セフレ募集にメールしました

出会い系で「セフレ募集」と書いて募集をしている男性にメールをしてみました。
LINEを交換して何度かやり取りをしていました。

私は友達との約束で駅まで来ていたのですが、ドタキャンをされて、すごく暇をもてあましていたのでセフレ募集の彼に連絡をしました。
すると彼もその時間は暇だったらしく会うことに。

数分後に彼がやってきて、「どこ行く?」と言われ、とりあえずご飯を食べ、ホテルに行きました。

ホテルで軽く雑談をし、少しずつ距離が縮まっていった頃、私は我慢できずにキスをします。
彼は私のおっぱいを触り、「大きいね」なんて言い、すごく興奮。

それから、エッチを思う存分に楽しみ、お互いに絶頂を迎えました。
彼も何度も行き、私の体は彼の愛液でいっぱいになったのです。

すごく気持ちよくて、女になったような感覚があり、若干幸せに浸っていたのですが、帰り際に彼から「今日はありがとう、超暇だったからいい暇つぶしになったわ」と言われ、ちょっと心に穴が開いたように感じました。
彼とはセフレというよりも割り切りという感じに思い、それからは彼との連絡を絶つようになっていたのです。

今は別のセフレがいて、彼とのセックスは前の彼とは違って少し物足りなさを感じましたが、セックス以外でもやさしくしてくれて、一緒にいるのが楽しいので心はすごく満たされています。

いくら気持ちのいいセックスが出来ても心が満たされていないのはすごく寂しいなと思いました。
満たされるセックスは最高です。

クラブで逆ナンしました


友人と一緒にクラブを楽しんでいた私。
お酒を飲んでいると、隣にはなかなかイケメンの男性2人組みがいました。

友人と「あの人すごくかっこいいね」なんていっていると、友人は「話しかけてみよう」と言い出し、2人で彼らに話しかけたのがきっかけだったのです。
彼らもすごく私たちのことが気になっていたようで一緒に飲みにいこうと、クラブを抜け、居酒屋に行きました。

コンパのような感じでそれぞれに自分のことを話し、すごく意気投合したのです。
そして、行きつけの飲み屋があるからといい飲み屋さんに移動する間、友人と1人の男性は別行動をすると言い出し、私はもう一人の彼と2人取り残されえたのです。

すごく気まずい感じになり、彼から「送るよ」と言われ、駅まで送ってもらうことに。
その間会話はなく、「この辺で大丈夫」と言うと「ごめんね、何も話せなくて」と彼は謝ってきます。
私も、彼に申し訳ないなと思い、お互いに謝っていると、おかしくなって笑ってしまいました。

彼と、ファミレスに行ってもう少しおしゃべりを楽しむことにし、そのまま朝まで話し込んでいました。
そして、アドレスを交換し、駅でお別れしました。

家に帰ると、友人から「あの夜はどうだった?」と来て、彼女はあの後、ホテルで一晩中セックス三昧だったようです。
そして、セフレになったそうです。
初めて快楽におぼれたようで、セフレの彼と今度は4人で乱交エッチをしようと提案をされてしまいましたが、そんな日は来るのか、なぞです。

親友の好きな人とセフレになる


私の親友には好きな女性Sがいました。
Sは私に行為がある事を前々から知っていましたし、いい女だったので興味を持っていました。
しかし親友の好きな女性だったので私は手を出す事は出来ませんでした。
私が風邪をひいて日にSが私のアパートを訪ねてきました。
Sは私のためにご飯を作ってくれました。
料理をするSを後ろから眺めているうちに襲いたくなってしまいました。
私は料理しているSの胸を鷲掴みして、下半身に手を入れました。
Sは一瞬驚いて抵抗しましたが、力では勝てず押し倒してしまいました。
私はSに私の事を好きかどうかを聞いてきました。
やりたかったので、私は好きだっていいました。
Sは素直に自分から服を脱ぎ始めました。
私は最初にSにフェラチオをさせました。
友人への罪悪感を感じると思いましたが、全然感じませんでした。
むしろ友人が好きな女性が自分のペニスを咥えているのを見ているのが快感でした。
Sはセックスが上手かったのでいろいろな体位で一日中しました。
私ははめどりをしてみたくなり、携帯で撮影しました。
こうなると私はこの動画を親友に送ったらどうなるかやってみたくなりましたが、Sに止められて送るのをやめました。
それからは親友の相談にのりながら、Sと何回もセックスをしました。
親友の相談に乗りながら、Sに乗るのが快感でたまりませんでした。
特にザーメンを飲ませたりするのが、私は好きでした。
Sとは学校卒業後に自然消滅しましたが、親友とはまだ仲良くしています。
私は親友の好きな人を寝とるのがこんなにも気持ち良い事だとは思いませんでした。

