サイトから申し込んだ乱交パーティー

私は輪姦願望が以前からありました。

そのためにそのようなサイトをよく見ていましたね。それで見つけたのが、乱交パーティー開催の記事。私は地方に住んでいるので、あまり乱交パーティーの情報とか得ることが出来なくて、これまでは東京や大阪まで行って参加したことがあったのですが、なんと今回は別荘地で行われるということで地方開催だったのです

これはチャンスと思ってすぐに申し込みをしました。会場は私の知る別荘地。当日は直接その会場に向かいました。緊張をしていたけれど、迎えてくれたのは感じの良いご夫婦。安心しました。そして夫婦からは今回は男性の参加者が多くて約10人、女性は3人だけれど、大丈夫か?受け入れられるかということを確認されました。

私の意志を確認した後で、

会場になる2階に通されました。そしてメンバーが集まったところで自己紹介、そしてお酒を飲みながらパーティーが始まりりました。はじめは緊張していて誰も手を出さないといった感じでしたが、主催者の夫婦が一言かけてくれたお陰で、場が和み、自分が気になる人のもとに行って、次第にボディータッチするように

私も3人の男性から触られまくり、1人は股間に顔をうずめ、もう一人は乳房をもむ。そしてもう一人は耳元でささやくなどでもう私も気分がよくなってしまいましたね。部屋にはベットが5つおいてあったので、わたしはその中の1つに運ばれていきました。その時には何人の手が伸びていたかもうわかりません。でもずっと快感の波に襲われていたことは確かです

大阪の堺市にて乱交パーティーに参加しました。

現代社会において乱交パーティーが

たくさん全国にて行われている背景には、みんなが人との直接的な触れ合いを求めている潜在意識の影響があると考えています。最近は人とのつながりが希薄になってしまっているのです。不景気の影響で外で人とお酒を飲む回数が減った人もたくさんいると思います。

また一人で楽しむことが可能な娯楽がたくさん登場したことによって、なかなか誰かと一緒に楽しむという行為をする回数が増えないという現状もあると思います。私も人との触れ合いを欲している人間の一人です。特に乱交パーティーに参加したいという気持ちが強いです。なぜかというと一度にたくさんの人と直接的な触れ合いができるからです

そのような経験ができるものは、

乱交パーティー以外には存在しないと思います。ただ何も情報やつながりを持っていない人にとって、乱交パーティーは非常に敷居が高いものです。そもそもどのようにして参加すれば良いのかさえわかりません。

どうやら乱交パーティー専用のサイトや掲示板もたくさん存在しているようではあるのですが、それらもどのようにして活用したら良いのか、初心者にはわかりません。

それでも私は独学で色々と調べて、大阪の堺で主催されている乱交パーティーに遂に参加しました。堺はとても賑やかな繁華街であるため、その乱交パーティーもとても活気がありました

私はどんどん積極的にナンパをしていき、セックスを思う存分に楽しもうと意気込んで臨みました。その結果、たくさんの快楽を味わえるセックスができました

セフレという存在

私は、今の主人と結婚する前に、

まだ付き合っている時に、セフレがいました。ちょうど二人とも30代を迎える直前ということで、周りの友人たちも次々と結婚していった影響が大きかったと思います。主人はその勢いに乗ろうとしてましたが、私は、どこか自由が奪われる気がして、乗り気になることができませんでした

そんな時、まさかの展開でセフレができたのです。

彼は、私と趣味が合い、飲み友達の一人でした。ある飲み会の帰りに、他の友人たちと別れ、いつも同じ方向の他の友達がたまたまいない日に彼と二人で電車に乗って帰ることになりました。沿線が同じだったので、一緒に帰るのは自然な流れでした。そんな時、何を話そうかなっと思いつつ、何気なく仕事のグチを話題に盛り上がってしましました。翌日が休日というのもあり、もう一軒はしごすることにして、途中下車したのです

それからは、今まで彼とは二人きりで話したこともなかったので、ただただ楽しかったのです。酔った勢いもあり、だんだんとスキンシップが増えていったのも事実で。。。。もう終電も終わってしまって、飲み屋を出ると、彼の方から手をつないで歩き始めました。初めはふざけてるのかと思いましたが、私も楽しくなってきて、二人でしばらく歩き、行先は自然とホテルに向いていました

