ハプニングバーでかなり気分よく楽しめました

ハプニングバーでかなり気分よく楽しめました

この間ハプニングバーに行くと、バーのところに結構巨乳の女性がいました。外でならナンパは無理目の相手ですが、ハプバーならと思って声をかけると、あっさりOKです。

喜び勇んでおくに入ります。
巨乳をむき出し、早速揉み、舐め上げます。
「そうだ、挟もうか」
しばらく弄っていると、あっさり言ってくれます。
すでにガチガチの一物を突き出すと、頬を緩める女性。
「わ、彼氏のより大きい」
こんな巨乳女性と付き合っているのはそれなりの男でしょう。
しかし一物は私が上。
実にいい気分です。

私のは人並みなので、単にその彼氏が小さいだけという気もしますが、パイズリされているとそれも忘れてしまいます。
「どう? 出そう?」
涎を垂らし、潤滑油にするやり方は手馴れた物で、行く寸前にまで追い込まれます。
攻守を変え、クンニ。
そして挿入。
「んんっ、大きいっ」
「なんだって?」
バックでのしかかりつつ、たずねます。
「ナニが、誰のより大きいって?」
「もう、ペニスがでっかいっていってるの。彼氏より!」
後ろから抱きつくようにして乳房も揉み上げます。
相手をいかせて、自分も放出。

二回目も当然、その巨乳女性を相手にしました。普段ならパートナー交換が出来ないか考えるところですが、いい女性をせっかく引っ掛けたのだからと自然に先に進んだ形です。
今度は顔が見えるように正常位。やはり美人とするのは気分がいいです。
巨根だといわれながらならなおさらで、その日はかなり気分よく楽しめました。



ハプニングバーでの性欲が強そうな相棒


バーの部分に三人の男女がいました。
女性二人に、男性一人。

男性は結構奥手な感じで、中々自分から声をかけられない感じです。
そこで、ということもありませんが人数のバランスを取るのにまず彼を誘い、女性二人に声をかけました。
二対二の方が女性二人に私一人より着てくれやすく感じたのです。
狙い通り、二人はOK。
プレイルームに行く途中、男性に礼を言われます。
こちらも利益になったので、別に感謝されるいわれはありません。
が、確かに私も中々声をかけられないタイプなら、こういう場合感謝するでしょう。
後から来た男一人に女二人をさらわれることもありえるのですから。
奥に入ると、当然のように相手をする女性をどっちにするか選ばせてもらえます。
明白に選択してといわれているわけではありませんが、三人がこちらを見て出方を伺っているのです。
片方は結構美人で、片方は胸が大きめです。

ここはするだけなので、巨乳のほうに近付きます。
脱がすと思った以上に巨乳で、当たりだと思えました。
奥手な男性はその分むっつり系なのか私が挿入に移ってもまだクンニをして、女性の股間に顔を埋めていました。
何度ももう入れてと懇願されても、まだ舐めたいとしがみ付く勢いです。
奥手だからパッとしないかも、と美人は思っていたのかもしれませんが、彼女にとってもこの組み合わせは当たりだったのではないでしょうか。

私も当たりと思ってもらえるように、正常位から片足を抱え上げ、横に向けて別の部分をゴリゴリ擦り、また後ろ向きにして満遍なくおマンコを擦りまくって行かせます。
終わったとき、まだ横では挿入に入ったばかりでした。
パートナー交換をしようと思っていたのは当てが外れましたが、巨乳に挟んでもらって二回戦目の準備をしているとそんな事はどうでもよくなります。
結局、私は二回終わった時点で店を後にします。奥手の方はまだ二回目に入った所で、多分三回か下手をしたら四回やるのではないかな、となんとなく思いました。



ハプニングバーで人前でヤル快感


遅咲きの大学デビューで童貞を捨ててから、今までの分を取り返すわけじゃないんですけど目覚めてしまっていろいろな子と楽しむようになりました。

彼女はもちろんですけど、彼女って枠だと確実にヤレるってわかってからは面白くなくなってきて、ツレの彼女とこっそり飲みに行ってそのままヤッたり、バイト先の人妻と仲良くなってホテルに行ったり楽しませてもらっていました。寝取りだったり、どこかで罪悪感のある秘密の関係ってものにそそられるみたいで、あるときは家で鍋パをやったんですけどそのときにたまたま隣になったバイト仲間の彼女にこたつで隠れているからってことで攻めてみたら、彼氏と話をしているくくせに触らせてくれたりして、こっちがどんどんそそられました。

その子と2人きりになることがあって彼女も寝取られることが好きらしく、ハプニングバーに行かないかと誘われて人生はじめて行ってきました。エロいだけの人がただ単にエッチをするだけだと思っていたら、普通に話しをしていつのまにか誰かが攻せめているところにどんどん加わっていったり、見るだけで興奮している人などがいてこの世界の広さというか面白さにのめりこむようになりました。知らない人と絡むことの楽しさもあるんですけど、自分の知っている人が他人にせめられて喜んでいたり、複数の人が加わって自分が今までにやったことのないプレイをしている姿に興奮しました。

ハプニングバーはストレスを発散したい人のための場所という人もいるかもしれませんが、私にとってはいろいろなことを楽しんで開放できる素晴らしい場所だと思っています。