめると、Sは指を彼女の中にさしいれ、最初は優しく、次第に力をこめてなでさすりはじめました。
あらあらしい息遣いにかわったUは、Sの指が自分の一番敏感な場所を突くたびに、アッと声をあげ、その声の感覚がだんだん短くなりだすにつれて、体が硬直しだし、やがてそりかえって、最後に首がのけぞったところで「イク」といって、体をなおもピンとそりかえらせて、やがてがくんとベッドに大の字になりました。
その彼女の額の髪の毛をSがかきあげてやっていると、息をふきかえしたUの手が、こんどはSの下腹部にのびてきて、おかえしとばかりに下着におおわれたやわらかな部分を、ゆっくりともみはじめました。