スワッピングプレイで不感症気味の妻の感度が改善

私はスワッピングプレイにはまっている、40代男性です。妻が不感症気味になったことが、スワッピングプレイをしてみようと思ったきっかけでした。長年連れ添った夫婦関係においての女性の不感症は、精神的なものも影響しているとは思っていましたが、そのまま放置することで不感症が進むと思い、スワッピングの世界に飛び込むことにしました。若干、更年期障害気味でもあったので、逆に、スワッピングプレイが良い薬になると思ったからです。私達夫婦のスワッピングプレイ相手には、専門の掲示板でのナンパで見つかりました。同じような境遇の夫婦を目安に私は、スワッピング相手夫婦を探しました。
意外にもすぐに見つけることができたのは、幸運でした。メッセージを交換しているうちに、相手の写真が送られてきました。妻に思い切って話をしてみると、いいわやってみたい、と言うのでスワッピングの世界へと飛び立つことになりました。

妻は、精神的な症状のような素振りをしていながらも、実はマンネリだったのではないか、とスワッピングをしていて、私はふと思うことがあります。違う女性の旦那とやっている妻の姿は生き生きとしていて、今までの私達の夫婦生活では一切なかった、淫乱で卑猥な言葉を連発しながら、行為に勤しんでいるからです。スワッピングプレイのクライマックスに差し掛かると、「オマンコが気持ちいい」だとか「マンコをもっと吸って!」「そう、その感じのまま真ん中からクリトリスに向かって上に舐め上げるのよ!」「あぁ、チンチンが気持ちいい」という調子だからです。
相手の旦那側も、情けない声をあげながらヒーヒーと言っています。まるで女の子がうなっているかのようです。

私は、そんな妻の姿を見ていると、ひどく興奮してくるので、スワッピングパートナーの女性の乳房をわしずかみにしながら、乳首を丁寧に舐めて、Fカップの胸を美味しいよ、と言いながら吸わせてもらっています。そんななかで、私は、スワッピング相手に入れたチン棒をそのまま妻のに入れたり、その後またスワッピング相手に入れるという交互に挿入するプレイで遊んでいます。そうすると、二人ともよがるので、いつもよりも私もたっぷりと精液が出ます。

私たちのスワッピングプレイは嫉妬が基本のプレイになっています


スワッピング相手を探すことができるバーで、スワッピング相手を見つけました。
そこで見つけたパートナーとは、開放的なセックスを日々楽しませてもらっています。2週間に1度はホテルやカップル喫茶を愛用しています。
そこでやっているプレイなのですが…
かなり過激にやっています。私の彼氏は、私との交換相手である人をバーで見つけたんですけど、私に顔がそっくりな人を選んだんです。
顔が似ているから、嫉妬心が湧いてきて興奮します。でも、顔は似ていても性的なこととなると、意外にもやる人が変われば、やり方が全く変わるっていうのを目の当たりにしました。
初めてのときはそのことに動揺しましたが、今では、私も同じように相手の交換男性と思い思いのプレイをやって楽しんでいます。
私にそっくりな女性ですが、そのスワッピングパートナーは私の彼氏とやっているときに、足を握って、強く!とか叫んでいます。
そうすると私はイキやすいのよ、って言っています。私、つい、貴方、そんなふうにしないとイケないの?って言ってしまいました。
なんだか、当初は初心者丸出しでしたが、軽い嫉妬モードというか喧嘩モードでやるのが、興奮していいんですよね。

とても忙しい女性で、あれこれあれこれと体位をコロコロ変えるスワッピング相手です。
ねぇ、貴方って、次にやる体位とか頭で考えてない?本当に楽しめているわけ?とか言いながら、私の方が上なのよ、私の方が経験豊富よ、と言わんばかりに自分のアソコをこねくりまわしながら、フェラをしつつ言ってやりました。
すると彼女は、私のアソコを舐めてきて、ねぇ、貴方の彼氏のしゃぶった口で舐められている気分はどう?と言われて、頭にきつつも濡れて気持ちよかったです。
イキそうになったけど、こらえました。

