ナンパって思っている以上に難しい

情報誌や出会い系ネットサイトでは、ナンパで知り合ったという口コミも多い。

しかし、実際、そんなに簡単なものではない。

全国各地にナンパスポットが存在する。

しかし、一時期みたいに人は、集まらなくなっていると思う。

昔、ナンパスポットには、週末、車が集まっていた。

都市部では、人が集まっていた。

今は、スマホでSNSを使えば、ナンパも逆ナンもできる。

顔だって写真で送る事が可能である。

だが、実際、ナンパの達人というか一日限りの夜を多く過ごす男性は、存在する。

彼らは、ナンパスポットに通ったり、SNSサイトを使うわけではない。

駅前で声をかけたり、出合いサイトを使ったりする。

百発百中ではなく、数打ちゃ当たる。

たぶん、そんな感じに思う。

ナンパスポットは、興味本位や声を掛けられたくて行く女性が多い。

むしろ突然声を掛けられる方が、嬉しいようだ。

また、都会なら、終電を逃した女性や家に帰りたくない若者を狙えば、確率が高い事だろう。

ナンパスポットは、本当に会話だけして終わる場合が多い。

男性と女性とでは、モードが全然違うのである。

だいたいそういう所に来る男性は、ヤリチンであり、ただで遊びたい男達である。

まあ、どっちもどっちという感じであろうか。

駅で声を掛ける。

連絡先を交換する。

この方法が、お勧めである。

勿論、その日にHをする事は出来ない。

しかし、H目的でなく交際に発展する可能性もある。

これが、ナンパスポットとの違いである。

今は知らないが、カラオケボックス等もナンパに成功しやすい場所である。

ただ、そこで一緒に歌って終わりとなりやすいのが難点である。

夜、遊べるスポットでは、逆ナンされる場合もある。

逆ナンと言ってもホテルに行かないという誘われ方はしない。

カラオケ行かないとか飲みに行かないとかである。

ルックスに自信があれば、逆ナンされるのを狙うのもいいかもしれない。自信が無ければココの出会い系サイトがオススメ。