ぽっちゃりで何が悪いのか

自分の体重にコンプレックスがあるおデブちゃんは、そもそも出会い系で相手を探すこと自体すごく勇気がいるはずです。容姿や体型でからかわれた経験が異性とのコミュニケーションに二の足を踏ませる、これはよくある、だけれども凄く深刻な話なんです。
危なかったりマイナスなイメージもあるかもしれない出会い系ですが、どういう形であれ自分のことを肯定してくれる相手を見つけ、更にはセックスも経験するのはいけない事ではないと思います。
ぽっちゃり出会い系はまず「太っていること」が求められている条件なので、あとは思い切りと勇気です。

とはいってもあまり羽目は外さないようにしましょう。
以前、出会い系で接触したあるぽっちゃりさんなんですが最初の頃はすごく不器用に、でも健気な性格のいい女の子だったんです。処女でしたがセックスのあと一生処女のまま死ぬと思っていたから嬉しいと言っていました。こちらもセフレというか友達になれてよかったな、と思っていました。
ところが彼女はその後自分のほかにもその出会い系サイトで何人かの相手と知り合って交渉を持つうちに自分はモテるのだと自信をつけて態度が変わり始め、それだけならまだしも勘違いをするようになってしまったらしく私生活での友人の彼氏にモーションをかけて遂にはストーカー紛いの行動に出てしまって人間関係が崩壊してしまい連絡がつかなくなってしまいました。
サイトも退会しており、まったく消息がわかりません。
何事もほどほどにしておいた方がいいのです。

 

ぽちゃぽちゃ娘とレッツ出会い

ぽっちゃり女子好きをデブ専というのはデブという言葉に攻撃性がある気がしてあんまり好きではないんですが、ネットで風俗店の好みの女の子を探すのはデブ専で検索するとめちゃめちゃ探しやすくて便利なので世の中はままなりません。
基本的に身長が百五十センチなら七十キロ、百六十センチなら八十オーバーはしていないとぽっちゃりとは呼びたくないです。服のサイズはLLかもしくはぽっちゃり専用店で買っている、お洒落に敏感な女の子がストライクです。肌は綺麗な方がいいですが、腹肉を摘んでも怒らない性格だと尚好感度アップだったりします。

出会い系サイトや掲示板での自己申告は顔は芸能人の誰々似で~など自分の容姿やスリーサイズを盛って表現する女の子が普通ですが、ぽっちゃり出会い系だとまず体重です。彼女たちの体重とスリーサイズは嘘がほとんどないです。
実際に会ってみるとたまに顔面を盛っているという人もいますがぽっちゃり好きにとっていかに自分の理想の贅肉の付き具合をしているのかの方がセックスにおいて重要ですから余程アレだったりしない限り平気なんです。
顔面騎乗されたら窒息しそうなほどの体重でなければいけませんし、腹肉でペニスをしごけるかどうかも重要なポイントでしょう。

ぽっちゃりとデブの線引きを無理やりするならぽっちゃりさんはまだウエストなどに下着などで締め付けているにしてもメリハリがあるのですが、デブの人は末広がりのボディラインをしているイメージです。

 

ぽっちゃり女性は抱き心地も良くやはり最高です

男性には、女性の体形に対する好き嫌いがあるものです。女性はダイエットする必要がない人ほど、さらに痩せたいと考える人が多いようですが、男性は痩せすぎた美人タイプより、ぽっちゃりした可愛い子タイプの方が好きな人が多いものです。
私も後者のぽっちゃりタイプが大好きです。ぽっちゃりタイプの方が抱き心地も非常に良く、丸い体つきが女性らしくて良いものです。過去には色白で痩せたタイプの女性と楽しんだ事もありますが、興奮し首の血管が浮き出る様な姿や、乱れた髪のうなじなどゾクゾクとするほど妖艶な感じがし、それはそれで良いのですが、どちらかと言うと受け身なタイプが多く、たまに、おかずとしてそうした女性と夜を過ごすのも良いですが、毎日のようにベッドを共にするなら、ぽっちゃりタイプの方がベターです。
それほど経験が多い訳ではありませんが、痩せたタイプよりぽっちゃりタイプの方がセックスに対して貪欲で、セックスの味を求めるなら、ぽっちゃりタイプが最高です。ぽっちゃりタイプでありながら、身体が柔軟な女性は特に最高です。
こんな思いを持って最初はナンパで知り合った、ぽっちゃりタイプの高校時代には体操をしていた女性を妻としました。思った通り、妻とのセックスライフは私を十分に満足させてくれました。しかし、女性は年齢を重ねると、太る傾向が強く、ぽっちゃりタイプであった妻も、いつしかぽっちゃりタイプからデブへと変化して行きました。
それでも、女性上位の体位の時に、重いと感じる時や大きなお腹が邪魔になる事がある事以外、むしろ歳を重ねて益々淫乱さが増し、セックスに貪欲であり続けています。
もちろん、若いデブの女性が好みだと言うデブ専ではありませんでしたが、最近ではデブも良いものだとさえ感じるように慣らされてきました。歳を取り、男性が弱くなると、母性の塊の様なデブに夜のリーダーシップを取ってもらうのも中々良いものですよ。