彼とのセックスは最高でした。

相性が合うっていうのは、こういうことを言うのか・・・と実感するものでした。お酒が入っていたのもあって、大胆になれたのもありますが、彼は私を優しく包むだけではなくて、激しく攻められることもあって、私は彼のセックスにメロメロになってしまいました

その後、二人で朝を迎えて、家路につきました。一週間後、彼の方から連絡があって、二人で会うことに。私は、はっきり言って期待していました。胸がドキドキして、今日は彼はどんなセックスをしてくれるのだろうかと思うと楽しくて仕方なかったのです。その予感は的中して、彼の方も私を求めてきました

そうして、私たちはセフレになっていきました。

後々知ったのですが、彼にも付き合っていた彼女がいたのです。それが二人の良いセフレ関係というか、恋愛感情ではなく、とにかくセックスが楽しいというパートナーになっていったんだと思います

そんな関係が2年ほど続きましたが、彼の転勤であえなく終了となったのです。恋愛感情が全くなかったか・・・というと、正直わかりませんが、彼が転勤で会えなくなるとわかったときに、あの最高のセックスができなくなるのが残念と思う方が強かったです

私は今でも彼と合えば、体を求めてしまうと思います。決して主人とのセックスが全くだめだということではないのです。ただ、あれほど相性が合うというのを経験してしまった以上、求めてしまうのです

不感症の私が感じた日


私はセフレなどもいて性体験は少ない方ではありません。
でもあまり感じることがなく、潮をふいたこともありませんでした。そんなときに友人が誘ってくれた乱交パーティーに参加したのです。私たちがお店に行ったときには、まだ始まってすぐだったのでお客さんがまだら。そのために二人で来ていた男性たちとゆっくり飲みながら話をすることが出来ました

そして一人がわたしの席の隣に来て私の胸を触り始めたのです。

わたしは彼の性歴もききましたが、私のことも色々聞かれました。そして正直にまだ潮を吹いたことがないのだと言ったのです。そしたら今日は行くかもよ。潮をふくかもよと言ってくれたのです

それからだんだんお客さんが増えて来て、あちらこちらに散らばって行為が始まったことを確認した彼は私をその円の中心に連れて行きました。そして一言。この子潮をふいたことがないから今日は頑張りましょうと。

わたしはビックリしましたが彼に任せることにしました。

彼は私をカウンターテーブルに乗せると私の股間に顔をうずめました。とても気持ちがよかった。そしてわたしは>そのテーブルの上で何人もの男性にクンニをされました。

そしてもう気持ちよくて、最後に彼が指で思い切り攻めてくれたのです。その彼の指の動きとこれまでの気持ちよさが絶頂に達し、わたしは潮をふくことが出来ました

とても冷たいテーブルと私の温かいクリが密着して余計に気持ちよく感じました。みんなに見られているのもよかったですね。

その乱交パーティーは人妻、熟女が集まるパーティーでした。開催されたのは平日の昼間で、男性よりも女性が多いという男性にとっては嬉しいハーレム状態でした

パーティー当日は、指定されたマンションに行きました。そして、シャワーを浴びてリビングルームに行きました。リビングルームには男性が2人、女性が5人いました。リビングルームで、みんなおつまみを食べながら話していました。

まだ、プレイは始まっていませんでした。私も好みの色っぽい熟女の横に座って、おつまみを食べながら、彼女と話しました。しばらくすると、時間になり、始まりました

ベッドルームに行き、プレイ開始です。

私は狙っていた色っぽい熟女とキスをしました。すると、別の熟女に乳首を舐められました。3Pになりました私は右手と左手でそれぞれの熟女のマ○コを触って、手マンしました。AVや妄想のように攻めたかったんですが、実際はなかなか上手くできませんでした。

私は仰向けに寝ました。一人が私の股間に跨ってチ○コを挿入して腰を振り、もう一人が私に顔面騎乗位してきて私がクンニしました。その後、私の股間に跨っていた熟女をバッグで犯しながら、もう一人の熟女とキスをしました。バッグの熟女が果てた後は、ゴムを交換して、もう一人の熟女と正常位でプレイして、果てました

