スワッピング 巧みな彼の指捌きに

最初見たとき、どこかの老夫婦かなと思いました。男性の方はすでに頭は薄く、女性の方もまた50ははるかに過ぎていたでしょう。
けれどもそのお二人が私たち夫婦のスワッピングお相手だとわかったとき、私も夫も驚いた顔を見交わしました。なんでもスワッピング歴は長いそうです。
サイトでもとめたスワッピングのお相手ですが、プロフィールの年齢には少し脚色があったようです。
とにかく家にあがってもらうことにしました。私達夫婦がスワッピングを希望したのは、結婚後45年、マンネリにおちいった夫婦生活を一新させたいがためでした。
お茶のみながらしばらく談笑したあと、お二人を寝室に招きました。私たちが初体験なのを告げると、旦那さんが笑顔で私をまちうけました。戸惑いながらも私がちかづいていくと、彼の方もあゆみよってきて私を抱き寄せました。キスをかわし、胸をもまれているうち、気がついたら彼の手ははやくも私の下腹部にあてがわれていました。
私はちらと主人と顔をみかわしましたが、彼の顔には私が他の男性に抱かれることに対する好奇の感情が浮かんでいました。
彼の手がすばやく動いたと思ったら、いつのまにか私は下着一枚の姿になっていました。彼はそして、下着の両端をもってひきあげ、下着の布で私の陰部を刺激してから、あとは一気に足首までひきずりおろしました。
彼はそして背後から私の利用膝に手をかけて左右に大きくひらき、夫の目のまえに私の陰部をさらしました。たまらなく恥ずかし反面、自分の秘所がひろげられ複数のものたちにみられていることにたいする、自虐的な快感がこみあげてきて、私は発情していきました。
太くて固いものが、下腹部にズブリと突き刺さってくるのがわかり、私の全身にはげしい快感が貫きとおりました。
腹ばいにされて背後から、上体をつきたてられて下から、そして両脚をもちあげられて海老のよう体をまげられて上から、私は彼に攻められ続けました。
抑えようとしても声はたえまなく口をついて出、なにか深い穴の底におちていくような間隔になったと思ったとたん、私は絶叫とともにイッていました。

スワッピングにハマって


今私は、あることにハマっています。それはスワッピングです。
私は普段、地味なOLとして働いている20代後半のどこにでもいるような女です。
普通に街で見かけたとしても、まさかスワッピングにハマっているとは思われないでしょうね。
事の発端は、大学時代の友達と飲みに行った時に3人の男性にナンパされたことに始まります。
昔はよく男性に声をかけられたりしたのですが、さすがに20代後半になると声をかけられる回数も減り……。
そんな中でのナンパだったので、嬉しくなってその男性たちとのお喋りにもノリノリで応じてしまいました。
偶然私たちも3人でいたので、ちょっとした合コンのような感じとでも言うのでしょうか。
凄く楽しい時間を過ごせました。
そうして2時間ほどお喋りをしていたでしょうか。完全に意気投合した私たちは、一人の男性の家で飲み直すことになったのです。
初対面の男性の家へ行くことは抵抗がありましたが、友達二人もいるし大丈夫かなとついて行ったのを覚えています。
こうして私たち3人、男性3人で家飲みを始めたのですが、お酒の勢いもあってか急に友達の一人が男性とキスを始めたのです。
私ともう一人の友達は驚いて呆然と見ていたのですが、横にいた男性二人が囃し立てるとキスをしながら服を脱ぎ始めました。
まさかここでHをするの?と私が止めに入ろうとした瞬間、囃し立てていた男性一人がこちらを振り向き、強引にキスをしてきたのです。
最初は私も抵抗しましたが、段々と良い気持ちになっていって身を任せることに。
気が付くともう一人の友人も濃厚なキスをして、最初にキスをしていた二人はもう裸で絡み合っていました。
こうなると私もムラムラしてきて、自分から服を脱ぎ、そして男性に完全に身を預けたのです。
こうして30分後には全員が裸で絡み合い、男性のマンションの一室は完全にスワッピングの場となったのです。
正直Hをすること自体久しぶりだったので気持ち良かったのですが、横でも同じようにHをする友達を見ると一層興奮するものなのですね。
一人の人とHをするのもいいですけど、今日はこの人、来週はあの人と色々と楽しめるのも良いですよね。
あれ以来、私たちは密に連絡を取り合いながら週末と言えばスワッピングを楽しむようになりました。