 

ぽっちゃり系のセフレとのプレイ

私のセフレはぽっちゃり系のM女です。出会い系サイトで知り合いました。私はぽっちゃりやデブはあまり好きではありませんでしたが、M女を虐めるのが好きで、好みではない女性の方が好みの女性を虐めるよりも遠慮せずにハードに調教できるため、いつの間にか好みではなかったぽっちゃりM女との付き合いが長くなっていました。

私が出会い系サイトの掲示板に書き込みしたら、彼女からメッセージがありました。彼女のプロフィールの体型は、「普通」となっていました。そして、実際に会ったら、ぽっちゃりでした。会った時、あまり気が進みませんでした。待ち合わせ場所から歩いて5分ぐらいの所がホテル街でした。私は彼女とセックスできなくてもいいやという気持ちで、彼女をホテル街へ連れていきました。彼女はホテル街へ行っても嫌がらなったので、私はそのままホテルへ入りました。彼女も私の後を付いてホテルへ入りました。まさか、いきなりホテルへ連れ込めるとは思いませんでした。

ホテルに入って軽くキスをした後、私は彼女に服を脱がせました。服を脱いだ彼女は腹が出ており、ぽっちゃりでした。私は彼女に「プロフィールの体型が普通になってるのに、どこが普通だよ。」って突っ込むと、彼女は申し訳なさそうな顔をしました。私は「お仕置きだ」と言って、彼女に私の方へ尻を突き出させました。そして私は彼女の大きな尻を叩きました。私が「大きなケツだな」と言いながら彼女の尻を叩くと、彼女の尻は「パチン」と良い音がしました。尻を叩かれた彼女は、感じているようでした。私は彼女に「ケツ叩かれて感じるのか?」と聞くと、彼女は「ハイ」と答えました。私は部屋にあった電マで彼女の股間を責めながら、彼女の尻をバンバン叩きました。彼女は「私は変態な雌豚です。私をお仕置きしてください。」と言いながら逝きました。

私はその後、バックで挿れて、彼女の尻を叩きながら最後に彼女の腹に射精しました。手加減しなかったので、私も意外と満足できました。彼女も気持ち良かったようで、私たちはそれから何度も会って、私は彼女にどんどんハードな調教をしています。

 

ミニスカート好きの彼氏

ぽっちゃり系女子ってイマイチ自分に自信がない子が多いと思います。
私も昔はそうでした。
でも若いときからそれだともったいないと思い、大学に受かってからはオシャレをして楽しむことを始めました。
具体的には髪を染めてパーマをかけて明るめの色の服やミニスカートを履くようになりました。
確かにぽっちゃり女子のミニスカートは抵抗あるという人もいるでしょう。
ですが、私はお構い無しに履いています。
なぜなら年をとってからミニスカートを履いたらもっと抵抗がでてしまうからです。

驚くかもしれませんが、私はミニスカートを頻繁に履くようになってから彼氏ができました。
ぽっちゃり系だからムチムチした足がたまらないっていう人もいるんです。
私は大学のテニスサークルで今の彼氏Kと出会いました。
新入生歓迎会のとき、偶然隣の席だったKは私によく話しかけてきてくれて、サークルが休みに日でもよく会っていました。
学部も違うのによく会っているなと思いましたが、このときからおそらくKは私のことが好きだったのでしょう。
Kははっきりいって草食系男子で地味です。
私もそうですが、おそらく今まで他の女の子と付き合ったことはないでしょう。
そんなKが私の太ももをほめたとき、Kは私のことが好きなんだと確信しました。
そして、なんと私から告白したのです。
Kは初め驚いていましたがうれしそうな顔をしました。

