スポーツジムでセフレと出会い

僕は週2のペースでスポーツジムに通っていた。
僕は、エアロバイクを1時間位している。
僕と同じ時間ごろに現れる一人の若い女性がいた。
白のスポーツジム着姿が美しかった。
ぴっちりとしたシャツから形の良さそうな
丸い胸の膨らみが素敵だった。
顔は可愛かった。まだ20才前だろうかと
思った。僕はもうすぐ40才になる年齢にさしかかっていた。
この女性は僕と同じ時間帯に、隣でエアロバイクすることが
多かった。僕はある日、タオルを忘れてしまった。
彼女がそれに気づいて、着替えを終えたあと、
ジムの休憩室で待っていて、渡してくれた。
ジム後の彼女は、フェミニンなワンピースを着用していた。
やはり胸の膨らみに目が行ってしまった。
僕はタオルを受け取り、礼を言って、
お茶に誘っていた。
彼女はついてきた。
ひょんな事がきっかけで、気になっていた彼女と
お茶出来ることになった。
彼女の年齢は21歳だった。可愛く童顔だったため、
まだ17、18才かと間違える程だった。
だが、彼女の胸の膨らみは、童顔からは想像しにくい
色っぽさが漂っていた。
僕は彼氏はいるの?と聞いた。彼女は、
いるけど。とその後答えを濁した。
あっ、ひょっとして、セックスうまく行ってない?
と言ってしまった。彼女はコクリとうなづいた。
僕は彼女に近づき、太ももにかすかに触れた。
気持ち良くないの?と言った。
そして、彼女の耳に囁いた。
僕が気持ち良くさせてあげようか。秘密の関係を。
どうだろう?と。
彼女は真っ赤になった。そのあと彼女は僕の
自宅についてきた。僕は、彼女の身体を引き寄せ、
静かに彼女の服を脱がせた。想像していた通りだ。
形の良い豊満な美乳だった。そして童顔の潤うるの
瞳で見つめてくるのだ。最高の身体だった。
この日から、僕と彼女は秘密の体の関係になった。
僕のセフレになった。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!