スワッピングデビュー


会社の上司とお付き合いをしてから4年と言う月日が経ちました。
上司とは今は部署は違う物の、私が入社した時は直属の上司でした。
当時は仕事をするにも人間関係にも不慣れな私で(どちからというと引っ込み思案な性格なので)そんな私をサポートしてくれる人でした。

彼とお付き合いをするようになったきっかけは年に一回の社員旅行へ行くに当たり、電車の席が隣になったからです。
うちの会社は社員旅行は4班に分かれていくのですが、私が旅行へ参加する前日に、仕事上の契約関係でトラブルが発生したために、私は処理しなければならず、社員旅行へは行けなくなるなと思っていました。
そんな時に、上司が自分が行く日にいけるように一緒に行けるようにと手配をしてくれた事が心許したきっかけでした。

それからプライベートでも深い関係になりました。私が男性とお付き合いしたのは大学時代のサークルの先輩一人でしたので、大人になってからきちんと男性とお付き合いするのが初めてでした。
上司は私より20歳以上も年齢が離れているので、沢山の事を教えてくれました。
男性への尽くし方みたいな事も一から教えてくれました。

お付き合いが2年経過頃に、上司の知人の家で定期的にやるパーティーに行ってみようと言われたのが、今思えば私のスワッピングデビューでした。
知人宅へ行く途中ではフリーSEXを楽しめる場だから緊張せずに楽に楽にと前ふりがありました。
お宅へ到着すると、常連の方たちらしき方はもう既にそれぞれが楽しんでいました。
最初はしばらくその様子を見ていましたが、彼からシャワーへ行こうと誘われて、そこで愛撫をされたので気持ちが高まりまして、すんなりスワッピングへ参加が出来ました。
一度参加してしまうと恥ずかしさよりも快楽の方が強くて、今は上司と三ヶ月に一回くらいのペースでしています。

スワッピングって興味ない?


彼女と付き合ってから五年が経って、お互いにマンネリを感じるようになりました。もちろん主に性的な部分でです。
そんなある日彼女の方から、「スワッピングって興味ない?」と言われました。なんでも彼女は私の知らないところで、自分の女友達に何人か声をかけていたみたいです。
その子の写真を見てみると、かなりの美人でスタイルも良く、最初は抵抗していた私もノリノリになってしまいました。
そしてそれから数日後、私たちは今考えると相当変態的な行為を繰り広げました。
あちらのカップルが家に来て、ろくに挨拶もしないまま「相当おっきいんですよね?」と唇を舐めながらA子さん(仮名)が言ってきました。私の彼女も「そうそう、すっごい当たるから」と言って女性陣はあっという間に全裸になってしまいました。
私とB太さん(仮名)は目を合わせて少し気まずい雰囲気が流れましたが、彼のズボン越しの股間から興奮が伝わってきました。私も人のことは言えませんでしたが。
ろくに前戯もせず「入れ比べ」などと言って、女性陣はズボンを脱がし、仰向けに寝かせお互いの彼氏のペニスにまたがりました。女性二人がお互いに片手をつなぎながら動くので四人でセックスしているような感覚に陥りました。
私の彼女が「どっちが先にイくんだろ?」と言ってとろんとした目を私とA子さんに向けました。「私も負けませんよ」と言ってA子さんが上下運動だけでなく、ねじるような動きも始めました。女性陣の連携が取れすぎです。
彼女よりも大きなA子さんの巨乳の揺れがいやらしかったせいもあって、私の方が先に射精してしまいました。それからしばらくしてB太さんも少し呻いてから射精しました。女性陣は精液が入ったコンドームをつまんで無邪気に鑑賞していました。
彼女たちの様子にあきれながら、ペニスにまとわりついたA子さんの愛液を拭いていると、ぼそぼそとした声でB太さんに「狭くてざらざらしてて最高でした」と言われました。私も「あんなでかい胸初めてで興奮しました」と返しました。思えば男性陣の会話はこれが初めてでなぜかお互いに苦笑いしてしまいました。
私たちが復活してからは、一往復ごとに入れ替えて挿入したり、二穴責めをしたりしました。部屋中にティッシュやコンドームやいろんな液体が散らばって後片付けが少し大変でした。もちろんA子さんの巨乳に挟んでもらうことも忘れませんでした。
私の彼女にはできない芸当ですからね。
今度もまた別の女友達を連れてくるみたいです。彼女の性の乱れが微妙に心配ですけど私も楽しみです。

