アタシの出会い系サイトのおにいちゃん

アタシには、おにいちゃんと呼んでいたセックスフレンドがいた。

そのおにいちゃんとの出会いは、出会い系の掲示板。

当時、彼氏と別れたばかりのアタシは、寂しかったのものあるんだけど、好奇心で出会い系の掲示板に登録した。

おにいちゃんは、普通にメールをくれて、元カレの愚痴なんかも聞いてくれて的確な返事をくれるいい人だったので、会ってもいいかなぁって思ったの。

待ち合わせは、バイト上がりの夕方で、バイト先の近くまで車で来てくれるっていうからそこで待っていた。

背が高く、俳優の池内博之似のおにいちゃんは、アタシの好みだった。

車で海の方までドライブ。

おにいちゃんは自分からはあまり喋らない人で、アタシは沈黙が嫌いだったから、色々話かけた。

今やっているバイトのこととか、元カレのこととか。

今から行く海も元カレと来たことがあって、思い出すのはツライとか。

そんな話をおにいちゃんは、「今は違うだろ、オレと一緒にいる」と優しく言ってくれた。

港でしばらく車を停め、しばらく、そこで話をした。

あたりは暗くなっていき、デートであろう車は数台停まっていた。

中には、小刻みに揺れている車もいて、そういえば、ここはカーセックスのメッカだったとおにいちゃんい言ってみた。

おにいちゃんは「お前もやったの?元カレと」と聞いてきたので、「うん」と小さくうなずくと、「オレともやる?」って。

初めて会ったのに、優しくされて、雰囲気もそんな感じだったから、アタシは思わず、「うん」と小さく言っちゃった。

おにいちゃんはアタシを優しく抱きしめて、シートを倒した。

久しぶりのセックスでアタシは激しくおにいちゃんのモノを求めた。

おにいちゃんのモノは元カレとは比べ物にならないくらい太くて、長くて、奥まで入ってきて、激しく突いてくれた。アタシのが、すごくキツくてキモチイイと言って突きまくったおにいちゃん。