こんな感じの展開のスワッピングプレイを日々楽しんでいます。
この子の彼氏の寝取るときは、私は敢えて体位を派手に変えません。私、普通にやってても感じられるのよ、っていうのを見せ付けるためです。
そのまま、この女の彼氏のアソコで正常位のまま、お互いに果てる瞬間は、お互いに汗だくになりながら正常位のままいきまくっています。気分の良いスワッピングプレイです。

スワッピングでの僕の彼女は・・・


僕は今の彼女と付き合って、約2年がたちます。最初は奥手で何も知らなかった彼女を、僕がいろいろ教え込んで、今では色々と性に関して積極的にしてくれるようになりました。でも2年もたつとやっぱりマンネリ化はしますよね。

それで、この前友人がスワッピングって結構マンネリ化にはいいよと教えてくれたのです。違う誰かに彼女が抱かれることを想像してみたら、全然いやではない僕がいました。むしろ興奮するくらい。それで友達が、スワッピングって、お互いの信頼関係がきちんとできていないと成り立たないから、彼女のことをちゃんと愛しているんだったら、うまくいくよと言ってくれたのです。それで、僕はその友達カップルにスワッピング相手を頼むことにしました。

友人だったら僕としても安心です。でもちょっと恥ずかしいかなあ。それで、彼女には友人カップルと飲もうって連れて行ったのです。自分の彼女も面識はあったので、警戒はしていませんでした。みんな結構強いお酒を飲んで、僕は酔っ払って眠ったふり。それを見て友人は彼女を誘いました。彼女も酔っ払っていたせいかまんざらではなく、みていると友人の誘いに乗ってエッチを始めたのです。そんな彼女を見て、僕は興奮してしまいました。

こんな一面があるとは知らず。僕は最後まで見たくて仕方無くて、寝たふりをしながら彼女と友人のエッチを見ていました。そしてことが終わって、今度は僕と友人彼女のエッチの始まりです。彼女のエッチを見ていたので、余計興奮して僕はエッチをしてしまいました。

最高だったスワッピング相手


この前セフレに内緒で連れて行かれたところ、それはスワッピングの愛好者が集まるパーティーでした。私とセフレはもともと出会い系で知り合った、結構やりマン系。性に関して貪欲で、いろいろな事を経験したいと思って、いまだにセフレの関係が続いているのです。そんな彼が内緒で連れて行ったくれたのがパーティー。

いいところに行くと言って行った会場には、約5組のカップルがいました。そして、その会場には、それぞれの個室がありました。パーティーが始まると、進行の方がくじを手にしてそれを引いて、自分の交換パートナーが決まりました。そして制限時間は30分。早速相手が決まってそれぞれの個室へ。制限時間が短いから、ゆっくり話をしている余裕はありません。すぐエッチ開始です。はじめの人は良かったんだけど、好みではありませんでした。

2番目にあった人は、まあまあかな。そして3人目くらいになると、相手はもう疲れ果てて、立たないこともあるんですよ。それまで抜いているので当然ですよね。ですから、私だけ愛撫してもらってたくさんいってしまいました。4人目はもろ私の好みでした。

4人目にかかわらず、結構元気。そして外見も好み。会話も楽しいし、私は彼氏の内緒で、この彼と実は連絡を取り続けています。そして時々、内緒でエッチをしてるのです。だって、今よりもタイプな彼なんですもの。でも今のセフレと別れて付き合うと今度はスワッピングではないですよね。彼は彼のパートナーも大切にしているし、それを横取りするつもりはないから、しばらく今のままの状態でもいいかなとも思うのです。