スワッピングの会で集まった人たちと


定期的にスワッピングの会をしています。
私がスワッピングの会に参加するようになったのは、ある掲示板で知り合った人たちとオフ会をしたことがきかっかけでした。
最初はエッチなことを語って飲みましょうと言う趣旨の会で、男女合計8人で集まったことが始まりでした。
8人の中にはスワッピング経験者が三名含まれていまして、その時の話やスワッピングの魅力について語ってもらいオフ会は盛り上がりした。
その時、次回はスワッピングの会にしないかとの提案があり、賛同した6人(男4女2)で集る事になりました。

当日は山中湖の貸し別荘に1泊することになりましたが、都内からは5人が参加でしたが、ワンボックスカーもレンタルして5人で向かいました。
(1人は地方から車で現地集合しました)ワンボックスカーの後部席では待ちきれない男性が私の下半身に早速手を伸ばしてきて、車中も結構な盛り上がりでした。

夕方には6人が揃ったので(因みに既婚者3名、独身者3名でした)早い時間から乾杯をして、ムードつくりの為に主催者が持って来てくれたアダルトDVDを流して鑑賞。
それをきっかけに次々と男性が女性二人の服を脱がし始めました。

私はスワッピングは過去にエッチビデオで見たことがあるくらいで、初経験でしたので、もういきなり濡れっぱなしでした。
男性たちから凄い濡れ方だと言われて、恥ずかしかったです。
その日は疲れ果てるまでしました。

翌朝もみんなで大きなお風呂に入りに行ってから時間ぎりぎりまで楽しみました。
それから不定期に開催しているスワッピングの会はたまに新たなメンバーも加わり、常時6人~8人くらいで楽しんでいます。
一度経験すると女性と特にやみつきになると思います。

スワッピングしたら負けず嫌いの嫉妬心


私は友達の彼女も知っており、友達も私の彼女のことを知っていました。男同士性行為の夜の営み事情を話してるとスワッピングしたら面白しろそうだなという話になりました。最初は冗談していたスワッピングの話でしたが、本当にやってみたら面白いという話になりました。そして、実際にやってみることになりました。

私たちが行ったスワッピングは4pのようなもので同じ部屋でパートナーを交換して性行為を行いました。最初は、緊張というか気を使いながらでしたが、次第に興奮してくるとそんなものは関係なくなりました。パートナーを交換して性行為でしたのでやはり自分のパートナーにことが気になってしまいました。私のパートナーが思ってる以上に気持ち良さそうにしている姿はあまりにも屈辱的でした。こんなにも嫉妬心を抱くとは思いませんでした。

しかし、そこは負けず嫌いの私に火をつけました。私のパートナー以上に気持ちよくさせようという気持ちで性行為に励みました。やっては行けないこと、非日常的なこの諏訪大イングはあまりにも気持ちの良いものでした。最高のセックスでした。しかし、そこは踏み入れては行けなかった、知らなくて良かったと思いました。知ってしまったので今まで通りでは満足出来なくなってしまいました。友達のパートナーはもともと私とも知り合いだったので、合意の上で行ったスワッピングの後も浮気という形で体の関係を続けています。

