スワッピングで大事なこと

スワッピングはとにかくアブノーマル、変態カップルの極みというような印象のある行為ですが信頼のあるパートナーとその友人たちでお互いの了承の元に行えば安心です。
世間で時々取り沙汰される大量のスワッピング行為での逮捕者などというのは、パーティやサークルといったネットで多数の参加者を募ったり金銭を介在させたりするのが問題なのです。そういった点を踏まえれば日頃のパートナーとのセックスライフによいスパイスを与えてくれるプレイといえます。

私が初めてスワッピングを経験したのは二十代の半ばごろに付き合った男性の性癖の告白からでした。
それまでは極めてノーマルなセックスしかしていなかったのですが、実は彼は恋人が自分以外の男にハメられているのを見るのが至上の興奮といういわゆる「寝取られ」願望の持ち主だったのです。
最初は非常に驚きましたし、浮気ではないのに彼以外の異性に抱かれるという事が受け入れがたかったのですが何度も頼まれている内に相手がきちんとした人でなおかつ避妊もきちんとするなら、という条件で遂にオーケーを出しました。

相手の男性は彼氏と同じく寝取られ願望のある人で、彼女さんも連れてきました。彼氏との付き合いは長く、お互いの性癖を受け入れてくれたことにお礼まで言われました。
若いと特にこういったスワッピングで本番までしようという女性はなかなかいないそうです。
場所はラブホテルで、複数人でラブホテルはかなりどきどきしました。
全員が順番にシャワーを浴び、相手の彼女さんの胸の大きさを内心で比べつつスワッピングを開始します。
相手の男性のペニスをフェラして勃起させ、念のため私のヴァギナにはローションを塗ってもらい、ゴムを着用していることを確認していざ挿入となりました。
ちなみに彼氏と相手の彼女さんは既に合体していました。最中に思ったのは彼氏よりも太いなあ、ということと快楽のツボを心得ていないけれどせっかちな抜き差しが新鮮だということです。
クリを親指で刺激されて感じてしまい、思わず声を出したら彼氏が異常に興奮したらしく隣で極まっていました。
彼氏に見えるように足を広げられて大げさなほど腰を使われたので終わったころにはかなり疲労したのを覚えています。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!