パートのお姉さまは剃られています


パートのお姉さんでも上手く行きますと出来ます。朝の時間帯の人じゃなくて昼の時間帯のパートさんです。最初は紙コップの飲み物を奢っていただけなんですが、それも5回くらい奢ると話が少しわかってきて、面白いです。そして紙コップの飲み物が喫茶店になり次は居酒屋さんになります。もちろん店の近くは駄目ですけれど。離婚歴のある人ですが居酒屋さんに誘うのは2回目です。だいぶ慣れて来てそんなに酔わなくてもと、そのままホテルへ行きました。独り者なので待っている人は両親ぐらいでしょう。遅く帰るとだめでしょうから早めに帰してあげないといけないし、だからと言って脱がせてしまえばもう成り行きですね。ベッドに入りキスをして一通りの愛撫をして、今日はいきなり入れました。

すると顔が少し変わって右手の人差し指が口に、そしてはぁぁとため息のような声を出し始めました。それで楽しんで後は後背位で突いていたんですが抜くと液体が。ビールを飲んだのか濡らしてしまっているんです。みっともないですねと言うといやぁん言わないでと言っていました。それで続けて正常位でしてやるといくいくぅうううと、お酒の入っているのもあってか喜んでいました。それでとりあえず休憩。風呂に入らないといけないし、かと言って遅く返すのは良くないし、しかしやはりシャワーだけでは駄目なのでタバコを吸っている間にバスに入ってもらって待っていました。私も洗わないといけないので。それで完全に女にしようと、アンダーのヘアを次は剃る事にしてホテルを後にしました。それでセフレとして剃って時期を見てやっています。

ボテ腹の高身長美女との熱いひと時


 これは、自分が体験した事です。あるセックスフレンドと一回限りのセックスをすることになったという話です。ネットの出会い系サイトで、とある女性と知り合うことになりました。その女性は、身長が百七十センチ近く有り顔は物凄く美形。だけれども、身体はデブでボテ腹だけれどもIカップ位在る爆乳はたまらなくエロかったです。都内のとあるラブホテルの前で待ち合わせをすることになり、数分後に自分の前に比較的髪の長い綺麗な女性が現れました。自分は、その女性を見て誰かと待ち合わせでもするのかと思って、無視していました。
 すると、女性は自分の方に近付いて来ました。ネットでプロフィール見たのですけど、女性は自分に声を掛けて来たのです。それで自分は驚きながら「はい」と返答。すると、女性は自分に一礼をして手を繋いで早速ラブホテルに行くことになりました。ホテルで受付を済ませて、そのまま部屋に入って女性に言われるがままに全裸となりました。
 女性は、私の身体にネットリと抱き着きながら服を脱がせました。自分は全裸となり、女性はその場で服を脱いで「先に風呂場に行っててくださいね」と言いました。それで、自分は言われるがままに風呂場に行ってしばしば待つことにしました。暫くして女性が髪を結った状態で登場して、風呂場に置いてあった「椅子」に座らせて身体を密着させて隅々までを洗ってくれました。洗っている最中、女性は執拗に自分の身体にキスをしていました。女性に身体を洗ってもらってからは、風呂に入るように指示されて風呂に入る事にしました。
 風呂に入ると、女性は躊躇することなく男性器を舐めて来ました。自分は女性の舌使いの上手さに感心してメロメロになりました。風呂から上がるとベッドに招かれて、女性に言われるがままにうつ伏せにされました。女性は全身をローション塗れにして自分に抱き着きました。そして、躊躇することなく尻部を舐めて来ました。
 「この人、かなりエロいな」と思いました。女性は男性の性感帯とされる秘部を執拗に性的に刺激。やがて自分は興奮して女性に抱き着きました。女性は喜んだのか、ネットリとディープキスをしてくれました。そして、特製ローションを持参したと言って、それを自分の男性器に塗りました。すると、自分の性器はギンギンになりました。「勃ちっ放し」の状態となって、女性に執拗にシゴかれてとりあえず射精。
 その後、きちんとコンドームを装着して女性とエッチをする事になりました。女性の豊満な身体と密着し、抱き着いてディープキスをしながらのエッチとなりました。そこで女性のボテ腹とかを執拗にモミモミしたところ、女性は感じたのか激しく腰を振りました。これには耐えられなくなったのか、勢い良くコンドーム内で射精をしてしまいました。とにかく、女性は物凄くエロかったので、機会が在ればまた何処かで会いたいと思っています。本当に楽しかったです。