そして、今までの寡黙なおにいちゃんではなくて、Sで卑猥な言葉を投げかけるおにいちゃんだった。

アタシはおにいちゃんの言葉に反応して、濡れまくって、突かれまくって、そして果てた…。

それから、おにいちゃんとは定期的に会うようになったの。

おにいちゃんは初めて会った時みたいに普通に話しを聞いてくれたあとで、「やらせろ」って言う。

都合がよければ夜な夜な出て行くアタシ。

車やホテルだったりもするけど、田んぼの真ん中や山の中でも求め合った。

本当にセックスフレンドだった。だって、出会い系サイトでやりたい時しか会わないし、アタシはおにいちゃんの名前知らないんだもん。

どこの誰かも。ただ知っていたのは、おにいちゃんの乗っていた車が隣の町内に停まっていたこと。

だから、ホントは近所ですれ違っているのかもしれない。

沖縄で初体験しちゃった話


学生の頃、仲の良い友達と二人で初めての沖縄に3泊4日で旅行に行きました。

もともと旅行は計画していましたが、沖縄というのは私たちにとってとても豪華な旅行でした。

というのも、友達が先月出会い系サイトの彼氏と別れてしまったため、豪華な旅行をしようということになりました。

その友達は自分から振ったのですが、その原因が、彼氏と旅行に行った際、彼氏が疲れてしまい、エッチを途中で中断されてしまったというものでした。

友達はその情けない彼の姿に愛想をつかしてしまったのです。

沖縄は8月の真夏に行きましたが、私たちが住んでいる地方とは違ってじめじめしておらず、カラッとした暑さでとてもいい気候でした。

1日目2日目は買い物や観光を楽しみ、3日目にオプションのツアーで無人島でシュノーケルをするという工程でした。

あっという間に3日目になり、早朝から20人ほど乗せたクルーズで無人島に向かいました。

その時の添乗員さんの中に、一人やたらと絡んでくる男性がいました。

全身真っ黒で中太りの20代後半から30代前半くらいの男性でした。

私は友達との旅行を邪魔されたくないと思い、無視していましたが、友達は話やすかったのか、楽しそうに会話を楽しんでいました。

ツアーの帰り、その男性がホテルまで送ってくれるというので送ってもらうことにしました。

最初は無視していた私も、次第に仲良くなり、下ネタも話ほどになっていました。

友達が元彼にエッチを中断された話をするとその男性が、じゃあこれから俺としようと言い出しました。

冗談で私は聞いていたのですが、友達が突然いいよと言い出しました。

最初は友達も冗談で言ってるものだと思っていましたが、次第に本気だということがわかってきました。

かっこいいわけでもない男性としかも初めてのセックスをするなんて私は考えられませんでしたが、正直セックスに興味はありました。

すると男性が3人でしようと言って人気のない畑の前で車を止め、固まっていた私に、「大丈夫、絶対やさしくするから!」と言い、後部座席を倒し、まずは友達を押し倒し、上半身の服を脱がし、愛撫していました。友達も初めてのことでどう反応していいのかわからなかったようで、私から見たらまるで無反応状態でした。

すると友達のスカートの中に手を入れながら、私の上半身を愛撫していきました。

私も初めての経験でしたが、びっくりするくらい気持ちよく、きっと声にならない声を出し、喘いでいたと思います。

男性は私の顔を見ながら反応を楽しんでいたようで、次第にズボンを脱がされ、口で愛撫されていきました。

指で入れられた瞬間、痛っと思いましたが、すぐに慣れていきました。

友達に挿入しながら、私に指を入れるというすごい技で圧倒されながら私はいってしまいました。

すると今度は逆に友達に指を入れ、私に挿入してきました。

入れられる時怖くてちょっと逃げてしまいましたが、友達に耳元で頑張れと言われ、頑張りました。

最初、痛いというよりもすごい違和感を感じており、喘ぎというよりもちょっとした叫び声になっていました。

男性がいくというので私はびっくりしました。

というのもゴムをつけていなかったからです。

どうしようと思った瞬間、私と友達のお腹の上に精子を出されました。

初めてのセックスが初めての沖縄旅行でしかも3Pというすごい体験をしてしまいました。
セックスにひかれ今では出会い系サイトに登録しているぐらいです。
しかし、その男性とはその後一切関係はありませんが、友達と一緒だったということもあり、人生最大のネタとなる思い出ができました。

最近のセックス


私も今は40代で、彼氏だった敦士と30代で結婚して、今中学生の息子がいます。

私は20代の頃から勤めていた会社の課長と近所出会い系サイトで知り合った博史という2人のセックスフレンドがいました。

そしてその関係は今でも続いてるんです。

私は会社を辞めて、課長は今は部長になっているので名字の近藤さんて最近は呼んでいます。

近藤さんの直下の部下に敦士がいます。同じ部署で仕事してるんです!

博史は違う場所に異動になったみたいです。

もともとセックスに淡泊だった敦士は結婚したら、ますますしなくなり今ではセックスレスです。

だから、2人の存在がとても大きいんです。

あの2人とは今でも変わらず刺激的なセックスを堪能できてます。

息子も小さい時は、あまり会う事が出来ず(1年に2回位)かなり欲求不満がたまってオナニーの毎日を過ごしていましたが、
小学生高学年にもなってくると1人でお留守番が出来るようになりました。

