スワッピングの出会いは運命

「スワッピングってどんな感じなのかな?」当時よく遊んでいたセフレが、ある日呟いた一言。

少しMの彼女とは、SMや露出、野外なども含めて色々楽しんでいたのですが、確かにスワッピングってやったことがないなぁ、ということになりました。もちろん二人だけでは出来ない特殊なプレイになる、相手もカップルでなければただの3Pになるので、どうしようかと悩んでいたのですが、結局手っ取り早くハプニングバーに行くことにしました。

知り合いのバーテンに紹介してもらい、セフレの彼女と二人で入店。少し時間が早かったので二人でイチャイチャしながら待っていると、しばらくしてようやくカップルが入ってきました。もう待ちきれなかったのでそのカップルが乾杯するや否や「奥でご一緒しませんか?」とストレートに誘ってみました。彼女は少し困惑した様子でしたが、男性は即答。二組連れだって奥の部屋に移動しました。向かい合ってソフィアに座って、隣のセフレの彼女を見るともう目は虚ろで軽くイッてる見たい、アソコにてを伸ばすともう大洪水です。

カップルもディープキスをしながらこちらをチラチラ。男性と目があったので、どちらからともなくお互いのパートナーを差し出すことになりました。それからは4P状態で、二本のチンコと二つのマンコが、入ったり出たりで乱れまくり。彼女もいつになく燃え上がっているようで、普段はそんなに声を上げる方ではないのに、叫びまくりです。嫉妬心からカップルの彼女を執拗にクンニすると、こちらも最初は恥ずかしがっていたのに、途中からは自ら腰を降り求める始末。どれ程楽しんだでしょうか、彼女たちはスッカリ満足して放心状態でぐったりしていました。

男性によると、やはり二人もマンネリ化してきて、非日常のプレイを楽しみたかったらしく、双方の思いがうまく重なったようです。今回のようにうまく出会えたら良いのですが、出会いの運命も必要なプレイなので、チャンスは逃したくないですね。