スワッピングクラブに入会しました。

会員制のスワッピングクラブに入会しました。
時々開かれる集会は、ホテルの一室で行われます。
多少狭いですが、三十人ほどの男女がカップルでやってきて、パートナーを交換して別の部屋に行きます。
私も彼女連れで、夫婦らしい少し年上の二人と交換し合いました。
「オバサンでごめんね」
出会い用の部屋から行為用の部屋に移るとき、相手に選んだ女性がそういってきます。
「人妻が好きだからスワッピングに来てるんですよ」
「それじゃ、テクニック見せないとね」
部屋に入り、二人っきりになるとすぐにズボンをおろしに来ます。
そしていきなり咥えて下の上で一物を戦闘態勢に。
口を離し、握ります。
「驚いた。こっちのほうが大きいわ。旦那のも大きいほうなのに」
さらに硬くなる殺し文句に頬が緩みます。
フェラは咥えた亀頭の周りで舌を回転させるトルネードから、歯磨きの形で顔を前後に動かすなど、多彩な技を見せてくれます。
恋人も今年上のテクニックでやられているのかと思うと、さらに一物が硬くなります。
「こっちはもう大丈夫だから、ぶっといの入れてよ」
ベッドに寝転がり、両足を広げる人妻。
のしかかり、挿入します。
足で腰を抱え込まれ、自分が食われているよな感覚に陥ります。それでも年上に恥じないように一心不乱に動き、何とか声を上げさせます。
もちろん一度では終わりません。若い男である以上、旦那より回数をこなさなければならない物でしょう。
女性も当然のように二回目を待っており、それが終わってもさらに三回目を求めてきます。
根性で四回こなし、若さを見せ付けました。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!