スローセックスが出来る男がモテる

30代、40代の男性が20代前半の女性にモテたりするケースがあります。
そういう場合、よく聞く例があります。
本番のセックス行為をするばかりの若い20代の男性と違い、30代や40代の男性は落ち着いていて、セックスをするまでの時間を楽しませてくれるということです。
いわゆる前戯です。
本番のセックスに至るまでの時間を20分以上は取ってるかどうかです。
女性が求めるのは約20分だと言われています。
男性からすると、何か特別なことをしないといけないと考えてしまいがちですが、どうではなく、手を繋いで撫でたり、ハグをしながら軽くキスをしたり、お互いが気持ち良いと思えるスキンシップをするのです。
数分もせずに、すぐに挿入したいと願うセックスは女性の理想形とは言えないのです。
それに男性は早く気付くべきです。
たしかに、早く挿入したい気持ちはわかりますが、本当に最高のセックスをしたいのであれば、前戯から本番(挿入)までの時間を充分にとって、ゆっくりと愛を確かめながら進めるスローセックスなのです。
このスローセックスは何も女性の為だけではないのです。
男性にとっても役立ちます。
いつも頑張れるわけではないです。
疲れてしんどい時は女性からセックスを求められても断ってしまうこともあります。
しかし、それは男性の感覚でのセックスだからです。
女性が求めているスローセックスをすれば、疲れている男性でもリラックスしながら、適度に興奮と刺激を得つつ、ゆっくりと本番の行為へと入ることが出来るのです。
これまでは疲れてるからと断っていたセックスが出来るのです。
スローセックスにもあるように、セックスとは挿入して合体するだけでなく、基本的に脳でセックスをするわけですから、激しさよりも心の満足度さえあれば最高に気持ち良いセックスが体験できるのです。
スローセックスが出来れば、40代や50代の男性でも20代の若い女性とのセックスを楽しむことが出来るだけでなく、女性を満足させることが出来るのです。

中年夫婦のスローセックス


夫婦も若い頃には、激しいセックスを夜な夜な楽しむ事が普通でしょう。しかし、子供ができ子育てに追われるようになると妻が疲れて夫の求めを拒否したり、逆に仕事が多忙を極める年齢に差し掛かると妻の求めに夫が答えられないと言った事が起こります。回数は減り、営みの時間も非常に短くなり、単に男性は放出する事で貯まった性欲を開放するだけであったり、逆に受ける女性も男性が早く終えるのを待っていると言った状態に陥る事もよく聞く話です。
こうして、いつしか夫婦共にセックスは愛情をはぐくみ深める手段としてではなく、単に面倒なお付き合い的な営みとなってしまい、それがセックスレスの原因となってしまう事もあるのです。こうした事は、セックスは挿入して激しく喘ぎ声を上げ続け、昇天させる行為であると男性が思っている事に大きな要因があるのです。もちろん、女性はこうした性的興奮と激しい快楽も嫌いではありません。しかし、歳を重ね、激しいセックスで十分に女性を満足させる事が出来ないのに、同じ感覚でプレーし、体力が衰え、すぐに果てる様なセックスしかできなくなっているのです。
夫婦が中年になれば、単に若い頃の様に激しいピストン運動などで快楽を求めるのではなく、お互いをいたわりつつ、じっくりと優しく愛撫し、その行為の中に愛情を再確認できるようなスローセックスに転換して行くべきなのです。私達夫婦は、こうした事にお互いが気付き、全裸で抱き合い、優しくじっくりと愛撫を楽しみ、最後の絶頂に挿入し、終わっても抱き合ってディープキスなどで余韻を楽しむ営みに徐々に切りかえて行きました。
この事によって、夫婦共に疲労は少なく、それでいてセックスをしたという満足感は、若い頃の激しくかつ長かった頃と同等以上のものがあるのです。歳と共にスローセックスを楽しむ方向に転換できれば。男性が弱くなって持続時間が短くなろうが、女性を十分に満足させる事が出来、いくつ何歳になっても現役であり続ける事が出来るのです。中高年には、スローセックスを試される事をお勧めします。