付き合って一ヵ月後、私たちは初めてSEXしました。
正直痛かったです。
でもKは私の裸を見てからますます私のことが好きになったようで、人の見ていないところで頻繁にボディタッチするようになり、ミニスカートの中に手を入れてくるようになりました。
男の子ってエッチですね。
Kは私のミニスカート姿が好きなようなので、これからもたくさんミニスカートを履きたいです。

 

柔らかくてぽっちゃりした体型にハマりました。

僕は31歳未婚男性です。
3年前に長年付き合っていた彼女と別れました。
彼女は一般的な目線で見ると身体は太っていてコロコロとしている体型の子でした。
付き合い当初は中肉中背でしたが、デートでよく焼肉や食べ放題などに行っていたせいかぶくぶくと太っていってしまいましたが、案外そのぽっちゃりな体型が可愛らしくてそして胸も大きくて色々と満足する所があり、そこから僕はぽっちゃりな体型が好みになってきて、アダルトビデオなどもぽっちゃり体型の人が出演しているようなものをよく好んで観ていました。
そして彼女が僕と付き合っていてもなかなか結婚に至れないから別れたいと言い出しそこから僕は彼女がいなくて友達の紹介です女の子と遊んだりはして適当に過ごしていました。
そんな時ぽっちゃりな体型の女性との出会いのサイトがある事を知り試しにぽっちゃりな女性とコンタクトをとってみてメールでやりとりをしだし、実際に会う事になりました。
いざ初対面をして想像通りのぽっちゃりさんでしたが、僕から見ると可愛らしくて魅力的な女性でした。
ご飯を一緒に食べましたが、素晴らしい食べっぷりで見ていて楽しくて会話も弾んで、早く彼女を抱きたいと思いせっかくだから一人暮らししている僕の家に来ないかと誘うと拒否もせず来てくれる事になりました。
部屋に着き最初はDVDを観ながらまったりとしていましたが、だんだんと2人の距離が近くなり僕からキスをして一気にお互いエッチな気分になりました。
ふくよかなボディを触り僕は興奮して大きな柔らかいおっぱいを揉むと彼女はすぐに感じてしまいいやらしい声を漏らしました。
彼女も積極的で自分から服を脱ぎだし僕のアソコを大きなおっぱいで包んでくれてとぅても気持ちよくエロくて骨抜きにされました。
お互い全裸でそのまま挿入して色んな体位で彼女のアソコで出し入れしてアンアン喘ぎまくる彼女に興奮して僕は果てました。
そこから彼女とはエッチな事をする関係になり定期的にセックスをする仲で、いつも彼女の大きなおっぱいに癒されてます。

 

ぽっちゃりナンパ

クラブでナンパした女性について、たまたま、その女性がデブでなく「ぽっちゃり女性」でした。はじめは「おーデブだ」と感じてしまいました。
あかりのある所で話してるとみるとかなり「ぽっちゃり」であって可愛くて、24歳でもお姉さん系、もしくはギャル系なぽっちゃり女性でした。
バーカウンターで話しかけて「かわいいねー」って話てました。同じくビーズファンであることも把握できました。
名古屋市のクラブで、私と同じ住んでる町。ふるさとも同じ場所でした。同じく岐阜の出身で笑ってしまいました。
お互い意気投合です。そのままお酒をたくさん飲みました。
酒を飲んでお互い身体を触れ合って、肉体関係になるまで2時間でした。ナンパして、ここまで簡単に身体の関係までいけたのは初めてです。
本当によかったと思えるナンパで楽しめました。弾丸でナンパしたのですがここまで成功して性交できるとは思いませんでした。
性交にかんしての具体的なことを話します。彼女から「このままどこか行きたいね?」となりました。
クラブの近くのラブホテルまで行きました。そのまま私の支払いで部屋に入り、彼女は部屋に入るなりディープキスを求めてきます。
そのまま、私はレイプ気味に押し倒して、私の息子を出して「触ってくれよ」って話します。もうそのまま、洗うこともなくフェラチオしていただきました。
もう何もつけずに挿入して頑者までに20分で1発目いっちゃいました。
そのフェラチオ、パイズリなどもぽっちゃり系の良さですかね。非常にたまりませんでした。
そのまま寝てしまって、お互い風呂に入って帰宅しました。今でも連絡とセックスを兼ねる関係です。

 