一回戦が終わった後は、休憩して別の熟女たちと3Pで二回戦をしました。3Pは楽しかったのですが、一人の女性に集中できず、ちょっと微妙な感じもしました。しかし、そうは言っても3Pが楽しめた乱交パーティーを最高に満喫できました

地方の乱交パーティーの名所

僕はよく旅行に行きます。

もちろん観光地であれば観光をメインで行くことが多いですが、その場所の風俗をたのしむこともまた楽しみの1つでした
でもその場所の土地勘がないとなかなか風俗を知ることもできないですよね。そのために僕はあらかじめサイトで交流を図って一緒に楽しむ人を募集していたのです

その時に出会った人が連れて行ってくれたのは乱交パーティーの名所といわれるところでした。しかもそこはなかなか普通の人は入ることはできずに、会員制。僕はその人といったので、入場することが出来たのです。それから会場に入ったら、お楽しみが待っていました。不慣れな僕を誘導してくれたのは、1人のベテラン風の女性です。彼女が先ず僕の相手をしてくれるということで安心して彼女に誘導に従いました。

彼女は僕の服を脱がせた後、僕のペニスをまず含みました。

あまりの気持ちよさに彼女の口でまず一回目の射精をしてしまったのです。それから、彼女にも服を脱いでもらって、69を試みました。彼女は反応もよく声も大きい。その声をききつけて別の男性が現れ、彼女の胸をまさぐり始めました。彼女はそれに興奮したのでしょう。僕の上で潮をふくほどだったのです

それから僕は我慢できずに彼女に挿入をして2度目の射精。ほかの男性も交わり、僕が腰を振っている間、彼女はペニスを含んだり、ちょっとこれまでに経験したこことのない光景で僕も興奮をしっぱなしでした

それから別の人と相手を交換し、2度ほど抜きました。一晩で僕がこれほどまで出来るとは。自分でも驚きです

サークル仲間とお酒を飲んで悪ノリして乱交パーティになってしまった


信じられないことにこれが乱交パーティになってしまった
という感じなのですが、大学のサークル仲間と友人の家がちょっと広いのでみんなで集まってお酒を飲もうということになったのです。ビールから始まり、ウィスキーを飲む人もいたりでかなり皆が酔ってしまっていて、楽しそうにはしゃいでいました

メンバーは男が5人で女の子が3人で、そのうちに下ネタで盛り上がってしまってきて、女の子の1人が私はセックスが大好きで1週間セックスしないと体の調子が悪くなるといっていたのです

それを聞いて彼女に、この前セックスしたのはいつ?と聞き返すとちょうど1週間前という返事であり、じゃあ今日セックスしないと病気になっちゃうね、俺が相手してあげるよというと返すと、じゃあしてというそんなノリなのです。

友人は彼女にキスをし始め、おっぱいを揉み始めていき、

スカートの中に手を入れ始めました。余りに刺激的な光景に男たちはムラムラしてきてしまい、後の女の子にもキスしていき、こうして乱交パーティとなってしまったのです

最初にセックスを始めたカップルはそこにもう一人の男が加わって、一人が立ちバックで挿入して、もう一人は女の子にフェラをしてもらうというかなり破廉恥な状態になっていきました。

私も恥ずかしさがあったものの、すぐに快感の世界に入っていき、3人の女の子とすべてセックスをしてしかも一人の女の子には中出しまでしてしまったのです。おっぱい揉みまくりはめまくりであり、こんなに興奮したことは後にも先にもこの1回だけではないかと思いました

友人の彼女との乱交パーティ体験談

仲のいい友人に彼女ができました。

すごく可愛い女の子で、紹介されたのですが、体つきもなかなかのように感じました。色っぽい体つきをしていますが、彼女自身は清楚で控えめなカンジでした。私と後2人の男友達はすごくうらやましそうに思いました。

