セックスしなくても来店してよし

ハプニングバーって突き詰めると何をするところなの?と疑問に持つ人は多いでしょう。
乱交!スワッピング!SMプレイ!とエロい事を店内で床でも椅子でもテーブルの上でも所構わず男女がハメまくっているようなイメージでしょうが、実際のところは大体そういった行為はお酒を飲むフロアとは分けられています。

二十代のメスの私が実際に行った事は片手で足りるくらいですが、一人で行ったことは一度もありません。同性の友人といっしょでした。彼女はラバーフェチというかボンデージフェチだったので店員さんの格好に釘付けでした。コスプレ衣装も貸してくれるようです。頼むと店員さんがどこからともなく携えて現れます。
せっかく入会金も払って来たんだから、と別室で行われている行為を覗いて見るとほの明るい照明の部屋で台?ベッド?の上でМ字開脚した全裸の女性が局部にピンク色のバイブを挿入して男性の前で仰け反っていました。「イク!イキます!」とか言っていたように記憶しています。
まあアブノーマルなプレイをする男女を見てるだけというお客さんも多いみたいです。そういえば、そういう性癖もありましたね。AVではなくナマで見るのがポイントです。

一番料金が安く済むのはカップルでの入店です。本当のカップルでなくても異性の友人になってもらえばいいでしょう。
ただスワッピングに誘われたりすることもあり得ますし、場所が場所なので猥談を照れずに交わしたりできる所謂ブッチャケた関係の友人でなければ一緒に行っても戸惑うだけだと思われます。
そんな所は特殊な性癖を持つ人たちだけが行くところと決め付けないで、機会があったら訪れてみても良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です