ぼくが好きなセックスフレンドのタイプ

今まで何人かセックスフレンドと呼べる女の子と付き合いましたが
必ずと言っていいほどその子達には共通点があります。
ぼくは見た目というか、話しててもエッチな感じがしない子が好き。

たまにいる、見るからにエロさ満点のユルそうな子は全然ソソらないんです。
これはおそらく初体験がきっかけなのかな。

ぼくの初体験の相手は女子大生、ぼくが高校生の頃です。
バイト先で知り合った彼女は真面目な彼氏がいましたが
今思い出すと結構根がエッチだったんでしょうね。
年下のぼくを弄ぶようにいろいろエッチなことを仕込まれました。
でも見た目は清楚な人で、そのギャップがぼくのツボになっちゃったみたいです。

だいたい高校生の頃なんて
穴があったら入れたい年頃じゃないですか。
そこに何とも色っぽい大人の女性の誘惑があったら
それは我慢するにも限界があります。
すっかりぼくはその人のおもちゃにされながら、オンナの体を堪能させてもらってました。

それからと言うもの、その手の女性と縁がある度にやりたくなってしまう性分になりました。
意外にもそんなギャップのある女性は結構いるものです。
普段スマした顔してながら、ストレス溜まってるんでしょうね。
エッチモードのスイッチ入ると知性的な雰囲気が一変、嘘のようにいやらしくなるのがそのタイプ。
でもそれがぼくも一番興奮するパターンです。

けして年上だけに限らず、そういう潜在的にエッチな女性はたくさんいて
正直本命の彼女とセックスするより数倍興奮します。
欲を言えば彼氏がいる方がより一層興奮しますね。
何か罪悪感や背徳感があるのと、ぼくが本命ではない気楽さがさらに刺激を高めてくれるみたいです。