だから彼らと1週間に1度は会っていままでの欲求不満を解消しはじめました。

博史は近藤さんが好きすぎて独身を貫いてます。

近藤さんが奥様大好きで博史の気持ちには応えられないから会う時は私と3人の時という条件を付けられています。

だから私の子供が大きくなるのをずっと待ってたようです。

久しぶりに個室居酒屋に行きました。

3人での飲み会はすごく盛り上がりました。

そして会話もどんどんエッチになってきました。

近藤さんが私の座ってる後ろに座り、後ろからおっぱいをもんできました。

首にキスしたり、吸ったり舐めたりしてきます。

「智子のおっぱいは若い時のままだな・・」って嬉しい事を言ってくれます。

そして、近藤さんのおちんちんはもう固くなっていて私の背中に押し付けてきます。

私のおまんこはすでにヌレヌレです。

博史も移動してきて私にキスしてきます。

私は博史のおちんちんをズボンから取り出ししこしこしごきました。

博史は気持ちよさそうに目を閉じてます。

博史の手は私のおまんこに手を入れてきました。

「びちょびちょだ・・・」って言ってます。

近藤さんのおちんちんもズボンから出して、上下に動かしてみました。

近藤さんは「俺のちんぽ、智子に触られてスゲー感じてるよ。見てみろよ」って言うので見るとガマン汁がすごく出てます。

そして近藤さんも私のおまんこに指を入れてきて「本当にヌレヌレ」って言ってきます。

私を寝させて2人でおまんこに指を入れてグチュグチュ音を立てさせながら攻めてきます。

そして、私は他の出会い系サイトの彼依頼久しぶりに潮を吹いてしまいました。

近藤さんにも博史にも顔にかかってしまいました。

私は2人の顔を舐めてきれいにしてあげました。

そして興奮しきった私達はお尻を近藤さんに差し出しました。

近藤さんは私のおまんこを少し舐めてからおちんちんを挿入してきました。

そして近藤さんが腰を動かし始めたところに博史が近藤さんのお尻の穴に博史のおちんちんを挿入してました。

その時近藤さんはウッって喘いでいました。

そして3人で同時に激しく動きイキました。

久しぶりの居酒屋セックスで最高でした。

どうやら隣の会社員2人に覗かれてたようで「すげー3P!!男同士でも入れてるし。やべー」って途中で聞こえていました。

店員には言わず、私達のエロい姿を見てくれていたので、それがまた興奮剤になりました。

ずっとこんな関係が続けられているなんて本当に嬉しいです。

テニスサークルでの出来事。


今日仕事の途中でテニスコートの脇を車で通り過ぎました。
するとまたあの思い出が頭の中に広がって来ました。
もう何年も前の学生時代の頃の話になります。
大学入学と同時にテニスサークルに入りました。
それまでスポーツとは無縁だったのですが何か体を動かしたくなって軽い気持ちで飛び込んでみたのでした。
テニスなんて軽いスポーツだなんてタカをくくっていたらとてもハードで、ちょっと走り回っただけでも息が切れてしまう始末で、
コートの脇にへたり込んでしまいました。
そんなとき2つ上のK先輩が心配そうに私の顔をのぞき込んで優しい言葉をかけてくれました。
K先輩はサークル内でも1,2を争う美人でしかも性格もとてもいい人気のある人でした。
しかし残念なことに社会人の彼氏がいるとの噂でした。
まだ女性経験の乏しかった私はドギマギしてしまい、ろくにお礼も言えませんでした。
K先輩はフッと微笑むと練習の続きに行ってしまいました。
それから週数間後、練習が終わった後で飲みに行くことになりました。
居酒屋で大盛り上がりしたはいいのですが私を含め3~4人が終電を逃してしまいました。
その中にK先輩も含まれていました。
結局近くに住む友人のアパートに上がり込み雑談とかしてましたが自然と雑魚寝の状態になってしまいました。
明け方近く目を覚ますとK先輩の顔がすぐ近くにありました。
とてもビックリしましたが暫く寝顔に見とれていました。
軽く寝返りを打ったと思ったらポロシャツの隙間からブラのラインがくっきりと見えてしまいました。
私は頭が真っ白になりつつもそっとその膨らみにてを伸ばして最初は軽くさすってみました。
K先輩は起きる気配はありません。私は大胆にも胸を揉み始めました。
大きすぎずかといってちゃんと主張しているかのようなやや固めの感触にとても興奮してしまいました。
とそのとき誰かが起き出す気配を感じ手を引っ込めてしまいました。
するとK先輩が目を開け私を見ました。
そしてテニスコートで介抱してくれたときと一緒の顔で微笑んでくれたのでした。
多分K先輩はとっくに気がついていて、知らんぷりしてくれていたのでしょう。
結局それきりでK先輩は卒業していきました。
私もそのうちテニスは止めてしまいましたがそのときの微笑みは今も記憶に残っています。