スワッピングセックスで変態プレイが楽しめました。


私が妻とスワッピングセックスをしようと合意できたのは、お互いに性的興奮を高めたいと考えていたからです。これまでも性的興奮を高めるために、マカなどが豊富に含まれた精力サプリメントなどを使用してきたのですが、効果はほとんどありませんでした。むしろスワッピングセックスをすることによって、お互いがパートナーを寝取られているという嫉妬の感情を抱ければ、性的興奮につながるのではないかと思ったのです。
妻とはほとんどSMプレイを行ったことはないのですが、今回のスワッピングセックスではSMプレイも楽しむことができました。変態プレイです。SMプレイをしたいということを相手に伝えた所、なんと相手の彼女も了承してくれたのです。彼女はドMなので徹底的に虐めて欲しいとのことでした。嬉しくてたまりませんでした。いきなり浣腸プレイを行いました。

浣腸を女性に対してすることは生まれて初めてでありました。まさかこのようなことが生きている間にできるとは、夢にも思っていませんでした。彼女の顔をしかめている所を見ると、大興奮しました。私はドSなので、お尻の穴に栓をしてなかなかお腹の中のものを出させませんでした。

彼女は必死に悶えていたのですが、その姿をじっくりと眺めさせてもらいました。そしてついに栓を抜いてあげると、ものすごい音を立ててお尻の穴から噴射を行っていました。その後は乳首にクリップをしてあげました。とても気持ち良さそうにしていたため、彼女も変態だなあと思いました。

まるでアイドルのような女性とのスワッピングセックス


私達はお互いに浮気を容認していました。お互いにパートナーのことを飽きてしまっていました。特にセックスは1年以上も一切していませんでした。離婚してしまえば良いという意見もあると思うのですが、経済的な要因で離婚することもできずにいました。
そこでスワッピングセックスを行うことにしたのです。何もない状態からセックスができる恋人を作ることは大変なので、スワッピングセックスを行うサークルのようなものに参加してしまった方が手っ取り早いと考えたからです。
私のスワッピングセックスの相手は、まるでアイドルのような方でした。一つ結びの髪型と茶色のシュシュ、ハートの形をしたピアスがとても似合っていました。私のためにこれだけのオシャレをしてくれたのだと考えると、とても幸せな気持ちになりました。肌も白くてとてもキレイでした。くすみなど全くありませんでした。パフスリーブが女性らしさを強調していました。
そんな女性に、なんと全裸でY字バランスをしてもらいました。彼女は昔は新体操をしていたようで、とても体が柔らかいのです。とても恥ずかしそうにしていて、顔を真っ赤にしてしまっていましたが、私はお構いなしに、Y字バランスによって露わになった彼女の性器をじっくりと観察させてもらいました。肛門のシワの数まで正確に数えてしまいました。その数を教えてあげると、彼女は私のことを軽く叩いてきました。あまりに恥ずかしかったのだと思います。そんな彼女とのセックスですが、やはりアイドルのように可愛かったため、私の精子も大量に出ました。

スワッピングセックスでとても優しい男性とエッチができました。


私は自分で言うことには多少躊躇してしまうのですが、セックスのテクニックがあります。セックスを行う相手を大興奮させる力があります。しかしそんな自分のテクニックが旦那にだけしか知られていないことに不満がありました。もっと色々な人に私のセックスのテクニックを知ってもらいたいという気持ちがありました。そのためスワッピングセックスをしたかったのですが、最初は旦那は了承してくれませんでした。自分の妻を他の男性に取られてしまうのではないかという不安があったようです。けれども何度もスワッピングセックスというものの本来の意味を説明した所、ようやく納得してくれました。
そして実際にスワッピングセックスをしたのですが、相手の男性がとても優しい方でした。初めて目にした瞬間から、優しそうなオーラは出していました。しかも笑顔が可愛らしい方でした。そんな彼は、セックスの時でも私のことを気遣ってくれます。ペニスを私の性器に挿入した時も、「痛くない?」と確認してくれました。旦那にはそのような優しさは一切ないため、貴重な体験ができたと感じました。そんな優しい彼であったため、私もとにかく気持ち良くしてあげようと全力を尽くしました。声もなるべくいやらしい声を出すように心がけた所、本当にエッチな声をしていたようです。彼からすごい声だったと言われてしまいました。フェラも優しくかつ豪快にしてあげました。やはり私のフェラのテクニックはすごいと言ってもらえました。