そして、彼らがいない時に私たちは考えたのです。彼女を犯してやろうと・・・

私は、彼に彼女に頼んで合コンをセッティングしてくれるように頼みました。そして、彼女は私たちのために合コンをセッティングしてくれたのです

4対4の合コンになったのですが、合コンは思った以上にすごく盛り上がりました。そして、私たちは女の子たちにお酒をたくさん勧め、酔いつぶしてしまうのでした。そして、友人もお酒が弱く、一度寝るとなかなか起きません。

そこを狙い、お酒で頭がボーっとしている

彼女たちにキスをしたりおっぱいを触ったりとエッチなことをし始めました。すると、意外なことに女性陣のほうがすごくノリ気になっていて彼女も彼氏が寝ているのをいいことにエッチをしてきたのでした

清楚系な彼女が服を脱ぐとすごく淫乱そうな体型をしていて、すごくエロかったです。友人がすごくうらやましい。おっぱいを思い切りしゃぶり、アソコを触ればもうヌレヌレになっています

女の子は1人あぶれるので、1人の友人が2人を相手していました。そして、最大の目的の彼女をみんなで犯しまくる計画もしっかり実行しつつ、いろいろな女の子とのセックスを楽しむと言った乱交パーティへと変わっていくのでした。

彼氏だけでは物足りない

私には彼氏がいます。

彼氏はすごくいい人で、私に尽くしてくれる一面もある優しい人です。彼のことはすごく大好きなのですが、セックスの相性はあまり良くありません。彼とのセックスでは物足りず、私の性欲は満たされることがありません

性欲がたまったときには私は乱交パーティに行ったりしています。もちろん、彼氏には内緒です。乱交パーティはSNSで知り合った人をきっかけに知り、今までに、2,3度行っているのです。

乱交パーティには

その時によって参加者が違うので、いろいろなタイプの男性とエッチを楽しむことができることも魅力の一つでした。おじさまたちからいやらしく責められたり、時には年下の男性達から激しく責められたりすることもあります。

男女混じってのセックスでは、レズったりすることもあり、いろいろなセックスにすごく快楽を覚えています。いろいろな人から同時に責められる快感や、いろいろな人に自分の乱れているところを見られていると言った快感もあります。

乱交パーティでは、

普段彼氏とのエッチでは出すことのないようないやらしい声を沢山漏らしています。それほどに気持ちよく、快感をすごくはしらせています。そして、彼氏よりも硬くて大きなモノを持っている人もいます。

乱交パーティでは彼氏にはなく、私が求めているものがあるんです。そして、彼氏との関係を続けるためにいいバランスが取れているのではないかと思っています。

これからも、見つからないように続けていこうと思っています

童貞の友達を集めてセックス三昧


私の知り合いにすごくヤリマンな女性がいました。
そんなにも可愛くはないのですが、セックスはすごく気持ちがいいのです。なので、セックスをするときはよく目隠しをしてセックスを楽しんでいました。

ある日、私の友人で、3人ほど童貞の友人がいたのです。「セックスができるならどんな女でもいい」と言うので、私はヤリマンな彼女を紹介することにしたのです。彼女も安定日だから中に出してもいいと、すごくノリノリな様子でした。そして、当日になり、みんなで私の家に集まることになったのです。

私が唯一セックスをしたことがあったので、

童貞の友人達を前にお手本として彼女とセックスをすることに。相変わらず、何度セックスをしても、ヤリマンの彼女とのセックスは気持ち良かったです。でも、やはり目隠しは必須でした。彼女も目隠しをしたほうが興奮するそうです。

私たちのセックスを見て、友人達も彼女のおっぱいやアソコなどを同時攻めし始め、恐る恐る自分のモノを挿入し感じていました。彼女も「これイイ~!」なんて興奮しながらも、エロい声で喘いでいました。

男のモノをフェラしながら両手でしごいてみたり、

4本のモノを同時に気持ちよくしている彼女を見て、ヤリマンぶりはこの日も発揮されているなと改めて感じました。全員の性欲が満たされるまでに、彼女は数え切れないほど絶頂していくのでした。

セックスが終わり、友人達はみんないっぺんに童貞を卒業することができ、彼女もすごく満足なカンジでお別れしたのでした。それからは、性欲がたまれば彼女を呼び出すと言った関係になっていきました。

