スワッピングはもう少し多い人数で

この間、知り合いと初めてスワッピングをおこなった。

奥さんがそういうシーンが興奮するとこの前聞き、思い切って知り合いに相談したところスワッピングというものがあるということをしり、それを知り合いが一度経験あるということでお願いしてみた。

そうしたらすんなりと交渉が進み、今回のような形になった。旅館をみんなでとり、お互いの体を洗いあったりして興奮を高めていった。そして夕食後の午後9時からスタート。自分の奥さんの喘ぎ声を聞きながら、ほかの人の喘ぎ声、腰使いを感じる。相手の得意な行為が騎乗位で、はじめてグラウンドをしてもらったがそれは奥さんにはないものだったのでそれを埋めるように、性欲を満たしていった。

不思議な気持ちだったが、少しずつ興奮をしながらお互いの気持ちいいところを責める。そしてそれは3時ごろまで行なった。自分が単純に思ったのはお互い同意のもとで行っているため不倫にならないのがとてもいい。自分のパートナーの女性の気持ちよさだけではなく、ほかの人の膣のなかを感じるとこができるのは、とても幸せで、そのうえ自分のパートナーが一番であることを再確認することもできる。

それで家に帰った後も性欲が収まらず、もう自分にはないはずの精子を絞り出す形で2回も行為を行った。またこれで奥さんの欲が強まってしまい、今度はもう少し多い人数でsexを行いたいとのことなので人集めに苦しみながら、少し自分も楽しみにしている。