オシャレな女性とスワッピングセックスできました。


妻とのセックスがマンネリ化してきてしまっていました。けれども私達には子供もいます。普段は私達夫婦も仲良しです。一緒にいて楽しいです。けれどもセックスだけは昔のような情熱に溢れたものにはなたなくなってしまいました。しかし当然、離婚するわけにはいきません。
そこでスワッピングセックスを行えば、このマンネリ状態を打開できるのではないかと考えるようになりました。妻も同意見でした。そのためスワッピングセックスをすることにしたのです。
妻は私とは違って高身長の男性とセックスできたことが、とても嬉しかったようです。
一方の私は、オシャレな女性とセックスができました。グレー色のワンピースがとても可愛らしかったです。けっこうスカートの丈がミニであった所にも興奮しました。しかも結構、体にピシっと密着したワンピースでした。そのためおっぱいのサイズも大体わかりました。しかもかなりのサイズであることが、ワンピースの上からでもわかりました。巨乳好きな私は、この時点で興奮を抑えることが大変でたまりませんでした。
そして服を全て脱いでのセックスの開始です。なんと私はパイズリをしてもらえました。妻のおっぱいは小さいため、妻からパイズリしてもらったことはありませんでした。パイズリはこんなにも気持ちが良いのかということを、初めて知りました。一生懸命パイズリしてくれる彼女にとても好感を持てました。
見事にマンネリを解消できました。お互いにセックスの楽しさを再確認できたからだと思います。

スワッピングのおかげで上品な女性とセックスができました。


私がなぜスワッピングセックスを行うことにしたかというと、自分の妻のことを他の人に自慢したかったからです。私の妻はセックスがとても上手です。そのため他人は私のことを羨ましいと感じるに違いありません。
当然、スワッピングセックスであるため、私も他の女性とセックスを行うことになります。
私のセックスの相手となる女性ははとても上品な方でした。ハーフアップの髪型が特に彼女の上品さを際立たせていました。しかしエッチとなると、そんな上品で清楚そうな彼女は豹変しました。とてもエロいのです。まずは私の目の前で服を全て脱いでもらいました。その脱ぐ時の恥じらい方が可愛らしかったです。パンツの色は白で、清楚なイメージの彼女にピッタリの色だなあと思いました。
それからまずはキスをしました。私はまだ服を着ているにも関わらず、彼女だけが全裸の状態でした。そのため彼女はとても恥ずかしそうにしていました。彼女の口はとても良い匂いがしました。甘いスイーツのような匂いがしました。おそらく口紅かリップクリームに、甘い匂いのするものを使っているのだろうなあと感じました。
それから早速、私のペニスをぶち込んだのですが、ぶち込んだ時の彼女の声がまたいやらしい声でした。しかも彼女の性器もたっぷりと湿っていました。どれだけ見た目とは違ってエロい女性なんだろうかとビックリしました。彼女の湿った性器に私のペニスを入れた時のぬめり具合がとても気持ち良かったです。

スワッピング、てどこでする?


スワッピングという言葉は様々な成人用の雑誌やアダルトビデオで使われる言葉です。しかし、それを実際に実行している人はなかなかいませんし話を聞く機会はほとんどありません。
あまり人に言えない性癖というものはなかなか聞く機会もないですからね。
そこで、私が以前にあるバーで体験したことを書かせていただきたいと思います。そのバーとは「ハプニングバー」です。
私がハプニングバーに行ったのは以前の職場の先輩に連れて行ってもらったときです。すごく、変態な先輩で有名な方でした。
変態な先輩は会社の飲み会の後に私と同僚を誘い、ハプニングバーに連れていってくれました。
まず、最初にバーに行くと料金を支払います。この料金でアルコールは飲み放題です。テキーラも飲み放題なので女性に飲ませるとテンションが上がります。
隣に座った女性とお酒を飲んで仲良くなると、お互い身体を触りあいます。かなり酔っぱらった女性は先輩と激しいキスをしだしました。