ユイちゃんの秘密


今僕は中学の3年生で、母さんと一緒に団地に住んでいます。父さんはいません。

僕が中学一年の時、母さんが突然【明日からユイちゃんに勉強を教えてもらう事になったから】と言いました。

ユイちゃんというのは僕の同級生です。団地の同じ棟に住んでいて、幼稚園の時から一緒です。

ユイちゃんにはお母さんがいなくて、お父さんと二人で暮らしています。

ユイちゃんのお父さんは仕事が忙しくてあまり家に帰ってこないので、昔から僕の家でご飯を食べたりしていました。

そんなユイちゃんに勉強を教えてもらう事になった理由は、夏休み前に母さんと一緒に受けた面談で担任の先生に怒られたからです。

僕はあまり勉強ができません。クラスでも後ろの方です。だから怒られたのです。

僕に比べてユイちゃんは勉強はできるし、クラブもバスケットをやっているし、おまけにかわいいので、学校中のアイドルみたいな子です。

母さんは、僕が勉強ができないから、ユイちゃんに頼んで勉強を教えてもらいなさいと言いました。

その代わりに、ユイちゃんに晩御飯のおかずを作ってあげるそうです。

それから夕方になるとユイちゃんが僕の部屋にやってきて、勉強を教えてもらうようになりました。

ユイちゃんは僕に勉強を教えてくれるのですが、いつも僕の事を【バカ】と言います。

【こんな問題ができないの?バカだなあ】って言って怒ります。

ユイちゃんは学校では優しくてニコニコしているのですが、本当はとても気が強いのです。

ある時、僕があんまり勉強ができないのでユイちゃんは怒ってしまって【もう、いやだよ】と言いました。

そして【あんたに勉強を教えてたらあたしもバカになるから、もう教えない】と言いました。

僕はユイちゃんに怒られて勉強を教えてもらえないと母さんに叱られるので【意地悪しないでよ、教えてよ】と頼みました。

するとユイちゃんは【私のいう事を聞くんなら教えてあげる】と言いました。

僕が【うん、わかった。いう事を聞く】というと、ユイちゃんは意地悪そうな顔をしました。

そして【じゃあ、省吾のチンチン見せなよ】と言ってきました。

僕とユイちゃんは幼稚園の時には一緒にお風呂に入ったこともあるので、まあ、いいかと思ってチンチンを出してユイちゃんに見せました。

ユイちゃんは僕のチンチンを見て、【大きくしてよ】と言いました。

実はその頃、僕はまだオナニーを知らなかったので【どうやったら大きくなるかわからない】と言いました。

ユイちゃんは【やっぱ、あんたはバカだねえ。ちょっと待ってろよ】と言って、自分の家に帰って行って、すぐに戻ってきました。

【これを見たら大きくなるんだよ】と言って、エッチなDVDを出しました。【パパが持ってた】と言いました。

母さんが家にいなかったので、僕とユイちゃんは居間でそのDVDを見ました。

僕はそんなのは初めて見たので、だんだん興奮してきてすぐにチンチンは大きくなりました。

それを見てユイちゃんは【じゃあ、次はチンチンを触ってもっと大きくしなよ】と言いました。

ユイちゃんに言われるままにチンチンを触っていたら、ものすごく気持ちがよくなってきてユイちゃんの前でピュッと白い液が出ました。

僕がガクッとひざを落とすとユイちゃんは笑って【省吾、それがオナニーだよ】と教えてくれました。

それからも時々、ユイちゃんはいろいろなDVDを持ってきては僕にオナニーをさせました。

僕にオナニーをさせるだけじゃなくて、ビニール袋で手を包んで、ユイちゃんがチンチンをしごいてくれました。

【省吾、気持ちよかったら言えよ】というので、僕はいつも【ユイちゃん、気持ちいいよ】と言って出していました。

【あたしにもやってよね】と言うので、ビデオを見ながらユイちゃんのおっぱいをもんだり、おまたを舐めさせられたりしました。

けど、おまたに指を入れようとすると【奥まで入れちゃだめだよ】といいました。

ビデオみたいにチンチンを入れようとしたら【バカ、それはダメ】とも言いました。

けど、キスもしていいって言ったし、おっぱいも舐めていいといったし、おまたも舐めさせてくれて僕は気持ちが良かったです。

