カラオケボックスにて。

カラオケで遊んだ女の子がかなり積極的でした。
遊んだ後あわよくばホテルにと思っていましたが、なんとカラオケボックスでいいとのこと。
この後ホテルでも、と遠まわしに聞いた返事が。
「やるならここにしようよ。ホテルにいくの面倒だし」
いいながら、マイクを結構ボリュームのあるおっぱいに挟んで見せたのです。
喜ぶよりむしろ怖いぐらいでしたが、ここからどういうワナに発展する可能性があるのかまったく見えませんでしたし、彼女と結構楽しい時間を過ごしたのは事実です。
気に入ってもらって、でもホテルは面倒だからここで、と考えられるのはない話ではないと思いました。
というか、やれるならやりたいという思いが強かっただけだといわれればそれまでですが。
ともかく、彼女はのりがいい子でした。
私の一物を剥き出すと、むしろ小さいそれを刺激して立たせていってくれます。
「結構でかいじゃん」
右手で握り、左手ではマイク。
ダブルフェラの形で、一物の先を舐めます。
「今日は疲れてるから、オーラルセックスだけでいいよね」
いやだ本番やらせろ、ともいえません。
彼女は言動に見合わぬ繊細な動きで、一物の茎にキスします。チュッチュと音を立てるような軽い愛撫。ついで、祈祷にまとわりつくように舌を引っ付けてローリング。
玉を優しく揉むのも忘れない気遣いぶり。
いい子だ。
優しいオーラルだけで心底思いました。
出そうになると舌を突き出し、その上に出させてくれます。
さらにもう一発。それで終わり。金を要求するでもなく、ただ入るときに言っていたカラオケ代等のおごりに礼を言って部屋を出て行きました。
本番なしと聞いて少し損した気分がしましたが、むしろこれは大得だったのではないかと、カラオケ店を出ながら考えたものです。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!