セックスフレンドが出来ました、

セックスフレンドが出来ました、

酒が入ったり、カラオケなどの歌う場に居ると、心が高揚して、気持ちも開け放たれ、
人の心をある種で開放的にするもんで、ついつい、浮気に走るということがあります。

催し物の打ち上げの会で、とある居酒屋で飲み食いの軽い宴会の後、
2次会で好きなもの同士、近くのカラオケ屋に向かいました。

私は唄のほうはあまり得じゃなかったのですが、誘われるままに皆さんに付いてゆきました。
カラオケ屋の中は、チョット薄暗く、唄に気を取られた妙な空間なんですね。
音や音楽は大きく鳴り響くが、実際のところ蜜室のような空間なんです。
女と二人きりでいたら、歌いながらも変な気持ちが起きるし、おかしな想像もしてしまうのです。

私の直ぐ横に居た割かし歌の上手な〇女子が、ヤケに私に擦り寄ってくるのです。
私もその気になって、彼女の膝に上に手を置いたり何かしましたけど。

帰りしな、何気なく彼女に別なカラオケ屋誘ってみた。
そうすると、その女は頬がポーとしながらも、私の誘いを快く受けてくれたのです。

近くのカラオケ屋の二人きりの小さなボックスに入ったが、女は歌いながらも私の身体に張り付いてくるのです。
歌がウマイので、お誉めのキスしてやるよというというと、“あらまあ、どうしましょう”、といいながら、唇を寄せてきました。
後は、お互い抱擁しながら深い、デープキスをしながら、下の方を撫でてやりました。

女は体をクネラセながら、“あら、私、酔ってるのかしら”、といいながら、
「ここじゃ拙いから、近くのホテル行こうよ」、というと、女はコックリ頷いて「一回きりよ」という。

抱くように腕組みしながら、ネオンが瞬いている旅荘へ直行しました。
早速ながら、セックスに飢えてように、女は私の背中に爪を立てるほどに燃えて来ました。

私も女の積極的な心意気を受けながら身を躍らせ、女房以外の女と久しぶりに快感を味わったのでした。

その後、連絡先を確かめながら、二人で合うのが楽しみになりました。
浮気相手のきっかけのセックスフレンドが出来たのです。