自分のSNSを駆使して出会いを「作る」環境を整える


セフレ作りに一番適しているのは今の時代やはりインターネットを使うやり方がベストです。それも出会い系などのサイトでは無く、自らが発信者として「~について語れる方、お友達になりましょう!」といった言い回しで自分のブログやらツイッターやらでアピールしていきます。比較的女の子に興味のあるスイーツ系やジャニーズ系などで話を盛り上げると良いと思います。
または「~に出来た新しいお店、超おいしかった!」などと紹介するのも良いと思います。だけど単純に女の子の食い付きのための紹介ですので、そこはある程度の伏線を張っていないと意味がありません。
ブログなどのTOPページの下部に「気軽に集まれる~の会」みたいな実際に会って興味のある事柄について話しあえる仲間を募集するタグなどを載せます。
セフレに会うためというよりは、セフレにさせるという感覚のほうが正しいと思います。実際に僕はまったく遊んでいないような子を何人もセフレにしてきました。
セフレ作りには自らが情報提供の発信者となることが前提です。実際に美味しいスイーツや話題のレストランなどは本当に読者にとって役立つ話であり、騙している感じではありません。
プラスアルファとしてもっと親しくなりたいという意味でオフ会を設けるだけの話です。単純に女の子の友達が増えるのは決して悪いことではありませんし、そこから他の繋がりでセフレに結びつくかもしれません。
セフレに会うのではなく、初対面の女性と会って徐々にセフレにしていくという流れがポイントです。そのためにはSNSが役に立ちます。

セフレ探し


私は出会い系サイトでセフレを探しました。
もともと友達が少なかったので、体の関係を作れるほど
仲の良い人が欲しいと思っていたからです。
ネットだと相手の顔が分からないので、もしも変な人が
セフレになってしまったらという恐怖もありましたが、理想のセフレに
出会えることを祈って書き込みを続けていました。

私の書き込みに反応してくれる人の中には、初めてのやりとりなのに
セックスできる?と聞いてくる人もいました。そういう人には勿論返信もしないし、
怪しいと思っていました。
ちゃんと自己紹介をしてくれて、優しいコメントや時には厳しいコメントをくれる人とは
仲良くしていました。

そんな人の中から、近くに住んでいるという人の家に遊びに行くことにしました。
いつもコメントをくれるその男性とは、掲示板以外にもメールなどでやりとりをしていたし、
顔も知っていたので一番信頼できる関係にありました。
私の事を車で迎えに来てくれた時は王子様みたいだなと思いました。
顔も素敵だったので、実際に会ってますます好きになりました。

彼は家でお菓子を出してくれたり、いつも通り一緒に話をしました。
ネットと現実で裏表がないので、本当にこんな人がいることに驚きでした。
彼は一人暮らしだったので、ずっとふたりきりで楽しめました。
そのため、セックスも周りを気にせずすることができました。
ベッドに押し倒されて、噛みつくようなキスをされた後すぐに挿入されました。
初めてものが入る感覚は痛いだけでなく期待していた快感もあり幸せでした。
中出しされた時は本当に嬉しかったです。

