セフレの彼のスローセックスにハマってしまいました。

セックスフレンドの年上の彼はスローセックスが上手で快楽へと導かれています。
付き合っている彼氏は年下なのでとにかく性欲の塊といった感じです。
服を脱がせて愛撫をして入れて出すという単純なセックスです。
もちろん気持ち良くはなりますが、私の心は関係ないような気がして寂しく思います。
その点、セフレの彼は私のことを考えてくれているのが良く分かります。
出す事が目的ではなく、一緒に気持ち良くなって行く時間を楽しもうと言ってくれるんです。
全裸で抱き合いますが、乳首やクリトリスを直ぐに触らず、首筋や腕などにキスをしながら愛撫をしてくれます。
それもソフトタッチで彼の唇が全身を這って行くので、勝手にアソコは濡れてしまいます。
焦らされながらようやく乳首を摘ままれた時には、思わず喘ぎ声が漏れてしまいます。
本当はクリトリスや膣に指を入れて欲しいのですが、あくまでも局部は外して足やお尻の愛撫を続けるので、時間とともに頭が真っ白になって来ます。
いつの間にか自分から彼に入れて欲しいと言っていました。
それから彼のチンコがゆっくりと挿入されて来ます。
触れただけでも気持ちが良くてさらに濡れてしまいます。
ゆっくりですが奥まで入ったところで気持ち良すぎていってしまいました。
局部を触られないと気持ち良くない思っていましたがスローセックスだと時間をかけただけ体が勝手に反応してしまうのですね。
彼もそのままゆっくり動いて行く前に凄く太くなり果てたようです。
年下の彼とのセックスから離れてセフレの彼のスローセックスにハマってしまいました。

セフレにスローセックスをした結果


僕は25歳です。彼女はいませんが、37歳人妻のセフレがいます。出会い系で知り合い、知り合ったことはガンガン責めて、彼女も何度もイッて楽しかったのですが、最近では彼女とのセックスもマンネリ化してきました。

何か面白いプレイでもしようかと、ネットで調べていたら、スローセックスというものを見つけました。スローセックスは、ゆっくりと時間をかけながら絡み合うセックスのことです。今流行りだということで、セフレに話してスローセックスをすることにしました。

スローセックスをするには、何よりも時間が必要です。セフレの旦那の出張に合わせて、ラブホに泊まり込みでスローセックスすることにしました。

午後、セフレとラブホにチェックインしました。今までは、ここで服を脱いで、一緒にシャワーを浴びながら前戯をして、それから一発という感じです。

しかし、今回は違います。

いつものように服は脱ぎます。その後は、ベッドの上でお互いゴロゴロしながら、軽く抱き合って、何度も何度もディープキスをしました。キスだけで30分以上かけました。彼女の目は、もうトロ~ンとしていました。股間を触ってみると、グチョグチョに濡れていました。いつもなら、ここで激しく手マンしてイカせますが、スローセックスなので、またキスをしながら、股間の周りを擦って、彼女を焦らしました。

焦らせば焦らすほど、キスをする彼女の舌の動きはどんどん激しくなりました。彼女が「欲しい」と何度もおねだりしていましたが、僕は無視して彼女を焦らし続けました。しかし、僕も我慢できなったので、彼女に挿入しました。

いつもは高速ピストンをして、ガンガン激しく突きます。しかし、今回はゆっくりと出し入れしました。挿入中も彼女が気持ち良くなってきたところで動きを止めて、彼女を焦らしました。体位を変えて、彼女を上に跨がせました。彼女は何度も何度も焦らされたので、上になった彼女は激しく腰を振りました。僕も我慢できなくなったので、結局最後はいつもの高速ピストンで射精しました。

