お父さん先生体験

私の子供の通う幼稚園には、「お父さん先生、お母さん先生体験」という行事があります。
お父さんかお母さんが幼稚園に来て、1日先生のお手伝いや出し物をして子供たちと遊ぶというものです。
以前は、お母さん先生だけだったのですが、意外にもお父さんからの参加要望が多かったことからお父さん先生も実現したんですよ。
1日に入れる人数は、1クラスに二人までです。ちなみに夫婦での参加は、禁止です。
まぁ、家の中の事情を持ち込まれも困るということみたいですが。
なので私は、よその子供のお父さんと一緒にやることになってしまいました。
今までは、お母さんと組んでいたので、お父さんと組むのは初めてで、どんな感じなのかなとドキドキしていました。
まず、朝お父さん先生が登場すると男の子たちが大喜びでした。
早速、上に乗っかったり、大勢で腕にしがみついたりとやりたい放題です。
普段、女の先生にはできないことだから、嬉しいんでしょう。
女の子は、ちょっと恥ずかしそうで様子を伺う感じで私の方に来て、「おままごとしよう。」と言ってくれる子が多かったです。
午前中は、プールがあったので着替えのお手伝いをしたり、プールサイドで見守りました。
が、お父さん先生は違います。子供たちもそこは分かっているようで、水鉄砲の的にされていました。
午後からは出し物をしました。私は特技のピアノでリトミックをしました。
お父さん先生は、絵本を読んだり、外で相撲の相手をしてくださりました。
普段はできないダイナミックな体を使った遊びに子供たちは大満足だったようです。
後日、我が家のパパにも参加をしてもらい、子供たちの様子を聞きました。
お父さん目線とお母さん目線で、子供たちの様子を見て意見を交換すると見方が違って勉強になりますよ。
このような機会があったら、ぜひ参加されることをおすすめします。