彼との関係は前より親密なものになりました。
セフレ探しに成功してよかったです。

オタサーのセフレ


私は大学で軽音楽部と芸術部を掛け持ちしていたことがありました。
軽音楽は以前から挑戦してみたいと思っていたし、絵を描くのが好きなので
芸術部にも所属していました。
しかし、女子部員がいるから安心してねと言われて入った芸術部は、オタクだらけで
オタサーと言われるところでした。

オタサーでも絵が描ければ満足だと思っていたのですが、私に色々なものを
買ってきてくれたり、近づいて話しかけてきたりするのが怖く感じました。
必要以上にちやほやされることは望んでいないし、褒めるなら作品を褒めてほしいと
思うようになりました。
特にオタサーの中でも私を好いていた先輩は私と一緒に行動していて、友人たちからは
彼氏と思われていました。

ある日一緒に帰った時、「軽音楽部って部内恋愛禁止なんだよね、ということは彼氏いないの?」と
聞かれました。付き合ってしまうことになったら嫌だなと思い、私は彼氏がいると
嘘をつきました。すると、「じゃあセフレになろうか」と言われました。
そのままホテルに連れていかれ、セックスすることになりました。
彼はずっと私とセックスをすることを望んでいたらしく、相当興奮していました。
すごく勃起していたので怖かったです。
頭を撫でられて体をたくさん触られました。言葉攻めされて恥ずかしかったです。
生で挿入されてしまい、私は泣きながら喘ぎました。ビデオにも撮られていたようです。
中出しされた時は怖かったけれど、同時に気持ちいいと感じてしまいました。

彼とはまだセフレの関係が続いています。体は寂しくないけれど、
早く幸せなセックスができる彼氏が欲しいです。

友人がセフレとの出会いのきっかけです


私にはエッチな事しかいつも考えていない友人がいます。
その友人は因ると触るとエッチな話ばかりをしていて、私はいい加減飽き飽きしていたのです。
友人には、セフレを作れると言うサイトで知り合ったセフレが居ました。
私がセフレと言う存在を知ったのも、彼のおかげなのです。
その友人が私にも、セフレを紹介してあげようかと言い出したのです。
私はセフレと言う存在にあまり関心がありませんでしたから、一度は断りました。
ですが友人は無駄におせっかい焼きなので、私が断ったにも関わらず、一人のセフレを紹介してくれたのです。
彼女は見た目は悪くなく、私の好きなタイプの範疇でした。
紹介してもらった以上、ココで断ったら彼女に嫌な思いをさせる事になるので、私は彼女とエッチをしました。
私には彼女はいなかったのですが、特段エッチをしたいとは思っていませんでした。
それでも彼女とのエッチは思っていた以上に気持ち良く、私はセフレと言うのは良い物だと思ったのです。
これ以降私は彼女とセフレ関係と成り、お互いがエッチをしたい時に会って、気持ちの良いエッチを楽しむようになったのです。
彼女は色々なプレイをするのが好きで、会う度にプレイを変え、その度に違った快感を味わっています。
私もそんな彼女に応えようと、持てるすべてのテクニックを彼女にしてあげるようになりました。
初めはセフレに関心のなかった私ですが、今ではすっかりセフレの虜となってしまっているのです。
こんな素敵なセフレと出会わせてくれた友人には、感謝してもしきれないと、今は思っています。