彼女は今まで以上に絶叫してイキました。彼女はとても気持ち良かったようで、それから何度もスローセックスを求めてきました。

質の高い行為ができる


日常生活で、性行為というのは非常に大きなウェイトを占めており、これが充実していないと仕事や私生活も充実しません。
とりわけ、男性はその傾向が顕著で、もしかすると、出世やその後の人生にも大きな影響を及ぼす可能性のある要素なのかもしれません。
さて、そんな性行為ですが、同じ女性、つまり交際中の彼女と回数を重ねていくと、どうしてもマンネリ化してしまいますよね。
初めて肌を合わせた時なんかは、心臓が飛び出るんじゃないかというくらいにまでドキドキ感が止まりませんでしたが、今では当初のような興奮を覚えることは少なくなってきました。
また、回数を重ねていくと、行為の質も低下してしまいがちです。
もちろんある一定の時期までは、お互いの感度とか癖なんかをだんだんと学習していきますから、非常に充実した行為を行うことができます。
が、それを通り越すと、つまりお互いを知り尽くしてしまうと、非常に淡白な行為になってしまうんです。
そこで、私のようにマンネリ化してしまったカップルには、スローセックスを声を大にして提唱したいと思います。
スローセックスとは、その名のとおり、ゆっくりとした行為なわけですが、そうすると、一つ一つの動作に対して意識を集中できるため、いつにない快感を得ることができるんです。
個人的にはヨガとちょっと似ているなと思っています。
ヨガも、普段意識することのない呼吸をゆっくりとした動作の中で行いますよね。
そうすることで、質の高い呼吸を実践することができ、精神的にも肉体的にもリラックスすることが可能なのです。
とまあ、そんなヨガと同様の効果がスローセックスからは得られるため、一度試してみる価値は十分にあるかと思います。

スローセックスで充実した熟年のセックスライフを楽しみましょう


激しいセックスよりも、むしろお互いをいつくしみ合い、深く愛しあっている感覚が得られるとして、スローセックスが提唱されています。そうした高尚な意味は別にして、熟年になり男性の体力の低下が顕著になって来た時にはスローセックスはやはりお勧めです。男性が弱くなると夫婦間でも夜の営みの回数は減り、持続時間の短いお義理程度のセックスとなり、やがてセックスレスへになる事が多いものです。
しかしスローセックスを覚えると熟年で体力が衰えても、深く感じる事が出来るセックスライフを楽しむ事ができます。私達夫婦も還暦が近づいた頃から、こうしたスローライフを楽しんでいます。還暦が近づいたと言え、手を繋いで眠るだけで愛情を感じ、それで満足などと言った枯れた状態ではありません。やはり、愛撫やオーラルセックスや最後には挿入も行います。
そもそも男性は性的興奮を覚えなければ、何も始まりません。そのために、少し派手な下着姿を女房にしてもらい、それを脱がし全裸にする事で刺激を得る事でスタートします。元気な頃と同様に愛撫もすればオーラルセックスも楽しみますが、その行為それぞれが若い頃の様な激しくて、一気に燃え上がるようなものではないのです。ゆっくりと優しく、半ば眠りつつまさぐり合うと言った感覚で楽しむのです。
女房が激しく喘ぎ、何度も昇天するような事はありません。しかし、ゆっくりと優しく行う行為に対し、女房の身体は何度も反応し、深い喜びを感じる事が出来るのです。それでいて、私の疲労は大きく軽減できます。しかも女房も愛撫やフェラも軽く行ってくれ、あっという間に発射すると言った事が無いように、ゆるやかさに注意を払うのです。
こうして、感じて絶頂に向かうかと思う直前で、少し緩んで落ち着くと言った事が繰り返され、長く楽しむ事が出来るのです。こうして十分楽しんだ後に、挿入して一緒に果てます。果ててからもすぐにベッドを離れる事無く、全裸で抱き合い優しく愛撫して余韻を楽しむのです。こうしたスローセックスを知れば、熟年になっても充実したセックスライフを続ける事が可能です。

