スワッピングの集まりで生活もめちゃくくちゃに

私が大学4年の時の話です。もう就職も決まって他にやることもなく、適当に遊び暮らすという人生で一番楽で楽しい時期を過ごしていたともいえます。その頃付き合い始めた彼女が、私の歴代の彼女の中でも外見のセクシーさで言えばダントツのナンバーワンと言えるハーフの女の子でした。正確に言うと中国系アメリカ人と日本人とのハーフですが、外見に劣らず性格も派手で、実際私には少し荷の重い彼女だったのです。いつも下着の見えそうな超ミニスカート姿で、私はそれが自慢でもあり、悩みの種でもありました。交友関係も広そうで、私と会ってない時にどこでどんな人達と付き合っているのかと思うと気が気でなりませんでした。もちろん平気で浮気もしていたようで、そんな気配はたくさんありましたが、わたしは余り問いただすこともできませんでした。
そんななか、二人きりで私の誕生日を祝った食事の後、ちょっと友達のとこ一緒に行こう、誕生日プレゼントがあるよ、と言って強引に、私の知らない友人のマンションへ引っ張って行きました。そして、そこで、私に準備していてくれた誕生日プレゼントとは、何と、スワッピングパーティだったのでした。
パーティといってもうちわのもので、私達カップルの他に2組のカップルがいただけで、合計で6名でした。一組は男性が30代後半女性が20代後半と思しきアメリカ人の夫婦で、もう一組は私達より少し年上と思われる20代の日本人カップルでした。私の彼女も含め、3人の女性は皆美人でセクシーでした。
部屋に入ったときから雰囲気が普通ではないので、私は少し怯えました。皆異常なほどハイテンションなのです。それでも私もすぐにシャンパンの酔いが回ってきて、こうなったら楽しまなきゃ損だ、と覚悟を決めました。そして、最初に誘って来たアメリカ人の女性の見事な巨乳にたまらず顔を埋めました。そうしている間に私のズボンも下着もいつの間にかずり下げられていて、残りの二人の女性が、すでに激しく昂まっていた私の性器に、二人同時に唇と舌の愛撫を加えてきました。
こんな経験をさせられてはたまったものではありませんでした。私はまんまと彼女の目論見にはまってしまって、卒業までに何回もそのようなスワッピングの集まりに出ることになり、生活もめちゃくくちゃになりました。おかげで、決まっていた就職もダメになってしまったのです。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!