私と同僚はかなりびっくりしました。女性の友達も私と同僚に身体を少しづつですが身体をつけてきます。
先輩の情事を見ていて女性たちもだんだん興奮してきました。テンションの上がった私と同僚も女性たちと情事に至ってしまいました。
先輩たちは最後までしてしまったようで私が相手をしている女性にも手を出してきました。これが本当にアダルトビデオのような風景でした。
これには大興奮でした。しまいには6人で入り乱れての乱交でした。
これがスワッピングなのか!と感じました。今でも私には忘れられない思い出です。

スワッピングで流れ出る体液


彼は私をイスにすわらせたまま、片足をすくいあげるようにしてもちあげました。太腿の付け根からのぞく襞の間に指をはわせた彼は、一瞬後、私の一番敏感な箇所を、指の腹でなでさすりました。
電気のような快感が太腿のあいだにはじけ、私はぴくっと上体ををそらしました。彼はそんな私の反応を楽しむかのように、それからも指をでおなじところを刺激しては、私が体を過敏に反応させるのを、興味ぶかげにながめていました。
私もまた、ながい間セックスから遠ざかっていて、性感帯もさぞ鈍感になっているものとばかりおもっていました。でも、彼にさわられ、こじいれられ、もみ、さすられしているうちにだんだんと固まっていたものが軟らかくほぐれだすにつれて肉体のほうもしだいに潤いをおびはじめた模様です。
彼の指を伝って私からでた体液が、とめどもなくシーツに流れ出るのをみたときは本当に、じぶんという女の業の深さをかいまみるおもいがしました。
私はしかし、若い女性のような、あられもない声をあげるわけにもいかず、けんめいに唇を噛みしめてこらえていました。がそれもつかの間のことで、彼の指がぐいと深部に入りこんだとたん、私は、じぶんでも驚くほど大きな声をはりあげていました。
ふいに身体が軽くなったかんじがしたかとおもうと、彼が私を座った姿勢のままかかえあげて、じぶんの膝のうえに重ねあわせたのでした。私は背中に彼の、みなぎるような筋肉を感じました。
彼はそして、私の両膝を左右にひろげながら抱え上げました。まるで小さな子供がオシッコをするような姿勢に、まだ私の中にのこっている羞恥の念がうずくのをどうすることもできませんでした。でもそれも、いきなり下腹部に侵入にしてきたふとぶととした彼のものに下腹部をつらぬかれた瞬間、たちまちふっとんでしまい、あとはもう頭の中がまっしろになってなにも考えることはできなくなってしまいました。
そのもうろうとなった私の目に、ベッドの上ではげしくまじわりあう私の主人と彼女の姿がとびこんできました。おそらく夫は、両足を左右に大きくひろげられたまま、真下から彼の太く硬直したものを突き入れられたあげく、激しく上下に揺り動かされて、こみあげる快感に涙をながして打ち震える私の姿をまのあたりにして発奮し、ついに彼女の肉体に突き入ることができたのでしょう。
私たち二組の夫婦はそれからも、スワッピングの魅力に憑かれたようにいつまでも、歳の離れた者同士のセックスの快楽に耽り続けるのでした。