女がセフレに落ちる時と去る時


彼女とはSNSで知り合いました。
知り合った当初はただメールするだけの関係でしたが、ある時彼女から呑みに行きたいと言ってきました。
私もちょうど顔を見てみたかったので、呑みに行くことにしました。
彼女は、いまどきの女性でした。
会ってたくさんの事を話しましたが、私は彼女とセックスをしたくて仕方ありませんでした。
終電が終了したので、これはホテルに行けるとわくわくしましたが、彼女はタクシーで帰りました。
彼女から元カノの話ばかりしていたので、今日は帰った方がよいと思ったとメールがありました。
2,3日後、突然彼女からメールがあり家で呑んでいるから来ないかとメールがありました。
私は急いでお酒を買い彼女の家に迎いました。
期待に胸を膨らませながら、股間を膨らませて、道中どんなプレイをしようか妄想しました。
彼女の家に着くとお酒を呑みました。
お酒を何本か呑むと彼女の方からベットに誘ってきました。
私は彼女に触りキスをしながら、胸を触り、下着を脱がそうとすると、そこで止められました。
そして、その日は帰り次の日に彼女からまた連絡があり、いつものようにお酒を買って行きました。
彼女は、また同じようにベットに入り誘うで、今度はキスをしながら無理やり下着を脱がせました。
彼女は抵抗しましたが、いろんなところを舐めていると彼女から「入れて」と言ってきました。
その日は彼女に、3発花火をぶちまけました。
それから、3ヶ月間ほぼ毎日彼女とセックスをして、精液がなくなるくらいセックスをしました。
彼女とのセックスは楽しかったです。
声を大きく上げるので、思い切り突いてあげました。
父の病気で病院に行ってしばらく連絡が取れなくなると、彼女からメールでさよならと連絡がありました。
彼女は結婚するとのことでした。
もう彼女とセックスする事はありませんが、今でも思い出すと彼女とセックスしたくて仕方がありません。

セフレは自然に出会えます。


若い頃からそんなに女性との出会いは多く無い方でしたが、如何いう訳かセフレになりそうな女性との出会いはピンポイントのように出会いが有るのですが、そもそもセフレとして女性と出会う訳でなく偶々居酒屋などで隣の席に居た女性などと雑談から別の店に移動して飲み直しをしたりすると、お互い酒も入っておおらかになり軽い感じにラブホに入ってしまい、セフレとしてお付き合いをしていますが、あえて此方からセフレを見つけようとしているのではないのですが、上手い事次から次にセフレが出来ていくのですが
複数人のセフレとずっとお付き合いをしていますが、全くセフレが無くなった事は有りませんし、絶えず新しいセフレに入れ替わってますのでいつも新鮮な関係で付き合っていますので、よく友人などから冷やかされますが自ふんから行動を起こしてセフレになる女性を探した事がないのですが、全然知ら無い女性と席に居合わせた時に付き合いが、始まり自然にセフレとしてお付き合いが進行していく事が多く、私自身体型も普通の体型ですし背丈も差ほど高くない極普通の男です。
セフレとの出会いの場所は、繁華街のゲームセンターとかパチンコ店・スタバ等と夜は食事の為に海鮮居酒屋などによく行くので、隣の席とか合席になった時にぶっつとして、食べたり飲んだりしている訳にもいかないので、少し会話などをはさむといつもどういう訳かその女性とその日に男女関係まで出来てしまいますが逆に考えれば私が都合の良い男かもしれませんね。

都合のいい関係


もともと縛られるのが好きじゃないので、楽に性欲を満たせて縛られない関係を築けそうな相手を常に探していた。
そうなると彼氏募集中という女より、彼氏とマンネリ中ですとかセックスレスの人妻とかの方が変に束縛することもなくて楽だと思い、だからと言って出会い系はちょっとと思ったので飲み会や女同士で飲んでるグループなどにとりあえず話しかけてみてよさそうな女を探そうと思った。
そんな中出会った人妻Aは友達2人と飲みに来てて、自分も友達と飲んでいたのでとりあえず話しかけてみた。
そしたら旦那に対する愚痴が次から次へと出てきて、新婚なのに旦那が不在がちでレスぎみだと聞いた瞬間これはいけるんじゃないかと思い、愚痴ならいつでも聞くからってことで連絡先を交換した。
基本は聞き役に徹底し、そして共感することで次第に俺に対する警戒心が薄れてきたところで旦那が不在の時に飲みに連れ出し、そのあとホテルに連れて行くのは簡単だった。
年齢は30前後だから全然許容範囲で、むしろ若い子よりもちょっと脂がのったくらいの方が好みだったから期待大だった。
最初は多少恥らいながらも今までたまっていた欲求が爆発したかのように求めてきたので、こちらもかなり興奮した。
でも一回した後に少し冷静になった自分に気づき、今後もし関係を続けるのであればセフレ規約じゃないけど、面倒なことにならないように話をしておこうと思った。
簡単に言えば、お互い欲を満たす関係だからそれそれ以上は望まないことというような感じで相手もOKを出した。
それから特に自分からは連絡しないけど、旦那の不在の時などに連絡がくるようになり定期的には会ってる。
あまりにも自分にちょうどいい関係だからしばらくは抜け出せないかも。
もし他にも条件に合うのが見つかればそっちも手を出してしまうかも。
ただ、少しでも面倒なことになりそうなら早めにさよならしようと思う。
自分で時々腐ってるな~と思いながらきっとなかなかやめられないんだろうなと思う。

