アナルファックは感染性疾患に注意が必要です

男性はセックスでバックから女性を攻めている時、女性のアナルがどうしても目に付いてしまいます。Oラインのムダ毛の処理ができていて綺麗で締まったアナルを見ると、ふとそこに挿入してみたいと言う衝動に駆られる事があります。こうした感情が湧くのは、決してアブノーマルではありません。現にある調査によるとアナルセックスを経験した事のある男女は、30%近くもいるとの結果もあるのです。
男性にとっては締め付けがきつい事で、快感が得られやすいものですが、女性にとっては最初は痛いだけで中々快感を感じる事はできないもののようです。しかし、何度か経験すると後ろから前の感じるスポットが攻められる快感がたまらなくなる女性も結構多いようです。
このアナルファックは妊娠の心配が無い事から、生で行う男女も多いようすが、妊娠とは別に男女いずれかが感染性疾患(感染症)を持っていればそれが、パートナーに感染する危険性が大きいのです。アナルは粘膜で覆われ、こうした感染症に最も注意が必要な部位でもあるのです。
最も心配なのは、アナル以外でも感染する恐れはありますが、やはりHIVでしょう。ホモセクシャルでHIVに感染するのは、アナルセックスが中心となる為です。また重篤な感染性疾患が女性になくても、尿は雑菌が少なくある意味清潔ですが、便には当然雑菌が多く、アナルはこうした雑菌が多い部位であり、そこに生で挿入する事は、いくら浣腸などで事前に直腸の便を出し切っていても雑菌にペニスがまみれる事になり、男性にとっては避けるべきと言えるでしょう。
アナルファックはアブノーマルとは言えず、男女が合意するならプレーに織り込む事も良いでしょうが、生は極力避けてスキンを用い、前に挿入する時には女性が雑菌で尿道炎になったりする事がない様、スキンを新しいものに交換すると言った気遣いをしながら行うのがお勧めです。

アナル好きにとって日常茶飯事な出来事に大慌て


ナンパに飽き飽きしていたとき、ちょうど彼女ができて面白い提案をされました。お互いの友達をマンションの一室に集めて、自由に絡み合うといったものです。賛同したので、男友達4人に声をかけて全員が来てくれることになりました。彼女側は男性1人に女性5人という顔の広さを発揮し、マンションは私の両親から譲ってもらったものを使うことになったのです。
夜になるとマンションに男女が集まり、特に挨拶はなく各々が好きなように服を脱いで周囲の異性を品定めします。私は薄暗い部屋で彼女の居場所を探していると、手首を掴んでくる人がいました。彼女が呼んだ女性であり、数分前に軽く会釈しただけなのにタイプだと言ってくれて嬉しかったです。69しながらアナルを刺激してあげると、まんざらでもない態度が見えました。アナルファックを誘ったら、乗り気になってくれたので浴室に移動します。行為を終えたら満足してしまい、私は外に出て一服しました。相手をした女性も疲れて帰ってしまい、連絡先の交換はありません。
数日後、私の彼女を通じてアナルファックした女性からの苦情が届きました。淋病にかかってしまい、治療費を請求したいとのことです。おりものの量が尋常ではないほどで、さらに悪いことに腹部がジンジン傷んで仕事を休んでいると言われました。裁判を起こされるのはマズイと感じたので、相手を傷つけてしまったお詫びの気持ちも込めて40万円を支払うことになります。診断書を見せ付けられましたから、咄嗟にお金を準備しました。アナルファックは楽しいですが、もうゴムなしで行うなどというバカげたことはしません。

友人の体験談です。


じぶんは現在29歳の男性会社員をおこなっております。
これは自分ではなく、友人の体験談となっております。
友人は昔からですが、ほんとうに風俗が大好きな人間でありました。
激安の風俗店などを発見してはいったいどのようなお店であるのかいろいろと調べて自分でいってくるのです。
それで、本番なども交渉をするといったことが彼にとってですが、日常茶飯事の行動でありました。
本番を断れることも多く、そのときはかわりにアナルファックなども要求をしてくることがあります。
これは去年の話となりますが、風俗穣に生でアナルファックを行い、そのことによって彼は感染症になってしまったのです。
彼は現在でもHIVの症状によっていろいろと悩まされております。
自分はHIVになったことがないので、彼の苦しみをすべては理解をすることができませんでしたが、いろいろと話を聞かせていただきました。
その一つの代表的な症状として、彼は現在では皮膚がんにおこされております。
体中に発疹のようなものができてしまい、現在ではその苦痛と戦っております。
映画などで自分もみたことがあります。
女性とセックスをしたあとで、足が腐っていく主人公をみたことがありますが、それと似たような症状ではないかと思っております。
自分としては彼の症状がはやく改善をされて、毎日を健康に過ごしていただけることを心から願っております。
自分も明日はわが身と思い、女性と交わるときなどは感染を防ぐためにしっかりとゴムを着用してセックスをしたいと考えております。

男性同性愛者ゲイによるアナルファックは感染性の性病エイズになる可能性をもたらします。


同性特に男性同士の通称ゲイによるアナルファックは、感染性の性病エイズを患うことになる確率が異性による正常セックスの場合よりもはるかに高く治癒も難しい現状です。

私の知り合いのゲイはゲイ同士が集まる場所があるらしくそのような場所でアナルファックが頻繁に行われ既にエイズに感染している人から、完成していない人へエイズが広がっていくと言っています。

ゲイは同性愛者へのナンパもしますし、セックスフレンドもいるのが普通ですから毎年エイズ患者が発生します。
お気の毒に輸血によってエイズになってしまった人は別にして、アナルファックがエイズに感染する可能性が高いと言う事を知りながらアナルファックを繰り返してエイズに感染してしまった人は、必ず発病するとは限りませんが潜在的患者となります。

同性愛は必ずしもいけないわけではないと言う世界的世論が増えて来ておりますが、エイズは感染性であるがゆえに困ったことです。
発病した場合税金による治療が行われます。
考え物です。

エイズはアフリカから全世界に広まったと言われておりますが、知人のゲイによるとその医学的研究はまだ緒に就いたばかりらしいです。
幸い早期発見された場合は、ワクチンも徐々に開発され患者を隔離することによって爆発的拡大は避けられておりますが、開発途上国では血液の売買がいまだに秘密裏によって行われている地域があるらしく絶滅は困難な状況です。

性的欲望は誰にもあるもので、同性間のセックスは女性間でもレズビアンとしておこなわれておりますが、こちらの方はエイズの発生はもたらさない様です。
私の知り合いのゲイは今のところエイズには感染しておりませんが、医学の発展によって治療が可能になって絶滅することを願います。