スワッピングストーリー 2

とりあえずシャワーを浴びようということになり、僕はTくんの彼女である由佳さんとシャワーを浴びることになりました。いきなり知らない男とシャワーを浴びれる由佳さんもすごいのですが、
Tくんも何と言って由佳さんをスワッピングに誘ったのか気になりました。
バスルームに僕と由佳さんが入ると、由佳さんはいきなりキスをしてきました。もしかすると由佳さんはヤリマンだったのかもしれないですし、昔同じようなことをやったのかとも思いました。
僕もその行動がスイッチとなり止まりませんでした。キスが終わると僕も由佳さんの胸を触り、由佳さんは僕の股間をまさぐります。
「舐めさせて」と由佳さんが言い、ベルトを外しズボンを脱がされ、僕のペニスに舐め上げます。
裏筋から亀頭にかけてゆっくりと、由佳さんの唾液と僕の我慢汁が混ざり合い、くちゅくちゅと、音を立てています。
本○翼似の女性が僕のペニスを夢中でしゃぶっていること、しかも彼氏がすぐ近くにいること、そんなことを考えると酷く興奮してすぐに射精してしましました。
由佳さんが僕の精子を飲み干し「続きは部屋でやろう」と言い出しました。

由佳さんにリードされるような形で僕が部屋に行くと、なんと既に美咲がTくんにペニスを挿入されていたのです。
美咲は「やめて・・・いや」と言いながら抵抗していましたが、それ以上に気持ちいいのか可愛らしい声で喘いでいました。
しかし、僕が帰ってきたことに気がつくと「見ないで・・・見ないで、○○くん。いやぁ・・・」と言いつつ喘ぎ声を出しています。
Tくんは美咲のその言葉を聞いて気を良くしたのか、騎乗位の体位に変え、美咲のおまんこにTくんのペニスが出し入れされるのを見せつけてきました。
その間も美咲は「お願いやめて・・・やめて・・・」と言い喘いでいます。美咲のおまんこからは愛液が滴り、Tくんのペニスを伝ってベットのシーツを濡らしていました。
そんな美咲の姿に僕は、自分でも脈打つのがわかるぐらいに勃起しました。自分の大切な人が目の前で汚されていく、純白を汚す、そしてそのことを僕もやってみたいと思うようになりました。
相手はすぐそばにいます。Tくんの彼女由佳さんです。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!