やっぱり抱くのは、ぽっちゃり女性

ぽっちゃり女性が大好きなのは、ぽっちゃり女性にすごくスケベな魅力を感じてしまうからです。痩せた女性を見ても、何の魅力も感じないんです。スタイルのいい水着のモデルをみても、何か物足りなさを感じてしまいます。
そう、海で見かけるぽっちゃり女性のほうが、全然セクシーに思えちゃうのです。水着に締め付けられてはみ出る肉、走ると揺れる肉、それがたまらないのです。胸が大きいとかそういうことではなくて、ぽっちゃり系が好きなのです。
当然、エッチするのはぽっちゃり女性です。食い込んだ下着からはみ出る肉がたまりません。そして、体に残る食い込んだ下着の跡。これらは、エッチする前から、視覚的に興奮させてくれます。なにより、裸になった時に、自分のぽっちゃりを隠すためか、照れくさそうに肩を丸める姿がかわいいのです。
抱き合った時の弾力感は、服の上からでもいいのですが、裸になって抱き合った時にはさらに気持ちがいいのです。そして、エッチをしながら揺れる肉、それは最後にはその肉をつかんでいってしまうほど興奮させてくれます。
まさにぽっちゃり女性とエッチしなければ味わえない、素晴らしい感覚があるのです。その感覚が、エッチをより興奮するものに変えてくれます。この興奮を知ってしまうと、痩せた女性は抱けません。ぼっちゃり女性が好きなのは、ぽっちゃり女性とのエッチが好きだということかもしれないです。これからもぽっちゃり系の女性を愛していきます。

 

引越しする度にセフレ候補を探す

年に5回は引越しするので、知人からは忙しいキャリアウーマンだと思われています。私の正体は派遣会社に登録して全国各地で事務の仕事をしている女性なのですが、あえて仕事が忙しいことにしています。実は引越しする目的がセフレ探しにあるなどとは、口が裂けても言えないからです。
引越し会社で働く男性は、ぽっちゃり体型であることが多いように私は思います。無類のぽっちゃり好きな私としては、引越しの依頼をする度に目の保養になっているというわけです。最初は気分を一新させるために引越しを繰り返していましたが、次第に私の室内で汗を流すぽっちゃり男性に性的興奮を覚えるようになりました。
人生で4回目の引越しが始まったとき、心に秘めていた感情が抑えられなくなりました。例によってぽっちゃり男性が目の前で作業していたので、彼が一人になる頃合いを見計らって耳打ちしたのです。エッチしたいなら私の新居に来るように伝えたのですが、決断は彼の気持ち次第なので期待していませんでした。
引越しが終わった日の夜、私の新居のインターホンが鳴りました。紛れもなく引越会社に勤めている20代後半に見える男性です。私の誘いに乗ってくれた喜びが大きく、彼の腕を強く握って室内へ招き入れました。二人ともシャワーを浴びた直後でしたから、そのまま裸になって気持ちの赴くままに体を動かし始めます。生々しい汗で濡れた彼の体は実にエロく、そのときの行為を皮切りに引越しを繰り返すようになりました。

 

同窓会でのチャンス

私はぽっちゃり系です。
若いころ大好きだった彼氏に振られたのをきっかけに太ってしまいました。
太ってからはそれまで着られていたジーンズやスカートが入らなくなり、しばらくショックを受けていました。
着られる服が少なくなると自然とオシャレもしなくなります。
私は就職してから5年間の間に周りからみたらかなり地味になったと思います。

ですが、そんな私にもまた彼氏を作る機会が巡ってきました。
同窓会です。
先月、高校の同窓会が地元で行われて私はそれに参加しました。
高校のときと比べると軽く10kgは太ったので初めはクラスメイトに驚かれました。
ですが、こんなことはもう慣れっこです。
私は久々に会う友人との会話を明るく楽しんでいました。
すると、3年間隣のクラスだったK君が私に話しかけてきました。
私とK君の接点は同じ高校ということ以外にありません。
少し不思議に思いましたが私はK君とも会話し連絡先を交換して、その日は同窓会を楽しみました。

そして数日後、K君からLINEでメッセージが来るようになりました。
初めは一日に1通くらいの返信でしたが徐々にLINEのやりとりが増え、デートに誘われました。
久々のデートのお誘い、とてもうれしかったです。
デート当日、私は久々にオシャレしました。
K君とは水族館に行ってショッピングモールをまわってその後食事をしました。
そして帰り際、K君はなんと私に告白してきてくれました。
もちろん即答でOKです。

その日、私たちは帰らずラブホテルに行きました。
久々のエッチ、とても気持ちよくて愛液がとまりませんでした。
一晩で二回も三回もK君を求めてしまいました。
K君はどうやらぽっちゃり系の女子が好きなようですね。
自分は痩せ型なのに過去に付き合ってきた女性はみんなぽっちゃり系だったそうです。
久々にできた彼氏、今度は嫌われないように上手く付き合っていきたいです。