セフレを作るための女を喜ばせるスローセックス


セックスフレンドをできるだけ作りたくて出会い系のサイトを使ってなんとかして若い女の子をゲットしたいと考えているのですが、上手くいって出会えたとしてもセックスまで行くかどうかは微妙ですし、仮にホテルまで行くことができたとしても、その1回で終わってしまうことも多いので、セフレをつくるにはいかに女の子を満足させるかにかかっていると思っています。
どうしてもすぐにヤりたくなってしまうのですが、その性欲をできるだけ我慢してスローセックスをするようにすることで今回成功できました。
相手は女子大生であり、サイトで知り合いデートをすることになり、お酒の力とノリもあってホテルに入ることになりました。
すぐにはめたい欲望を抑えて、その彼女全体を愛することを意識しながら、まずはディープなキスを長く深くして相手をメロメロにさせます。
その後でもキスは何度もするようにして、首筋にも時間をかけてじっくり責めていきます。
首筋をキスしながらまた彼女の唇に戻ったりして、じわじわと責めていくのです。
すぐにおっぱいを触りたい気持ちを抑えながら自然におっぱいに触れるようにしていき、やがて服を少しずつ脱がせていきます。
そして大きめのおっぱいを見たときにはすぐに揉んで吸いたくなるのですが、それも我慢しておっぱい周辺をキスしていくと、彼女が早くして、早くおっぱいを吸ってとおねだりしてきました。
それでもまだじらしていくと、もっと彼女が早く早くと言ってきて、最後に乳首を舐めると彼女は凄く気持ちがいいあえぎ声を出してきてエッチが盛り上がっていきました。
その後も舌でどんどん下にいき、パンティの上からじっくり、そしてパンティを脱がせても、アソコは触れることなく、じらしじらしで時間を使っていくと、まだ触っていないのに、ぐっしょり濡れてきていて、早く入れてと言ってきました。
最後の最後で1時間かけてたっぷりと舌で責めていき、ここというポイントで挿入したら、彼女は失神したようにあっという間にイってしまいました。
こんなにスローなセックスは初めてだったみたいで彼女はまたセックスしたいと言ってきてセフレの関係になることができました。

フィニッシュできなくても。


「中折れ」という言葉を、ご存知でしょうか。
ご存じでなくても、経験はあるかも知れません。
「中折れ」は、男性視線の用語です。それは、セックスを始めたのは良いものの、フィニッシュできずに、萎えてしまうことを言います。
どうでしょうか。ご経験があるのでしょうか。
かく言う、本記事を執筆している私も、少なくない回数、経験があります。
結構、彼女が初めて家に来た日とか、そうなりませんか?
…まあ、かく言う私が、そのタイプなのですが。
なんか、男性側からすると、フィニッシュできないって、格好わるいですよね。
でも、女性側からしたら、どうなんでしょうか。
たしかに、「イク」ときの激しさは、挿入されている女性にとっても、興奮の絶頂でしょうが、それは程度の問題で、もしかしたら、女性は、男性がフィニッシュすることに、そんなに拘っていないかも知れません。
むしろ、フィニッシュできずに、男性側が落ち込んでいると、女性の方も「私ではイケないんだ…」と落ち込んでしまうかも知れません。
ここで大切なのは、フィニッシュは、セックスにおいて必要不可欠なものではない、ということを強く認識することだと思います。
これは、「スローセックス」という発想です。
フィニッシュではなく、プロセスに重点を置くのが、スローセックスの発想です。
かく言う私も、スローセックスに発想を変えてから、ずいぶん気が楽になったものです。
また、何より、女性の側が求めているのも、この「スローセックス」ではないでしょうか。
ゆっくりと肌を重ねて愛を確かめ合う、そんな「スローセックス」を、あなたも実践してみませんか?

彼女相手に鍛えたスローセックスを元カノにしてやった


現在40歳の男性ですが、彼女相手に鍛えたセックステクニックを元カノ(31歳)にして虜にしてやりました。

男性ならわかると思うんですが、同じ相手とエッチをするって大変なんですよね。
私は10年以上付き合ってる彼女がいるんですが、最初の頃は何しても感じてくれていた彼女も2.3年もすれば同じようにしてると反応がものすごく悪くなりました。
そこで、出来るだけアプローチ方法や体位を変えて工夫はして編み出したのがスローセックスです。
元々愛撫には気を使っていたほうなんですが、掌全体を使って体をゆっくり触って愛撫しだしてから彼女の反応が良くなったんです。
それ以来スローセックス主体のエッチをして鍛えていったんですが、先日元カノにスローセックスを試してやりました。

元カノとは10年以上会ってなかったのですが、元カノから携帯に電話がかかってきたんです。
話を聞いてると現在離婚をして独身、元旦那とは離婚前からセックスレス状態、元旦那は早漏で満足できずエッチ後オナニーする日も多かったって感じの話をしてきたので、こいつエッチをしたいんだろうなって思って会いました。
会うまで彼女はいることは伝えず、会ってから彼女がいるんだって言いました。
最初に彼女がいる、結婚してるって言うと向こうも会う気がそがれるでしょう。しかし会ってしまえば彼女は性欲が上回るのでエッチまで持ち込めると踏みました。
実際その通りとなり、会ったその日にラブホに行ったんです。