飲食店経営の年上男性と


セフレって結構簡単に作れるんです。
私は一年ほど前に上京してきて一人暮らしが寂しくスマホアプリのコミュニティに参加しました。
初めは友だちを作るのが目的でした。
コミュニティのなかでは同じ思考や趣味の人たちとの輪であるサークルがたくさんあります。
そこで、私はオフ会のサークルにいくつか参加しました。
そのなかで大人のオフ会というサークルがあり、そこではアラサー以上でなければ入れないという制限がありました。
私は純粋に年上の友達も欲しいと思いそのサークルに参加しました。

そして、オフ会である男性と出会ったのです。
彼とは偶然席が向いだったのですが、彼は未婚で40代、飲食店の経営者でした。
私は自分が食品メーカーに勤めているので、彼の話に興味がありケータイ番号やラインのIDを彼から教えてもらいました。
それから会って自分の仕事や彼の仕事について話すことが増え、彼と身体の関係にまで自然と発展しました。
月に数回は彼と会ってエッチしますが、不思議なことに私は恋愛感情が彼にありません。
エッチの最中に愛しいと思ったこともありません。
友達感覚で性欲処理の相手として常に彼を見ています。
その方が様々な面で楽なのでおそらく彼もそうでしょう。
私はセフレから恋人に進展して結婚する可能性もあるとは思うので、彼との関係は今のままで満足です。
そのうち、彼とのエッチにも飽きてしまうかもしれませんしね。
そのときはただの友人として彼といたいと思います。

キャッチからのセフレ


私がセフレと知り合ったきっかけはキャッチでした。
バイトから帰る際にキャバクラの呼び込みをしていた男性に
話しかけられたのが始まりです。

その男性は20代くらいで金髪のチャラい印象が強い人でした。
キャバクラで働かないかと聞かれましたが、さすがにそういう所で
働くのは怖いと思い断りました。
彼はせめて連絡先だけでも教えてほしいと言ってきたので、LINEを
教えておきました。

その後、彼から最近の調子はどうかと連絡が来て、よかったら
遊ばないかと誘われました。近所のカラオケ屋に行くことになったので
歌うのが好きな私はあっさりOKしてしまいました。

彼は約束通りに来てくれたし、私に優しくしてくれました。
服には気合を入れてきたので褒められた時は嬉しかったです。
あまりよく知らない男性と二人きりは心配なので友人にも来てもらいました。
カラオケはいつも通りに楽しめたし、彼と話すこともできてよかったです。
帰りは彼と方向が一緒だったので、友人と別れることになりました。
彼は私ともっと遊びたかったようで、手を引いてどこかに連れていきました。
その先がホテルでした。

彼は私をキャッチした時からセックスしたいと思っていたそうです。
ちょっと乱暴にされましたが、刺激的で気持ちよかったです。
おもちゃもたくさん持ってきていて、本当にこうしたかったんだなと思いました。
激しくて喘ぎ声が止まりませんでした。中出しされた時は嬉しかったです。

キャッチで知り合った彼とはセフレの関係が続いています。
刺激的なセックスができて楽しいです。