ドMのセフレに強制フェラをさせた

僕は見た目は気弱そうに見えますが、性的な面ではドSです。
セックスでもその欲を出したいのですが、やっぱり彼女とのセックスでは遠慮してしまったり、嫌われたくないので抑えてきました。
そんな僕にネットで知り合ったドMのセフレができたので、その女を利用して今までの性欲をすべてぶつけることにしました。

シャワーなど浴びずに即フェラなんて当然です。
最初こそ抵抗する素振りを見せましたが、硬くなったアレで頬を叩くと間もなくして全てに服従するようになりました。
まずは口の中に突っ込んだまま腰を振り、膣を犯すのと同等にピストン運動です。
んぐ、んぐという声にならない声と口から洩れる唾液、そして何かを訴えかけるような目つきがたまりません。

さらに喉の奥までねじ込み、そのまま首を押さえて静止。
息苦しさと屈辱からなのか「ンンー!ンンー!」と叫びながら足をジタバタさせて抵抗してきます。
いったん放してやると、ハァハァと息を整えて涙をポロポロと流し始めます。
そんなことしたら止めるどころか余計に興奮してエスカレートさせてしまうということが理解できていないのですね。

すぐに再開し、ピストンと喉の奥での静止を繰り返し、いよいよ耐え切れなくなったところで勢いよく射精。
その時の「ンン?!ぐええ!うっ!ンー!」という断末魔のような絶叫は忘れられません。
すべてを飲み込むまでずっと首を抑え込み続け、数十秒後にようやく解放。
感想を訊ねると「苦しかった」としか言いませんでしたが、またやっていいかと聞くと黙って頷いてくれました。