 

やっぱりぽっちゃりの抱き心地はたまらない

街でナンパしているナンパ師はほとんどが美人を狙っていると思います。
せっかく人中で声を掛けるリスクがあるので、いい女をゲットしたいのは当たり前だと思います。
私も当然顔は美人、可愛くなければ嫌ですが、体系がぽっちゃりじゃないと駄目です。
細くてスラッとした子も当然いいのですが、ぽっちゃりした子の方が抱き心地もあって私は好きなのです。
当然ぽっちゃりなので胸もありますし、その胸を責めたりパイズリをされるのがたまらなく好きです。
先日もナンパに行くと目の前にストライクのぽっちゃり女子が通りました。
またこの子が私の大好きなニーハイを履いていてさらに興奮とやる気を起こさせました。
なんとか居酒屋に連れ込むのに成功して女の子の好きなアニメの話で盛り上がりました。
私もアニメが好きだったのでクイズをしようと提案しました。
間違えるとお酒を飲むバツゲームを付けてクイズをしました。
私はお酒が強いので多少間違えても問題はなく、女の子は一気なので3杯でかなり酔っていました。
その流れホテルに連れ込み経験が少ないみたいでなかなかのグダはありましたが、グダを崩してニーハイを履かせたままでセックスをしました。
このぽっちゃり感、肉感は毎回たまりません。
この子はセックスをするとエロくなり、下もびしょびしょで喘ぎ声もアニメ声ですごくそれも興奮しました。
私とのセックスの相性が良かったのかセックスに目覚めたのか今では週1は会うセフレになっています。

 

出合い系ならすぐにぽっちゃりと出会える

経験から言わしてもらえば、出合い系に依存しているぽっちゃり女子は多いと思います。
とくに自分に少しコンプレックスを抱えつつも、出会いを求めている女子は多いように思います。
それを逆手にとって出合い系を使って、ぽっちゃり女子を比較的簡単にゲットすることができます。
出合い系を使って連絡さえつけば、どこどこで待ち合わせ、そのあと食事からの居酒屋はしごでホテルインというのはワンパターンではありますが、王道な方法です。
おそらくぽっちゃり女子の方もその気が非常に強い傾向にあると思います。
さっそくそのパターンで一次会でお互いにお酒を入れます。その後もう1軒居酒屋にてお酒を注入します。
男性はこのとき勢い余って飲み過ぎに注意が必要です。なぜなら飲み過ぎるとホテルでの試合に使い物にならないからです。
その後夜中を回ったあたりになると、そろそろの雰囲気を醸し出しますが、女子の方ももう行く気満々な子も少なからず存在します。
というか体型がぽっちゃりしている子の方が性欲が強いという印象は以外にも拭えません。
ということでホテルインでそのまま宿泊、あるいは休憩タイムを利用してお互いにサヨウナラというパターンはけっこう多いです。
特別ガードが硬い女子や、性に興味のない女子以外はたいがいこの出合い系を通じてゲットすることが可能だと思います。
時間を持て余して、さらにぽっちゃりに興味のある男子には参考になったのではないでしょうか。

 

肉厚からくる抱擁感は、ぽっちゃり女子ならでは!

巨乳を求めてナンパに明け暮れしていたある日、程良い肉付きの女子大生をゲットしました。
お世辞にも細身とはいえないけど、かといってトド級というわけでもなく“ぽっちゃり”といった表現がぴったりの肉体。なにより乳がデカい!顔も及第点だ。
ノリの良い子だったので、その日のうちにホテルに持ち込むのに苦労はしませんでした。
深いキスを交わしながら服の上からその巨乳を揉みしだきました。胸が大きい女の子は感度がいまいちとか聞きますがそんな事はなく、パンツ越しに秘部をまさぐるともうぐっしょり(笑)
一緒に風呂に入ろうと提案し、置いてあったローションとマットを使って全身を使ったマッサージをお願いしました。引かれるかも…とは考えたけど、せっかくの機会ですからね!
ぬるぬるのマシュマロが上へ下へ左へ右へ俺の身体を移動します。形は垂れ気味だし、陥没乳首だったけど、あの弾力だけは何物にも代え難い(笑)
そのまま口で一発抜いてもらい、顔にかけました。下半身の回復を待つ間、彼女に愛撫をしていたのですが肉付きのよい女ってのは一つの塊のように思えます。
クンニの際などムチムチの太ももが少し邪魔に思える程で、ちょっと舐め辛かったですね…。
本番では色々な体位を試しましたが、騎乗位で跳ね回る彼女の肉体は今でも焼き付いています。
ちょっと締りがいまいちだったので、ラストはバックで突き上げましたが、思いっきりぶつかり合える相手ってのはいいものですよ(笑)
一夜の関係とはいえ、とにかくノリの良い子と出会えて良かったです。やはり女の子は少しふくよかな方が健康的な印象も抱けて良いですね!