スワッピング最高です。パートナーへの愛が深まります。

スワッピングはカップル喫茶で


ハプニングバーのあっけらかんとしたアブノーマルな性癖も全て曝け出して楽しんじゃおうというスタンスも嫌いではないんですが、カップル喫茶ならではの少しうらぶれた雰囲気が逆にエロい空間が法規制やらで減っているのはスワッピングを嗜む者として寂しい昨今です。
とはいえ、まだカップル喫茶が完全になくなった訳ではないので興味をある人はぜひ探してみてください。
スワッピングを好む人は男性なら寝取られ願望があるだとか、女性なら見られて昂る露出狂チックな性癖であるとか色々理由はつけられます。
ですが愛情が冷めているカップルは行わないプレイでもあると思います。お互いに信頼や絆がないと悲壮感が出てしまうので、スワッピングを楽しんでいる夫婦は仲がいいと言えるでしょう。

カップル喫茶でスワッピングを行う場合、大抵は個室で行います。ただしのぞき穴や窓なんかが付いており外からは他のお客さんからでも覗かれ放題です。
私が以前彼氏と意気投合したカップルでスワッピングを行っていたら、覗き窓から見ていたらしいカップルが途中参加してきたことがありました。
さすがに中に突っ込まれている状態で部屋に入ってこられるとは思わなかったのですが、凄い勇気だと思いました。かなり若いカップルさんで男性は真面目そうな眼鏡に黒い短髪、女性も取り立てて派手な服装やメイクをしていた訳ではありませんでしたがおっぱいは大きかったです。
その後三組、つまり六人でスワッピングしたのですが正直人数があまり多いともたついたりダレる事もあると知りました。マナー自体は結構よかったです。

スワッピングはマンションで


僕達は、25歳同士の夫婦です。
世間一般では、若い夫婦と見られているようです。
最近、新しいマンションへ越したのですが、
何かと、同じマンションに住む10歳上の
子供のいない夫婦と仲良くさせていただいています。
そして、頻繁にお茶会へ行くようになってました。
4人でソファーに座りながら、
まったりといった具合でした。
この日は、鈴木さんの奥さんは、ミニスカートをはいており、
いつになくそそられてしまいました。
それは、鈴木さん夫婦の計画だったようです。
いつもは、紅茶にお茶菓子なのに、
この日は違いました。
ワインだったのです。
そして、鈴木の旦那が言ってきました。
じつは、どうやら、妻が君を気に入ったようだスワッピングをしないか?と。
僕は、酔ってはいるものの、目が飛び出そうなくらいそれは、びっくりしたのだ。
マジ?鈴木の旦那はこくんとうなづいたのだ。
そういうわけで、スワッピングになった。
僕は、そっと、鈴木の奥さんの太ももに手をかけた。
僕の妻も酔っていて、鈴木の旦那といちゃつき始めた。
僕は、嫉妬した。
妻が僕の前で、こんなに乱れることが出来るなんて、想像もしたことがなかった。
が、嫉妬しながらも、そんな妻を見て、興奮していた。
そして、僕は、鈴木の奥さんのおっぱいを激しく揉んでいた。
それから、妻は、シャワー室へ、鈴木の旦那と移動した。
僕は、鈴木の奥さんと、リビングルームに二人きりになり、
さらに絡みあった。
そして、激しく突いてやった。

スワッピングの出会いは運命


「スワッピングってどんな感じなのかな?」当時よく遊んでいたセフレが、ある日呟いた一言。

少しMの彼女とは、SMや露出、野外なども含めて色々楽しんでいたのですが、確かにスワッピングってやったことがないなぁ、ということになりました。もちろん二人だけでは出来ない特殊なプレイになる、相手もカップルでなければただの3Pになるので、どうしようかと悩んでいたのですが、結局手っ取り早くハプニングバーに行くことにしました。

知り合いのバーテンに紹介してもらい、セフレの彼女と二人で入店。少し時間が早かったので二人でイチャイチャしながら待っていると、しばらくしてようやくカップルが入ってきました。もう待ちきれなかったのでそのカップルが乾杯するや否や「奥でご一緒しませんか?」とストレートに誘ってみました。彼女は少し困惑した様子でしたが、男性は即答。二組連れだって奥の部屋に移動しました。向かい合ってソフィアに座って、隣のセフレの彼女を見るともう目は虚ろで軽くイッてる見たい、アソコにてを伸ばすともう大洪水です。

