スワッピングの虜

先日、学生時代からの悪友が面白いイベントがあると私を呼び出してきました。
何をやるのかは分かりませんでしたが、どうせまたくだらない事だろうと思っていたのです。
こうして指定された場所へ向かったのですが、そこは明らかに一般のマンションでした。
騙されたのかなと思って友人に連絡をすると、そのマンションの部屋番号を教えられ、そこに来てくれというのです。
一気に怪しい感じがしたので私が渋っていると、悪友もすでにそこにいると言います。
ますます怪しんでいると、マンションの上から手を振る友人が見えます。
まぁさすがに命を奪われることも無いだろうと、友人を信じてその部屋へ行くと……何と学生時代の友人が他に3人いました。
そこで一気に警戒心が薄れたのですが、次の瞬間に私の警戒心は再び最高潮に達しました。
部屋の奥に見知らぬ女性が何人かいるのです。
するとその部屋の奥から悪友がニヤニヤして現れました。
そして「お前もシャワー浴びろよ」と言ってタオルを出してくるのです。
何を言っているのか分かりませんでしたが、部屋の奥にいる女性たちの姿を見て理解しました。
女性たちはバスタオル一枚を羽織っているだけの状態だったのです。
私はその場から帰ろうと思いましたが、悪友は「ここまで集めるの大変だったんだからさ」と言って帰してくれません。仕方なく私もシャワーを浴びることになり奥の部屋に戻ったのですが、すでにもう友人たちは始めていました。ちょっと待ってくれよと思ったのですが、相手がいない手持ち無沙汰な女性が一人こちらに駆け寄ってきます。
そして間髪入れずにキスをしてくると、私のバスタオルを剥ぎ取って舐めてきたのです。
若干酒臭いその女性は、熱心に私のアソコを舐め、思わず私もイキそうになりました。
こうなってしまってはもう理性が吹っ飛びます。
私も女性の胸を揉み、乳首をいじり、そしてキスをしながら女性の秘部をまさぐりました。
本能をむき出しにしたその女性の秘部はヌルッとしており、明らかに臨戦態勢になっています。
もう我慢が出来なくなった私は、ゴムを付けるとそのまま彼女に覆いかぶさりました。
こうしてしばらく腰を振っていたのですが、仰向けになった女性がいたずらっぽく笑いながら右側を指さします。
それにならって私も視線を移すと、悪友や学生時代の友人たちが各々で女性たちと絡み合っています。
その中でも一際目立ったのが、悪友とその相手をする女性です。
大きな喘ぎ声を出しながら、悪友とネットリとしたキスをしています。
それを見た私は、何故だか一層興奮するとともに、自分らも負けられないとばかりに仰向けになった女性にキスをしました。
ネットリと舌を絡ませながら腰を振り、その横では大小様々な喘ぎ声が聞こえてきます。
私は思わず最高潮に達すると、その女性の上で果ててしまいました。
SEXって二人っきりでやるものだとばかり思っていたのですが、こういうシチュエーションも悪くないんですね。
次回も同じメンバーでやるということなので、この前の子か、悪友と絡み合っていた子かで迷っています。
まぁぶっちゃけちゃうと、スワッピングの虜になっちゃってますね。

もう二人っきりでは出来ないかも(笑)

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!