 

念願のぽっちゃりさん

ずっと思い続けていた事があります。
それはぽっちゃり女子とのセックスフレンドで、色々とアタックしたのですがことごとく失敗に終わってしまいました。
ぽっちゃりさんのどこが良いのかといえば、やはりその温かさであり、圧倒的な体の感触です。どこを触っても触り心地の良い感じと何でも包み込むような雰囲気。
そしてそんな体を独り占めするというような妄想をすれば、どんどん自分の世界に入っていくのです。
ある日、いつものようにサイトでセックスフレンドを探していると、奇跡的にも近くに住んでいる人と出会い事ができました。
もちろん最初はメールや電話からなのですが、共通点が一つあり、お互いにセックスフレンドを探していたのです。
自分的には理想の女子、相手にとってはどうなんだろうか?そんな不安もあったのですが、こんなチャンスは滅多に無い為、当たって砕けろ的な考えでアタックしてみました。
結論から言えば・・・アタックしてみるもんですね。
お互い目的は同じなのでそのままホテル直行!
ホテルでは感動のあまり、触れる事ばかりしていました。それだけでも十分快感を感じるのに今夜はぽっちゃりさんとセックスができるのです。
何も考えず、お互いの体をお互いが好きなだけ自分のものにしました。
言葉よりも今は・・・そんな気持ちだったと思いますし、この時間を少しでも長く味わいたいという気持ちだったのです。
何度も欲しがるぽっちゃりさんの姿は、自分にとって最高の姿でこの日以来何度も待ち合わせしては一緒にセックスを楽しみます。
自分にもこんな事あるんだな、そして自分にもチャンスがあるんだなと最近しみじみ思います。

 

ぽっちゃりとの出会いとセックス体験談

俺は昔からスレンダーな子よりぽっちゃりとした子に興味があった。
それは大人になった今でも変わらない好みである。
今はSNSやアプリなどがあるので、出会いのきっかけに困る事はないのが嬉しい。
そこで早速、出会い系アプリを駆使して好みのぽっちゃりセフレをゲットしようと行動開始!
地域や目的やプロフィールを吟味し、アプローチしまっくって何とか約束を取り付けた。
そして約束の当日、期待に胸を躍らせながら待ち合わせ場所に行くと、ぽっちゃりっ子が立っている。
「こいつが今回の獲物か!」と心で呟きつつ、彼女に声を掛ける。
○○ちゃんですか?
はい○○です。
××さんですか?
そうだよ。今日は宜しくね~。
こんな挨拶からまずは食事に行ったわけだが、こんな時間はどうでもよかった。
色々と今回の目的などを話し、お互い気が合ったので早速ホテルへ直行ー。
さっさと準備を済ませて待っていると、彼女も準備が完了しベッドイーン!
やっと俺の念願のぽっちゃりっ子を抱きまくれると思ったら、俺のムスコはカッチカチ。
しかも彼女はご奉仕系のドMときたもんだ♪
俺はありとあらゆる要望を彼女にぶつけ、それに全て応える彼女。
我慢出来なくなった俺の心とムスコは、早く彼女にぶち込みたい一心だった。
しかし、彼女の喘ぐ姿も楽しみたいと、焦らしながら攻めていく。
あっという間に彼女のアソコは濡れ濡れになり、クチャクチャとイヤラシイ音を立てている。
もう限界だー!
ギンギンなムスコを一気にぶち込むと、彼女はすぐに声を上げよがっている。
どんどん腰を早く動かすと、それに反応して彼女も体をくねくねしながら感じている。
あまりの興奮と気持ちよさに、いつもより早くイキそうになり、彼女にどうして欲しいと聞いてみる。
そうすると、「今日は中でも大丈夫」と返ってきた。
それを聞いた瞬間、我慢に我慢を重ねて、思いっきり中に出してやった。
彼女も中で脈打つムスコを感じながら悦に浸っている。
当然俺も最高のフィニッシュを迎え、最高の充実感を味わったのだった。