ゲイのセフレを発掘した場所は

女性と付き合ったこともありますが、その女性には大変失礼ながらも、実は自分は男が好きなのかもしれないと薄々自覚しはじめていました。
自分は男ですが、異性である女性と付き合ったことによって、自分の性の自覚をより強く感じたと言った方がいいのかもしれません。
いや、その付き合ってくれた女性は、魅力的な女性でした。
美人だったし一緒に居て楽しいこともあったし、性生活だって気持よかったのですが、同性に対して、どんどん思いが募っていくので、やっぱり自分は男が好きなのかもしれないと思いました。

小学生の頃から、同学年の同じクラスで女子に人気のある男にドキドキした感じや性的な興味を持つこともあったので、おそらく昔から秘めた思いが同性に対してあったのでしょう。
彼女を幸せにすることはやっぱり俺にはできないと思ったので、初ゲイデビューは、大胆にもゲイ関係の某掲示板でデビューしました。
相手を探して、同じように実は自分は、もしかしたら男性に対して秘めた思いがあるのかもしれないというゲイ初心者と友人からスタートしました。
同士の集まりだったので、話は早かったし、出会えた男性が会話の相性も良かったので、コトに及ぶまでそう時間はかかりませんでした。

男が始めて同士だという相手と、仲が深まるにつれて、ある日、彼の家でアソコを出してアソコを大きくさせながら二人でチャンバラプレイに突入しました。
今までにない興奮で頭に血が上ってしまって、そのままアナルプレイに移行です。今まで我慢していた分、お互いに顔から全身まで真っ赤にしながら身体の色が変わるほど、ゲイプレイをすることができました。

この体験から、彼とはセフレ関係になり、今でもお互いの家を行き来してはプレイしています。ただ、お互いアパート住まいなので、近所の目も気になるので、ホテルを利用する機会もけっこうあります。
味を占めた俺は、それからゲイスポットに遊びに出向くようになって、新しいセフレになれそうな人を探して仲を深めて、口説いています。
人生は一度しかないので、自分の性の自覚を持ってその道に突き進んでみてよかったと思います。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!