ナンパした女の子と乱交パーティをした体験談

大学生活もそろそろ終わろうとしていた頃、

私たちは男3人で飲んでいました。すると、つい最近ナンパをした女の子Aから電話がかかってきて、合流することになったのです。

友人宅で彼女たちと合流し、Aは友達のBと2人で遊びに来たのです。Aはつい最近ナンパをした女の子なのですが、スペックはすごく最高で、顔も可愛く、おっぱいもそこそこ大きいのです。そんなAの友人のBもAに負けず劣らずのスペックの持ち主でした。

私たちはすごく興奮していました。

そして、宅飲みを楽しみ、王様ゲームをすることに。彼女たちは王様ゲームをしたことが今までにないといい、それならなおさらと言った勢いで王様ゲームをすることにしたのです。

王様ゲームにちょっと細工をしながら彼女たちを酔わせ、ベロベロになりかけたところで、私たちは獣になって行ったのです。しかし、彼女たちからセックスに持ちかけてきたのです

「チュ~して~」「おっぱい触って~」

など、ウェルカム状態だったので、私たちは早速襲い掛かりました。実は私はAをナンパした時にセックスをしているのです。そのときのAの体つきはすごくエロく、セックスも気持ちよかったのを今でも覚えています。Bもやはりすごくエロい体つきをしていて、セックスも気持ちよかったです。

3人で1人の女の子を攻めたり、同時に2人女の子を攻めたりと、いろいろなことをして盛り上がりました。乱交パーティは彼女たちもすごく楽しんでくれて、それ以来定期的に合うようになり、乱交パーティも楽しんでいます

私の性癖を満たすための乱交パーティー

私は少し変わった性癖を持っています。

それはレイプ願望です。でも本物のレイプはちょっと抵抗があるのです。だって犯罪が絡みますし、知らない人で病気をもらったりするのも嫌ですから。なにより彼の同意がないうえでのレイプは、ちょっと心配なのです。

はじめは彼とレイプごっこをしていました。でもだんだんそれが物足りなくなってきたのです。そして思い切って私たちが参加したのは、乱交パーティーを主催するサークルの参加でした

このサークルはインターネットで見つけてきたもの。

私たちはちょっと楽しみに、いや、かなり楽しみに会場に向かいました。会場はサイクルメンバーのマンションでした。つくと男女別にあんないされ、女性は決められた服装へチェンジ

そして目隠しをされてソファへ誘導されました。そこへ、男性が少しずつよって来るのです。私は近くに男性がいるとわかるものの、どんな男性か全く分からないので、触って確認するしかありません。

顔を触り、髪の毛を触り、キスをして確認し、

胸を触り股間を触る。そうして相手を確認しながらだんだんエッチに発展していきました。乱交パーティーは大勢いるとはじめは恥ずかしさがありますが、目隠しをされた状態だったので、はじめから周りの目を気にすることなく大胆にふるまうことができました。

彼はその姿を見ていたでしょうが、私は彼がいることも忘れて没頭してしまいましたね。初めて乱交パーティーで目隠し装着でしたが、なかなかいいですね。知らない男性がにじり寄って来るし、相手の息遣いだけで何だか興奮するし、また是非参加したいと思う乱交パーティーでした。

自分は現在28歳の男性会社員をしております。


自分は最近ですが、交際をしている女性との性交渉の事で、不満をかなりぶちまけられてしまうことがあります。その詳細は、どっちも極端と言われます。

自分が彼女の体を求めている時は、自分も性的欲求を満したいと思い、射精なども極端に早いです。それは挿入をしてからわずか5分もたたないうちに自分が昇天をしまいます

これのときは彼女は絶頂を迎えることができず、一人で勝手に果ててしまう自分をみて、自分だけ気持ちよくなれて本当にいいよね!?と言われてしまうのです

そして彼女から体を求められるときは

今度は自分が仕事などで疲労がたまってしまい疲れている時です。このときは自分は本当に疲れていて、体を動かすことができずに彼女に上になってもらい、体を上下に動かしてもらっています

