セフレ作りは人生と似ていることを埼玉で痛感

「アナルにゴム無しで突っ込ませてもらい、獣のような雄叫びをあげながら楽しみました。」


昔はそれなりにイケメンで外を歩けば女性が寄ってくるほどでしたが、今では見る影もありません。

アラフォーと言われる分類にしっくりと収まってきたのを実感するようになってからは、手当たり次第に女性を求めていかなければ厳しいエロの荒波から取り残されてしまう焦燥感に駆られます。


そんなことを思いながら与野本町駅でビール片手に雑誌を眺めていると、最近の女子は熟した男性が好みであるという記事を目にしました。

そして、ちょうど目の前には社会人なりたてに見えるOLの姿がありましたので酔った勢いでナンパを開始しました。
結果は予想通りで、逃げるように彼女たちは立ち去っていきました。

自分はまだペニスが勃起する上に射精までできるのにナンパ市場では価値が無いのかと思うと哀れになってきました。
しかし、そんなことを考えていると再びOL風女性が目の前を通り過ぎたので第2ラウンド開始です。

次は意外にも好感触で、あれよあれよという間に埼玉県内の激安ホテルへと誘い込むことができました。

お互いに自己紹介をしてみると性癖が似通っていました。
アナル大好きという激レアな性癖です。
1215a


アイドルであればマシュマロが出てくるであろう穴にゴム無しで突っ込ませてもらい、
私と女性は獣のような雄叫びをあげながら時間いっぱい楽しみました。
彼女とは今もセフレとしての関係が続いており、最初の惨敗からを振り返ればセフレ作りは苦しみもあれば喜びもあるのだと実感できました。
1215n