なんと逆ナンパされるとは

わたくし、仕事の関係で1か月ほど札幌へと長期出張していました。
その時あったとても思い出深い体験を披露したいと思います。
札幌の街にも少しは慣れ始めたころ、ひとりで街をウロウロしていました。
本屋に入ったり、服屋に入ったり、喫茶店で一服したりと普段の休日のように過ごしていたのです。
何か食べ物でも買って帰ろうかとデパ地下へと足を運びます。
人は意外とまばらで空いていて、スムーズに見て回れます。
そんな時、妙に目が合う女性が登場、長身で美人そしておしゃれな格好がとても華やかにみえる方でした。
すれ違いざまにチラ、陳列棚のところでチラ、惣菜を物色中には近くまで来ているではありませんか。
自分の顔や格好が変に見えているのかと思ってしまうのですが、彼女から発せられるオーラは結構前向きな感じ、淡い勘違いを身にまといこちらも少し意識してしまうのです。
今度はこちらから彼女の近くへと寄っていくと、目を一瞬合わせた後節目がちになり、かわいくもそっけない微妙な感じです。
こんなことを続けていると、本当の不審者になりかねないので買い物を済ましデパ地下を後にします。
しばらく歩いていると、カツッカツッとヒールで走ってくる音がします。
振り返るとあの彼女、わたくしの前で立ち止まり息を切らしながら「お茶でもどうですか」と誘ってくるではありませんか。
まさか自分がという思いになりましたが、彼女は顔を真っ赤にしており純情少女のよう、その姿に心打たれ快く快諾です。
その後はデパートの喫茶店に入りお話、美人ですが意外と純情な彼女、ありったけの勇気をだして声をかけてくれたようです。
目線でもわかるように彼女は、なぜかわたくしにぞっこん、終始トロンとした目でみつめてきます。
出張中であること、ホテル住まいであることなどを伝えると部屋へ招いてくれ食事をごちそうになりました。
そのあとは大人の男女、当然の流れで肌を合わせます。
悶える彼女の腰を掴み腰を何度も打ち付けていくと「ああん、うれしい、うれしい、○○さん」と喘いでいました。
その後彼女は私を追って東京へと上京、同棲に至っています。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!