学校でユイちゃんと顔を合わせても、ユイちゃんは僕の事を無視します。そしてほかの男子と楽しそうに話しています。

ユイちゃんは人気者なので、先生たちにもかわいがってもらっています。

けど、家に帰ってくると、ユイちゃんは僕のものです。

ユイちゃんのおまたを見たことがあるのは僕だけです。

あれから2年がたって僕たちは大学生になりました。受験です。

本当は僕はユイちゃんと同じ大学に行きたいのですが、ユイちゃんは【省吾はバカだから、それは無理】って言います。

でも忙しくなりあう機会が無いときは出会い系サイトをよく利用しています。僕も無理だと思います。けど、最近は僕のおチンチンを口の中に入れてくれるようになりました。

もうちょっとしたらおまたにも入れていいよ、って言ってくれるかな。

後輩の横で、先輩とエッチしちゃいました


私が社会人になって3年目の頃の話です。私は、同じ会社の1個上の先輩とセックスフレンドの関係でした。
お互いに彼氏、彼女がいたので、たまに会ってセックスをする関係でした。体の相性が凄く良くて離れられなかったのです。
しかし、いつも同じシュチュエーションでセックスするのにも飽きてきました。

そこで、先輩が「飲み会をしよう」と言ってきました。私の家で、後輩の出会い系サイトであった女の子含めて3人で飲み会をすることになりました。
仕事終わりにコンビニでビールやお菓子を買い、私の家に集まり、飲み会が始まりました。先輩は、その後輩が寝た後で私とエッチ
する予定だったようで、後輩を潰そうと頑張って飲ませていました。しかし、この後輩がお酒に強くなかなか潰れません。
お酒を飲みながらエッチな話をしているうちに、なんだか妙な雰囲気になり、お酒もなくなってきたので布団をしいて電気を消しました。
二組の布団をひき、後輩と私が一つの布団に寝て、私の隣に先輩が寝ていました。

ごろごろしながらしゃべっていると、先輩が「エッチなしりとりをしよう」と言い出しました。そして、負けた人が一枚ずつ脱いでいく
というルールが設定されました。エッチな単語のしりとりなので、男の人が強いのは当たり前です。私と後輩はあっという間に上半身ブラ
一枚になりました。うつぶせになって布団に隠れていましたが、先輩がたまにバッと布団をはいでくるので、恥ずかしくて濡れていました。
最後に私はパンツ一丁になり負けてしまいました。

そうこうしているうちに、後輩がしゃべらなくなりました。何度か話しかけても反応がありません。
もう電気は消えていたので、黙って先輩が私の腕をひっぱり、隣の布団に引きずりこまれました。
パンツ一丁だった私は、胸をもまれながら、横から一気に挿入されました。今までのやりとりでぐちゃぐちゃに濡れていたので
すぐに奥まで入りました。エッチな音が響いて、後輩が起きないか心配でしたが、最後は正常位で中に出されてフィニッシュでした。
すっごく興奮して気持ちよかったです。しかし後輩は起きていたようで、後日会社で言い触らされるオマケつきでした。

上司と同僚セフレと3人で・・


課長と博史というセフレ3人で旅行に行く事になりました。
そして道中、車の中で3人でカーセックスをしました。

その後、最高に気持ちいいセックスをして大満足の私達は目的の観光地に着き観光をしました。
3人でラフティングも楽しみました。
課長も博史もすごく楽しそうで子供に戻ったようです。

そしてガラス工芸に行き体験もしたりしました。
食事をしながらいろんな話をしました。

結構2人の事なにも知らなかったので意外な話を聞く事が出来て楽しかったです。

そしてちょっとした山を登るとすごく景色がきれいでしばらくそこに座って景色を見ていました。
観光客もいっぱいいましたが、課長が私のおっぱいを揉んできました。
課長を見るとすごくエロい顔をしていました。

博史は課長のもう片方の手の指を舐めています。
言い忘れてましたが、私はもちろんノーパンノーブラです。
乳首が勃起してきたのが分かります。
課長が「智子、乳首たってきたよ。この後どうされたい?」って言ってきました。
「クリをいじめてほしい・・」というと「分かった」って言いながらスカートの裾をまくりあげクリをつまんだりこすったりしてきます。
当然私のおまんこはすでにヌレヌレです。