カップルもディープキスをしながらこちらをチラチラ。男性と目があったので、どちらからともなくお互いのパートナーを差し出すことになりました。それからは4P状態で、二本のチンコと二つのマンコが、入ったり出たりで乱れまくり。彼女もいつになく燃え上がっているようで、普段はそんなに声を上げる方ではないのに、叫びまくりです。嫉妬心からカップルの彼女を執拗にクンニすると、こちらも最初は恥ずかしがっていたのに、途中からは自ら腰を降り求める始末。どれ程楽しんだでしょうか、彼女たちはスッカリ満足して放心状態でぐったりしていました。

男性によると、やはり二人もマンネリ化してきて、非日常のプレイを楽しみたかったらしく、双方の思いがうまく重なったようです。今回のようにうまく出会えたら良いのですが、出会いの運命も必要なプレイなので、チャンスは逃したくないですね。

スワッピングで勇気が要るのは相手探し


セックスが一人ではできないように、スワッピングもカップルが最低でも二組いないと成立しません。
そして楽しくて気持ちのいいスワップを行うには相性のいいカップルを見つけることが何よりも大切です。

スワッピングは性癖です。スワップ暦が長い方達と当たればこちらに気をつかってくれますし、何かと不安が多い最初の頃も安心して行為を楽しめます。
最近はインターネットの掲示板でスワッピング愛好者たちの間で情報交換がかなり盛んに行われており、ここで相手を募集しているカップル達も多いです。
少し前は専門雑誌で情報を募ったりカップル喫茶などで同じ嗜好を持った方と意気投合ができたらスワッピングを行うという形が主でした。相手の顔が見える分、こちらの方法を好む方は今もいらっしゃいます。

ネットで初めて会う人達といきなりスワップをするのは私も初めはかなり抵抗がありました。
もちろん何度もメール交換をし、お互いのNGなプレイや私生活の干渉はしないなど細かく決めてはいたのですがそれでも写真でも隠し撮りされていたりしたらとドキドキで待ち合わせの場所に行くときは彼氏の手をずっと握っていたくらいです。
相手のカップルと無事に合流を済ませ、事前に決めていたラブホテルまでお話をしながら向かいました。今までは友人カップルとスワッピングをしていたけれど、新しい刺激と可能性を求めてネットで相手を探していたようです。

結果、スワッピング自体は何も問題ありませんでした。乱暴なプレイもなく中出しや顔射もされませんでしたし、相手の男性はなかなか長持ちする方で色々な体位を彼氏の前でさせられました。
彼女さんの方はちょっとMが入っていて男性陣二人の精液を全身にかけられて恍惚とされていました。

スワッピングを体験してみたくなった


私は以前、彼氏から「スワッピングに興味ない?」とスワッピングに誘われて断ったことがあります。いきなりスワッピングと言われてもどんなことをするのかも具体的には知りませんでした。彼氏に言われて、スワッピングとはどんなものなのか?と逆に興味が湧いてきました。ネットで色々調べていくとスワッピングをしてみたい。と思うよになりました。

しかし、一回彼氏には断っているので今更スワッピングしたいなんて言えません。仕方ないので私はスワッピングを調べているときに出会った男性とスワッピングパーティーに行くことになりました。男性と待ち合わせて現場まで一緒に行きました。カップルで行くと入りやすいようで男性だけだとなかなか難しいこともあるようです。ホテルの一室に行くと中では実際にスワッピングで話がまとまったのかセックスをしている人たちがいました。もう、私はその時点で大興奮です。男性がスワッピングするカップルを見つけてきてくれてその男性の方と私は別室に行きました。男性とその彼女の方はその場でキスをしていたのでそのままにしておきました。別室に入ると男性が「かわいいね、まだ若い感じだね。こんな若い子とエッチができて嬉しいよ。」と言い私の服を脱がしました。

