イケメン先輩の力を借りてグループセックスに持ち込む

30代になってから女性との交わりが極端に少なくなった私は遊びまくっていた20代前半の頃を思い出していました。
当時大学生だった私は先輩と後輩3人で夏は海で冬は車内から女の子に声をかけてナンパばかりをしていました。

そんなナンパ経験で一番思いで深いのはグループセックスを体験できた事です。
いつものように私と後輩とで女の子に声をかけ、後からイケメンの先輩にとどめをさしてもらうというパターンで女の子を車に乗せる事に成功しました。

女の子は大学生とフリーターの2人で高校の同級生という事でした。
ドライブから始まりカラオケとダーツバーへとハシゴし楽しく盛り上がっていました。
しかし、私たちにとっての最終目的はヤる事なので、イケメン先輩に交渉してもらい見事私の自宅まで連れ込む事ができました。
自宅に着くと大学生の女の子の方がイケメン先輩にメロメロしていたので、耳元で「ベッドの準備はできている」と告げておきました。
先輩と大学生がヤっている最中はフリーターの女の子を私と後輩で口説きに入り、3人のみの王様ゲームで盛り上がり胸を揉むというところまでスキンシップが取れていたので、そのまま後輩と2人でベッドに押し倒したのです。
ベッドからは大学生の女の子の子犬のような喘ぎ声が聞こえており、フリーターの女の子も触発されてしまったのか、恥じらいなく私たちのペニスを2本同時にくわえてくれたのです。
先に終了した先輩たちカップルが寝室から出てきて私たちのプレイを目の当たりにすると、再びリビングで行為を開始したのです。
深夜の2時頃だったので隣人には大変な迷惑をかけたと思います。