スワッピングしたら負けず嫌いの嫉妬心

私は友達の彼女も知っており、友達も私の彼女のことを知っていました。男同士性行為の夜の営み事情を話してるとスワッピングしたら面白しろそうだなという話になりました。最初は冗談していたスワッピングの話でしたが、本当にやってみたら面白いという話になりました。そして、実際にやってみることになりました。

私たちが行ったスワッピングは4pのようなもので同じ部屋でパートナーを交換して性行為を行いました。最初は、緊張というか気を使いながらでしたが、次第に興奮してくるとそんなものは関係なくなりました。パートナーを交換して性行為でしたのでやはり自分のパートナーにことが気になってしまいました。私のパートナーが思ってる以上に気持ち良さそうにしている姿はあまりにも屈辱的でした。こんなにも嫉妬心を抱くとは思いませんでした。

しかし、そこは負けず嫌いの私に火をつけました。私のパートナー以上に気持ちよくさせようという気持ちで性行為に励みました。やっては行けないこと、非日常的なこの諏訪大イングはあまりにも気持ちの良いものでした。最高のセックスでした。しかし、そこは踏み入れては行けなかった、知らなくて良かったと思いました。知ってしまったので今まで通りでは満足出来なくなってしまいました。友達のパートナーはもともと私とも知り合いだったので、合意の上で行ったスワッピングの後も浮気という形で体の関係を続けています。

スワッピング最高です。パートナーへの愛が深まります。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!