金曜日、土曜日はスローセックスの日


毎週、金曜日と土曜日はスローセックスの日と決めています。毎日セックスをしているので、せめてゆっくり時間をかけれる金曜日と土曜日は、ただ快楽に走るだけのセックスではない、二人とも満足できるセックスタイムを過ごしています。

基本的には二人ともセックスが好きなので、仕事がなければ毎日、朝でも夜でもいつでもセックスをしたいのですが、そういう時間がないので、平日は食後の数時間だけ、短時間に性欲を発散させて満足して眠っています。

仕事の疲れもあり、食後すぐに眠りたい時でも思いっきり射精しないとスッキリしないので、ついセックスをしてしまい、セックス最中に、膣内に挿入したまま眠ってしまったり、乳首をくわえたまま眠った事もあるぐらいです。

気持ちが良い状態のまま眠るのも最高なのですが、相手としては不満が残るようです。途中で止まってしまうので、寝ているにもかかわらずフェラをして勃起させ、勝手にセックスしてしまう事もあるようです。大人の玩具を使わないだけでもありがたいとは思っています。

平日はそんな時間を過ごし、金曜日の夜は時間がたっぷりあるので、とにかく食後すぐに全裸になり、ずっとお互いのカラダを触りあい、長い時間を過ごします。精神的にリラックスして最高になってきた時に、ゆっくりと挿入して、お互いの顔を見合いながら思いっきり射精して、大満足で金曜日の夜は終わります。

そして土曜日も、いつもできない体位を二人で楽しみながらセックスをします。金曜日と土曜日は一番快楽を感じる時間にしています。

セフレとのスローセックス体験


セフレとのセックスも最近マンネリ気味になってきた。
俺のセックスはハードな攻めをモットーにしている。
セフレもそれを最初は喜んでいたが、最近はどうも飽きてきているようだ。
SMまがいの事や、コスプレなど、AVで見るようなプレイはほぼやりつくした。
そんな時聞いたのが、スローセックスの話。
なんでも、セックスの色々をガツガツせず、やさしくスローに行うそうだ。
1回のセックスに4時間かかる事もあるとか。
一度これを試してみようと思いセフレを呼び出した。
セフレは30代前半で、人妻だが旦那との肉体関係に満足しておらず、俺と遊んでいる。
顔はそこそこ美形で、それなりに良い体をしている。

ホテルに入り、お互いにシャワーを浴びると、互いに色気なくベッドに潜り込んだ。
ネットで見たようにまずは、優しく彼女を抱き寄せる。
柔らかい身体を優しく抱き、指先で肌を撫でていく。
愛撫は等間隔で、背中を中心に少しずつ円を描いて広げていく。
いつもと違う攻めに彼女は訝しそうな顔をしながらも、心地よさそうに身を委ねてくる。
ひとしきり背中や腕を撫でたところで、ゆっくりとキスをする。
まだ舌は入れない。
少しずつ、触れるか触れないかの微妙な距離で彼女の唇を味わう。
不意をついて舌を入れる。
彼女の声が漏れる。ゆっくり、舌の感触を味わう。
そのまま、耳、首、鎖骨、上腕、胸と進んでいく。
胸はゆっくり揉みほぐしながらも、乳首への接触はじらす。
こちらも不意をついて乳首に食いつく。彼女の甘い吐息が漏れる。
ここまでで40分。
いつもなら既に挿入をしている頃だ。
激しく攻めていない分、心地良さそうではあるものの、彼女の反応も淡泊だ。
やはりあまり効果は無いのか、と思いながら彼女の股間に顔を近づけた。
驚いた。
股間は完全に濡れ、緩みに緩んでいる。びしょびしょだ。
ここでもじらすようにクンニをし、ゆっくり舐めていく。
彼女がどうにもたまらなくなってきたようで、求められるまま挿入する。
いつもより熱く感じる。
そのまま一気にフィニッシュ。
彼女も一緒にいった。
スローセックスはすこぶる評判が良かった。
攻める側からすればなかなか骨が折れる作業ではあるが、
新しい発見に驚いている。