そのときは自分は勃起をしていても、射精までにはいたりません。ゆえに彼女が昇天をさせることはできるのですが、自分が直前あたりになり、今度は彼女が自分の手でやればいいじゃない!?と言われてしまいました

セックスや体の相性なので、別れ話にも発展を

してしまうこともあったのです。ちなみに最近の彼女とは本当にセックスをしていても自分も楽しいなどとは思えないのです。

自分はこのときに、デリヘルやホテヘルに勤めている風俗嬢の人が本当にプロだったなと実感しました。若いときに風俗ばかりの女性を相手にしていたことが今になった仇となってしまいました。

乱交パーティといえるかどうかという内容の思い出話

何年前になるかわかりませんが、性に奔放な時期があり、

乱交パーティらしきものを経験したこともあります。日時を指定して見知らぬ者同士が集まるようなものではなく、流れでそうなったというものです。

私と同じく性に奔放な友人の家と共にハプニングバーに行って知り合った女性二人を自宅に連れ込むことに成功していました。女性二人は男性陣より少し年上であろうという年齢で、正確な年齢を聞いてはいません。お互い深く詮索せず、性的なことを楽しもうというそんな関係性です

お互い性に奔放なので、この後どうなるかということは察しながら話をしたり酒を飲んだりしていたんですが、やはりお互いが身構えていないと流れも早いものです。

自然と二組の男女が組み上がって、いちゃつきだしました。

私も手が早いと自負していますが友人はもっと早く、私が女性を少しずつ脱がしている間に、友人と相手の女性はもう裸になって本格的にはじめていました。一応、経験がものをいっているのか私はそこで焦らず、女性が心地よく裸になれるように攻めつつ、少しずつ脱がしていきました。

こちらがお互い裸で絡もうとしている時には、友人と女性はすでに本番をはじめていて、女性の喘ぎ声が聴こえてきていることに興奮を覚えていました。私の相手女性も隣で激しい絡みや声が聴こえていることで盛り上がってきたらしく、私達も隣に負けじと絡み合ったのです。

お互い一回戦が終わると攻守交代したり、乱交パーティーのように

相手を入れ替えてセックスをしたりと、友人と女性達とお互いの体力が続く限り求め合いました

数時間の出来事だったと思いますが、長かったような短かったような記憶ですし、あの瞬間はこれまでで一番自由というものに近づいていた気がしています

個人サークル主催の乱交パーティーで良い出会いが…

先日個人サークル主催の乱交パーティーに行ってきました。

乱交パーティーと聞くと何万円も取られると言うイメージかもしれませんが、私が今回行ったところは、場所代と飲食費を男性が人数割り+会費として1000円という非常にリーズナブルな乱交パーティーでした

男性は今回は6000円でした。ちなみに女性は会費の1000円のみで食べ放題飲み放題です。男性が8名と女性が3名と男性がちょっと多いかなと思いましたが、サクラなどの商売の人が入っていないのでしかたがないのかもしれません。

男性は私以外は大体4~50代くらいの方でした。

私だけ若かったので他の方は女性を責めていたのですが、私は女性から責められる事が多かったです。3人がかりで体中を舐め回されたのはすごく気持ちよかったです

もちろん乱交なので、私が舐められている時も彼女達の下のお口には男性のあそこが入っているので普段は体験できない非日常的な空間でした。

クライマックスでは3人同時に全穴塞ぎをしようと

なったものの1本足りないと言う事になり、じゃんけんで負けた人は極太バイブをアナルにという罰ゲーム付きじゃんけんでかなり盛り上がりました。そして、全穴塞ぎをしたのですが、見ていて圧巻ですね。もう何が何やらというくらい女の子が乱れていました。

その後、女性三人がシャワーに行って、男性が一人づつその三人に洗ってもらうということになったのですが、自分の番になって言ってみると、洗うと言いながら体中を舐められて、最後に口内にもう一発発射させられました

帰り道に女の子のうちの1人からLINEのIDを渡されて、

連絡を取り合い始めました。私の喘ぎ声が気に入ったらしく個人的に遊びたいということなので今度は2人きりでホテルに行こうと話しています

まさか乱交パーティーで逆ナンされるとは思いませんでしたが、非常に良い思いが出来ました。