どうも元旦那はあまり前戯をしなかったようで、私が愛撫してると早く入れてってせかされるほどでした。
一回目は元カノの要求どおり愛撫そこそこで挿入して果てたんですが、2回目のエッチの時はスローセックスをお見舞いしてやりました。
最初は早くい欲しいとせかされたのですが、エッチでは愛撫も重要なんだよって言って体全体を掌で撫で回すように、アソコも指の出し入れだけでなくクリ周辺を撫でるように愛撫してやるとものすごく感じまくってました。
性感を高めまくってから挿入したんですが、これもゆっくりにしました。
入り口付近をゆっくり出し入れし、たまに奥を亀頭でグリグリこすり当ててやるとものすごい感じ、ゆっくりするのもすごく気持ちいいものなのねとビックリしてました。

元カノはこのスローセックスが気に入ったようで、それ以来エッチをして欲しいとおねだりの電話がかかってくるようになり現在もセフレとしてエッチしまくってます。

セックスレス解消のきっかけにもなってくれたスローセックス


妻と結婚して10年ほどになります。
私の方が年齢は一回り上で、私はアラフォー、妻は今年30代の大台にのった所です。
ところがこの2~3年。環境や体調の問題で、夫婦生活の間隔がどんどん長くなっていることが私たちの悩みの種でした。
例えば、夜遅くまで子どもが起きている環境では、落ち着いて夫婦生活に挑むこともできません。
そして体調の問題。
40代になってくると、なかなか若いころのようにはいきません。
いざ事に及ぼうとすると、中折れしたり、持続力が足らなかったりという問題が起きるようになりました。
このような問題を妻も密かに案じていたのでしょう。
先日「週刊誌で読んだスローセックスをしてみたいの」と言い出しました。
おとなしい妻が夫婦生活について積極的に言い出してくれたことが嬉しく、様々な状況を整えてその夜、スローセックスに挑むことになったのです。
私も妻に教えられて知ったのですが、スローセックスとポリネシアンセックスは似ているもの、別のものだそうです。
スローセックスとは要するに「女性がしてもらいたい事を男性に行うなどして、一方通行のセックスを相互通行のセックスにする事」だそうです。
普段は受け身一方の妻ですが私の脇やひざ裏などを舌で愛撫し、くすぐったいやら気持ちいいやら。
お返しに私も丁寧に舐め返し、それだけで何度も妻はイってしまいました。
1時間から2時間はお互いに肌を重ねたでしょうか。
挿入時には硬さが不足している状態でしたが、妻は丁寧に口に含んだり愛撫を何度も繰り返して挿入。
騎乗位で乱れる妻を見て、久しぶりに私も興奮し、妻も満足している様子でした。
レス解消には、スローセックスなどのお互いの気持ちが通じ合うセックスが効果的だと改めて思った次第です。

セフレとのスローセックス


じぶんは現在29歳の男性会社員をおこなっております。
じぶんは昔からですが、精力が旺盛な人間でありました。
それこそですが、高校を卒業して、一週間も経過をしないうちに風俗のほうへ足を運ばさせていただいたほどであります。
自分が勤めている会社でありますが、給料のほうがほんとうに少なく、しょっちゅう風俗に通っている金銭的余裕などはありません。
そこでですが、自分は出会い系サイトを活用してセフレを作らせていただいたのです。
実際にセフレをつくりました。
セフレは風俗などとは違って、時間制限などがなく、一日でもたっぷりと楽しむことができるようになっております。
風俗の場合であれば、60分とほんとうに短い時間であるので、自分はあわててピストン運動などをおこないますが、セフレの場合であれば、スローセックスを堪能させていただきました。
一度、一度のピストン運動がほんとうに心地よい、快楽をうんでくれるので、風俗などとはまた違った快感を自分に与えてくれるのです。
ほんとに素晴らしいセックスであると自分はおもってしまいました。
そのセフレとは現在でも交流をもたせていただいており、自分が性欲を処理するのに困ったときなどはセフレを呼んで、たっぷりと時間をかけてスローセックスを堪能させていただいております。
ほんとうに普通のセックスなどとはまた違った快楽を自分にあたえてくれるので、すばらしいと思っております。
また近々ですが、彼女と会わせていただく予定であります。
ほんとうに楽しみです。