博史は?って思って見ると課長の耳元でなにか言いながら、耳を舐めたりしてキスしてました。
観光客の夫婦に見られ「あの3人、なんかすごい事してるぞ。男同士なのにキスしてるし」って言われてるのが分かりました。

私はさすがにここではまずいんじゃないかと思い、逮捕されても嫌だし課長と博史の顔を見ると同じ事を思ったみたいです。
「車に行くか」って言いながら立ち上がりました。

そして旅館に向かいました。
そこの旅館は景色がいい落ち着いた雰囲気でした。

しばらくくつろぐと夕飯の時間になりました。
部屋食で懐石料理とビールを飲み最高の気分でした。

その最高の気分で、課長にキスされました。
「ここならいっぱいエッチな事できるな」って耳元で言います。
博史が私のおっぱいを揉んできます。
課長は私のクリをいじめながら、おまんこを舐めてくれます。
そして穴の中に舌を入れてきて、それがすごく感じるんです。
博史は首筋を舐めたり、乳首を舐めたり私の感じるところを知り尽くしている2人は徹底的に私を攻めます。
どんどん激しくいろんな所を2人に攻められた結果イッてしまいました。

少しだけ呆然としてると今度は課長が博史を攻めてるんです。
私も博史の性感帯の耳や首を舐めたり吸ったりしながらどんどん下に降りていきました。

課長は私とは逆に博史の足の指を丁寧に舐めたり、ちんぽをしゃぶってるようにピストンをしていました。
それ私にもしてくれるんですが、ものすごく感じるんです。
博史は喘ぎまくっていました。
そして、徐々に上の方に舐めながら移っていきます。

そしてちんぽの所で課長と一緒になりました。
2人で博史のちんぽを舐めます。
博史はアッ、ハァ~とか声に出し感じています。
課長と私がタマタマを片方ずつ咥えました。
博史は今までとは比べものにならない位の喘ぎ声をあげました。
そして課長がちんぽをしゃぶり上下に動かすとアッと言う間にイッてしまいました。
課長は博史の精液を飲んでました。
すごくびっくりして私はますます興奮しました。

今度は課長を攻める番です。
課長はすごくエロくて色っぽい目をしています。
キスがしたくなり夢中でしました。
その間に博史がさっき課長にしてもらったように、足の指を攻めています。
課長も半端なく喘いでいます。
課長の上半身を攻めていき、博史は下半身を攻めまくっています。
私は課長のちんぽの所に行きつきしゃぶりました。
課長のちんぽは固く大きく勃起していて興奮してくれています。
すごく激しくちんぽをしゃぶっていると博史が「俺も」って言ってきました。
だから課長のちんぽを博史に譲りタマタマを攻める事にしました。
課長の喘ぎ声が色っぽくて私のおまんこからは愛液が流れ出してきています。
そして課長もイキました。

課長はイッたばかりでも、ギンギンに勃起したままです。
私はお尻を課長の顔の前に差し出しました。
課長がちんぽを思いっきり突っ込んできてくれました。
そして課長もお尻を博史の前に差出し博史のちんぽをぶち込まれていました。
ひさびさに1列につながってセックスしてるんです。
3人で激しく腰を動かして、エッチな声が部屋中に広がっていました。

と、そこでいきなりふすまが開き仲居さんが「お布団を」って言ったところで絶句してました。
そりゃあ驚きますよね。
3人でつながってセックスしてるんですから。
慌てて「ご、ごめんなさい」って言って出ていきました。
私達は、びっくりしたけど見られたことで更に興奮し3人で同時にイキました。

しばらく放心状態だったけど、仲居さんに布団を敷いてもらえるように連絡しました。
先ほどの仲居さんが、出会い系体験の事などありましたが、私達3人の顔を見た後真っ赤な顔をしながら急いで敷いてくれました。
「先ほどはすみませんでした」と言いながら部屋を出ていきました。

3人でこちらこそごめんねだよねって笑っちゃいました。