スワッピング 相手は金髪で白人

この前やったスワッピングは結構楽しかった。
相手は金髪で白人っぽい女性でしたが、話してみるとハーフだという。
結構な美人で一様ハーフタレントだといっていた。こういう会に参加して大丈夫かと思いましたが、参加者としてはラッキーなだけなので大抵の者は何もいわないでしょう。
女性が嫉妬して文句……ということもなかなか考えられない話です、もてる人間だけ得をする構造ではないので。
彼女と一緒にいるのは、彼氏だという男性ですが年が結構離れていました。事務所とかの人なのかと思いますが、特に根拠はありません。
話しかけてきたカップルと、大体すぐに話をまとめる気さくな人です。私も正直そのハーフの子と一度、と思っていたので今回は急いで話しかけたわけです。
首尾よく交換は成立し、別室に行きます。
ベッドの隣に座り、肩を抱くところからスタート。
割と積極的で、自分からキスしてきます。舌を舐めあうベロチューです。
しているうちに、下腹部に自然と伸ばした手が湿ってくるのが分かります。
シックスナインいける、と聞くともちろんと頷きます。寝転ぶと、顔に跨ってきます。
ハーフタレントの女性器を舐める日が来るとは、と感動しつつ舌を這わせる。
「見かけによらずデッカイね」
まあ嬉しいといえる言葉とともに、スポンと根本まで銜え込む彼女。
舌のザラザラで亀頭を責めまくる技にのけぞりますが、相手が上なのでのけぞると余計近づくだけです。
出そうになるので離れて、本番に入ります。
薬飲んでるから、という彼女に生で挿入。正直こういう場にいる女性が、生でいけるといっても微妙に不安ですが、生のほうが楽しいという現実には勝てません。
ハーフタレントに中出し、というのも多少の不安など消し飛ばすパンチ力があります。
三回ほど気持ちよく出させてもらいます。
まさに期待以上でした。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!