下着だけにして私の体をマジマジと見て男性は「下着はつけたままエッチした方がエッチだね。綺麗な体してる。」と言い、下着を横にずらして挿入してきました。私はもう部屋に入っているときから興奮しているので濡れていましたので、すぐに男性のものを受け入れることができました。あまりの気持ちよさに喘いでしまいましたが、その瞬間男性が「あ、中が締まってる。すごい締め付けだね。」というのです。どうやら喘いで恥ずかしかった私は自分が気づかないうちに中を締め付けていたようです。

男性は「喘いだら中が締まる体質なのかな?じゃあ、気持ちよくしてあげるよ。」と言い激しく腰を動かし始めたのです。気持ちが良すぎて訳が分からなくなり喘いでばかりいると、男性は私のお腹に精子を出しました。男性は「気持ちよすぎて早くイってしまってごめんね。」と言いながら私のおなかの精子を拭いてくれました。それからも同じ男性とスワッピングパーティーに参加しています。

スワッピング下手な無礼男


スワッピングは性的嗜好のひとつではありますが、いわゆる潔癖な人はまず考えることもしないだろうプレイでもあります。
ある程度、色眼鏡や偏見で見られることの多い性癖であるということは肝に銘じましょう。
スワッピング愛好者たちはそれを自覚していますから、きちんとマナーを弁えている方が大半です。

まず前提としてお互いの合意、これは絶対に必要です。
カップル同士、お互いの大切なパートナーを預けるわけですからここは妥協してはいけません。
また原則的に中出し、生での行為はNGとなっています。これはスワッピングを行う上での暗黙の了解で、これを面倒だと感じる人はスワッピングをしないようにしましょう。

以前、今は大分数が減少したカップル喫茶でスワッピングをした際の体験談なのですがスワッピング相手がかなり若い、ちょっとチャラチャラした男女のカップルでした。
店でも初めて見た顔でどうやらスワッピングの経験が浅かったらしく、いざ始めてみると相手の男性が自分に奉仕してほしいと当たり前のように強引にプレイを進めてしまったのです。
フェラチオも喉の奥にガツガツと当てるようにされ、しかも無断で口内に射精されてしまいました。
彼氏と相手の女性はそれなりに楽しんでいたようですが、相手女性の声がわざとらしく感じられて興奮するどころかちょっと煩いなあ、と感じてしまったほどです。
多分彼ら彼女らはスワッピングを乱交と同じように考えていたのでしょうが、もうちょっとスワッピングがどういう趣旨のプレイか理解していてほしかったです。

スワッピングで広がるエロの世界


どんな刺激にもいつか慣れていくのが人間というもの、初めは相互鑑賞やごく普通のスワップで十分に満足できていてもこういう事の欲求は更なる刺激を求め始めるとキリがないものです。
そこでいつもとは違ったシュチュエーションを求めてカップル喫茶やハプニングバーなどに行ってみるスワッピング愛好者の方は多いです。ただすんなり意思疎通が出来る嗜好の合うカップルが必ずいるとは限らず、法律的にもグレーであるので来店する際は楽しめたらラッキー程度に思っておきましょう。

私も以前一度だけハプニングバーを夫婦で訪れてみたことがありますが、金曜の夜というだけあってなかなか盛況でした。
都内の、それなりに有名で長く続いているお店のようでしたがお店の構え自体はかなりひっそりとしておりムードがあるといえばあります。
入会手続きなどを経てカウンターでドリンクを飲んでいたのですが、派手な照明や音楽、セクシーなコスプレの男女など雰囲気はあるもののエロい気持ちにはなかなかなれずスワッピングは結局しないでバーを出てきてしまいました。

それから今までもう二ヶ月に一回の頻度でお会いしスワップしているご夫婦とラブホテルでスワッピングし、かなり燃えたし楽しめました。
スワッピングだといつもの夫婦生活では口にできない要望も言えるし、二人ではなんとなく出来ないプレイもムードでしてしまえます。
普段だったらバイブを使われるのは一方的に弄ばれているようで嫌なのですが、スワッピングだと双頭バイブを使ってレズプレイもそれを見てソロプレイをしている主人も全部ありな気持ちになってしまうのです。

やっぱり自分に合った状況でやるのが何でも一番楽しいようです。