スワッピングで彼の手が、そのとき………


ベッドの上では、二人が体をかさねあうようにして横たわっていました。
私はそれとなく、主人の腰のものに目をやりました。しかしそれは、力なく萎れています。期待した反面、なぜかホッとする私でした。でも、このスワッピングの目的が、主人を発奮させることに
あるのですから、やっばりそこは精力的に漲ってくれなくては困るというものです。
主人は彼女の胸から下腹部にかけて執拗なまでに愛撫をくわえました。
かんじやすいのか、彼女の口からちいさく、吐息にまじって声がもれでています。主人にしても、これまでの私との度重なるセックスで、女のあつかいには手慣れているはずです。泣き所もこころ
えていることてじょう。主人が彼女の股間に手をあてがい、巧みに刺激をあたえるたびに、彼女のあげる声がだんだん大きくなりだし、やがて彼のからだにあしをからませ、身もだえするシーンも
ふえていきました。
彼が、自分で腰のものに確かめるように手をふれました。さっきからその行動はなんどとなく繰り返されています。でも、まだそれは依然としてふんにゃりとだらしなく垂れています。
私もそれを見るとさすがに、いきおいよくたってくれることを、心で強く念じるようになっていました。これでは到底、彼女とまじわることなどできはしないでしょう。
私は、だめでしたと主人が相手にむかって、不甲斐なくあやまることだけはみたくなかったのです。
その主人の口から、ため息がもれました。いくら頑張っても、体は言うことを聞いてくれない様子です。
やっぱり、このまま二人に断って、立ち去ったほうがいいのかしら………。
私が弱気になりはじめたそのときです、彼の指が私の乳房のさきをきキュッとつまんだのは。
快感が乳房全体に網の目のように走り、私は目をほそめました。彼のもう片方の手が、私の太腿の間にすべりこんできました。主人たちに気をとられていた私は、すぐにはなにもできずに、ただ彼か
ら与えられる愛撫に無心に身をまかせるほかありませんでした。

スワッピングプレイで、ためらう主人


私たちは、感謝のつもりで彼らを、一流レストランに案内しました。
2時間ほど寛いだのち、気持ちもおちついたころをみはからって、みんなで都内のホテルに向かいました。
旦那さんはスポーツインストラクターをしており、奥さんもまた、ヨガを指導しているとか。道理でふたりとも、均整のとれたいい体つきをしているはずです。
ホテルにはいると、順番にシャワーを浴びてから、私たちは部屋で裸でむかいあいました。
かれらの輝くような引き締まった肉体をまえにしては、たるんで、しみやしわもめだつ私たちの体は、とてもはずかしくてまともにみられたものではありませんでした。
ダブルベッドの上に、主人と夫人が乗り、私たちは椅子に腰をおろして、二人の行為をみまもることにしました。相手の主人はわざわざ私の横に椅子をもってきてすわりました。
私はタオルを膝のうえにかけていましたが、彼はそんなものなしでもまったく平気のようでした。
ベッドの上では主人が、若い女の子をまえにして、なにをしていいのかわからずに、うろたえていました。彼女のほうは、そんな彼をみて、むじゃきにわらっています。
艶のある肌、まるみをおびてつきだした胸、Vゾーンを黒々とおおう体毛、なにもかも若いひと特有の豊かな初々しさがかんじられました。
「あなた、なにしてるの」
いつまでもなにもしない主人に、私のほうが焦れて、けしかけました。これでは相手の奥さんに失礼というものです。
主人は私のほうをみて軽くうなずきました。が、なにせ古い人間、相変わらずもじもじするばかりです。
すると、奥さんのほうが行動に出ました。私の主人のほうに膝でにじりよっていくと、彼の首すじに腕をまきつけ、チュッとキスをしたのです。はっと息を飲んだのは、私自身でした。
他の女に主人を奪われる………。私はすぐにその考えをふりはらいました。スワッピングを希望したのは、この私なのですから。
もうここまできたら主人も、あとはやるしかないと開きなおったのか、彼女を抱き寄せると、さらにディーブなキスをかわしました。
夫よりひとまわり小柄な彼女は、彼の膝のうえにのるようなかたちで、ながいあいだ口づけをかわしていました。
私は、自分の胸がはげしく打ちだすのに気づきました。ほんとうに、これから主人とあの子のセックスを、このまま冷静にながめていられるのかしら。私の自信はだんだんゆらぎはじめました。
そのとき、私の肩に、となりの椅子から彼が腕をまわしてきました。
そしてやさしく、私のほおをなでてくれました。その優しい愛撫に私はうっとりと目をほそめました。