逆ナンされた時の話


一度だけ逆ナンされたことがあります。
本当にこういうことがあるんだと思いました。
自分は、当時大学生であり、居酒屋のバイトを終えて、自宅に帰るところでした。
すると、30歳ぐらいの女性から、声を掛けられました。
勿論、ホテルへ行こうではありません。
カラオケに行かないと誘われました。
まあまあ綺麗な人だったのと断るのも悪いなあと思って、いいですよと言いました。
当時、たまたま彼女もいなかったし、別に誰かに見られても問題なかったからです。
カラオケに行くと、二人でお酒を飲んで、少しいい感じになりました。
そして、終電前後の時間帯にカラオケ店を出ました。
彼女は、時計を見て、終電がないどうしようと言ってきました。
一人暮らしだったのですが、自宅に招き入れるとまずいかもと思い、どっかで休憩しますと返事しました。
そして、そういう流れになりました。
ホテルへ入ると、彼女は寂しいからなのか、最近の出来事をずっと話してきます。
今日は、彼氏に振られて、自棄になっているとの事でした。
そんな話を聞くと、自分からHをする気には、なれませんでした。
ただ、寂しいから抱いてと言われたため、シャワーを一緒に浴びた後、添い寝をするような感じで抱擁してあげました。
そして、ねっとりとずっとキスをしていました。
なんというのでしょうか、中学生カップルのような感じでした。
そのうち、彼女の手が僕のあそこを刺激してきて、自分の手を濡れたあそこに誘導しました。
グチョグチョに濡れており、優しく大陰部とクリトリスを刺激してあげました。
初対面だったのと彼女の話を聞いていると、セックスする気ではなかったのですが、騎乗位になり、挿入されてしまいました。
セックスをするまで一時間以上でした。
こんなに前戯が長かったのは、後にも先にもありません。
スローセックスという経験は、後にも先にもこの一度だけです。
女性的には、こういうセックスのほうが、いいのかもしれませんね。

挿入しっぱなしのスローセックスは楽しい!


スローセックスが好きというより、相手の女性の膣の中に勃起した状態で入れっぱなしにしているってのが好きです。入れている感覚を楽しみながら冗談話をしたり、飲み物を飲んだり、そして何かを食べながら、そしてテレビで映画を観ながらそのまま膣の中に入れっぱなし!

一心同体と言う感じを一点に感じているのが好きなんです。勃起力が弱ってきたら、ちょっと動かしてまた力強く勃起!オッパイを触りながらいつでも膣と繋がっていると言うのがたまらなく好きなんです。フェラをしてもらっているのも好きで、ずっと長い間フェラをし続けてもらう事もあるのですが、後で「顎が痛い!」とか言われてしまうので、今は膣内勃起状態維持セックスを楽しんでいます。

自分だけではなく、相手の女性も結構その行為が好きなので、飽きることなく続けている事ができています。正常位のまま膣に入れたまま話を続けたり、バックで挿入したままテレビを観たり、食事をしたり、いつも一緒だね!と言う気持ちがたまりません!

どちらかがトイレに行く時でも、トイレから帰ってくると、すぐに挿入して満足する二人です。挿入しているまま少し気持ちよくなりたいと思ったら、動かしておっぱいを揉んだりして、射精を抑えながらまた挿入したまま。

挿入したままどちらかが眠ってしまう時も良くあります。相手の女性が眠ってしまっても挿入しているだけで満足なのでいいのですが、こちらが眠ってしまうとちょっと萎えてしまう事もあるので、起こされる事もあります。

