スワッピングは不安を抱えつつ、初体験

モテなかったらどうしようと不安に思いつつも、スワッピングの企画に参加します。
結論から言えば、参加してしまえばマナーを守る限りは体力の限りやれます。
少なくとも私が参加した会ではそうでした。
一対一の形ではなく、一つの部屋の中でグループで行う形の会です。二十人ちょっとはいました。
主催の方が私を含む初心者の横に異性の常連を配してくれたので、スムーズに独特の空気に混ざることが出来ました。
私の相手をしてくれた常連の女性はふくよかで包容力のありそうな人でした。
緊張で、もともと小さい局部がさらに縮み気味の私をハグしてくれ、腹でムニムニと股間を暖めてくれました。
元気になると早速フェラ、パイズリと手玉に取ってくれて、いつの間にか挿入していました。
男としてそれはどうかと思いましたが、おかげですぐに次の相手を探すことも出来ました。
一度やれば度胸がつくものです。
空いている女性に声を掛けられると、小走りで近づきました。
今度は細い感じの女性ですが、包容力に欠けるわけではありませんでした。
むしろ騎乗位でこちらのすべてを飲み込む勢いです。
三人目はやっとこちらからリードして、どうにか男の面目を保つことが出来ました。バックで相手を押さえ込むような形で行為を行いました。もちろんそういう形というだけですが、それも充分自信になります。
三回目を終えたところで体力が尽きてしまいましたが、今度は初めからちゃんとリードしていけるという自信が身についたいい初体験でした。