最終的に、眠る時は思いっきり前後運動して、たっぷり射精して終わります。とてもいいスローセックスライフです。

スローセックス好きなセフレが可愛い


これまでセフレは何人か居たのですが、性欲の塊の様な女の子が多くて激しいセックスが多かったです。
お互いを攻め合いながら汗だくになって乱れ、激しく突いて最後は思いっきり顔射や口内射精をしていました。
確かに興奮して気持ちが良いのですが、自分よりも性欲が強い女の子だと急に気持ちが冷める時も有りました。
そんな時に新しくセフレになった年上の女性は、これまでのセフレとは違ってスローセックスが好きな女性でした。
性格上あまり激しく喘ぎ声を出すタイプではありません。
彼女が舐めてくれるというので、大の字になって寝ているとキスから始まり耳たぶや首筋にキスをしながら優しく舐め始めます。
鎖骨周りや腕や指先まで舐められると、今まで味わった事のない気持ち良さがありました。
乳首が特に感じてしまったのですが、ゆっくり丁寧にねっとりと舐められると以上に興奮します。
そのままお腹周りも舐められ、股間に行くと思いきや足の方へ移動して行きます。
焦らされる感じがたまらないのですが、早くムスコを舐めて欲しいとお願いしてしまいます。
それでも肝心の竿や先っぽには触れずに鼠頚部を舐めて来ます。
近くを通った時に彼女の息が吹きかかるだけで、ムスコがビクビク動いています。
そしてついに彼女の舌が先っぽを舐めた瞬間に、あまりの気持ち良さに出ちゃいそうになりました。
フェラもゆっくり焦らすように舌先でなめるので、我慢の限界です。
そして彼女が満を持して騎上位になり繋がりましたが、そこからはあっという間に彼女の中に絞り出されてしまいます。
激しさはないのにこの快楽とはスローセックスの魅力にどっぷりハマってしまいました。

スローセックスの喜びを感じる!


射精力のある頃は、とにかく一度のセックスの間に何度も射精する事ができていました。

前戯している間にたまらなくなり思いっきり射精をして、ティッシュでふき取っている間にでも、勃起はおさまらずそのまま挿入して数十分前後運動を繰り返し、また大量の射精!少し休もうかな?と思っていると今度は相手の女性が、まだ勃起しているのを見て、フェラを始めます。大量に射精していてもフェラは気持ちがいいので、すぐには出さないように努力をしながら、数十分後には射精!

体中汗ビッショリになり、シャワーを浴びてベットに戻ってくると、やっぱりまたセックスをしたくなり、バックから責めたりして、アナルセックスをしてみたり、とにかく思いつくセックスの体位はすべてしながらそのたびに射精をしていました。

一体のその精子はどこから出てくるのか?どうして性欲は納まらないのかと思っていました。夕食後にセックスを始めて、気がついたら夜が明け始めてきた、と言う事も良くあったぐらいです。

そんな性欲も少しづつおさまり、スローセックスを楽しめるようになりました。愛撫の時間も長くなり、女性のカラダをまさぐっている喜び、そして豊満なおっぱいを舐めて揉んでいるだけでも幸せを感じ、そして挿入させたまま、ゆっくり動かす事に快感を感じる事ができるようになりました。

イきそうな時には押さえて、膣の中で少しづつ動かす、そんな事が快感になってきて、射精も一度のセックスの時に、1度か2度で済むようになり、快感も以前よりあるように。スローセックスの方が楽しい時間を過ごせるようです。

スローセックスについて


じぶんは現在29歳の男性会社員をおこなっております。
じぶんはほんとうに昔からでありますが、精力が旺盛な人間でありました。
それこそですが、高校を卒業させていただき、一週間も経過をしないうちに風俗のほうへ足を運ばさせていただいたほどであります。
じぶんはそれ以外にも出会い系サイトなどを活用させていただき、そしていろいろな女性としりあってセックスをすることに成功をすることができました。
そしてこれは昨日の話となっております。
出会い系で知り合った女性をじぶんは自宅に招待をさせていただきました。
そして一緒にアダルトビデオを鑑賞させていただいたのです。
その内容はスローセックスで連続というものをテーマにしており、じぶんたちは8時間ほどスローセックスをさせていただきました。
ずっと同じペースでピストン運動をさせていただき、そして8回ほどイくことができたのです。
その8時間ですが、自分たちにとってはほんとうに幸せな時間でありました。
スローセックスというものがここまで気持ちいいものであるとはほんとうに知らなかったのです。
じぶんとしてはセフレだけでなく、現在交際をさせていただいている女性とも、スローセックスを提案していこうかと考えております。
彼女とのセックスもほんとうに最近ですが、飽きてきてしまっているので、これを推薦していきます。
自分としてはほんとうに楽しみで仕方がありません。
スローセックスほど気持ちいいものはないと思っております。