ハプニングバーですぐにフル立ち

ハプニングバーのプレイルームはいつも通りいくつかのグループがすでに始めていました。
私と一緒に来た女性も早速手持ち無沙汰の人に声を掛けてグループを作ります。
私を入れて男性三人、女性二人の組になりました。
私はもう一人と一緒に一人の女性を相手にします。
五人集まった意味が無いようですが、近くにいれば刺激にもなりますし、交代も容易です。
早速、乳繰り合いを始めます。
そしてすぐに行為に入ります。
乳房をもみ、口付けをして、押し倒します。
二人がかりで乳房を左右から揉み、相手は早々下に移っていきます。
別のところを同時に責められ、彼女の反応が激しくなっていきます。
たまらず、顔に一物を突きつけて咥えてもらいます。
下のほうも、すでに本番に入っていました。
串刺しのような形になり、女性の目が激しく燃えます。
本番が終わると、私も交代。
すでにしっかり濡れた女陰に一物を突っ込みます。このスピーディーさもハプバーのいいところでしょう。
ズンズン突っ込み、体位も変えていきます。
フェラしつつ体位を変えられるのは結構大変でしょうが、それも楽しさのうちと遠慮なく行きます。
私が本番を終えると、横から別の女性が話しかけてきます。
彼女にフェラしてもらうと、すぐにフル立ちに。
やはりもう濡れている彼女にさっさと本番。今度は四つんばいにさせて後ろから深々と。
激しく突いていると、別の男性が声を掛けてきて、フェラをしてもらい始めます。
自分が多少単調でも、人が入ってきてくれることでメリハリが出る、それもこういう場の嬉しいところ。
楽をして変化を楽しめます。
やはりハプニングバーは楽しいものです。



ハプニングバーは交換プレイを思う存分できる場所

ハプニングバーは、ハプニングが起きることが、快楽そのものにもつながっているんですよ。
自分の嫁が他の男と目の前で交わりながら、自分のをシコる快楽ときたら、これはこの上ない気持ちよさなもんで。
ある意味、新規の女のアソコに入れるよりも最高な刺激になりますね。
自分の嫁が交換プレイとか自分の前でやってくれると、背徳感と悔しさが入り乱れの中でオナれるのは新しい快感でくせになります。
この心地よさと強烈な快感を味わいたいがために、ハプニングバーに通いつめているようなもんです。

家でも、ハプニングバーでの光景を思い浮かべながらやるセックスは、いつにもまして強い快感が襲ってくるので、俺も嫁も連続イキなんてこともあります。
話はハプニングバーに戻りますが、交換スワッピング願望のある人は、ハプニングバーに行ってみるといいですよ。
前提としてはパートナーと強い信頼関係がなければ難しい面もあるとは言えます。
でも、ですよ。逆に冷え込んできている関係だとか、マンネリ気味カップルにも是非体験して欲しいのがハプニングバーです。
目の前で寝取られている相手を見ているだけで、逆に自分の物なんだって確認をしたくなって、普段のHでも欲情しっぱなしになるんで。

性的にもより深いところから成熟できる場所、それがハプニングバーですね。俺の経験上言えることは。
ハプニングバーに通いだしてからけっこう経ちますが、シングル女性も来ているので一人だけど行ってみたいって女性も飛び込んでみるといいですよ。
最初はバー席で飲んでいるだけでもいいので。それで、最初の頃は恥ずかしがりだった子も、嫁の前で俺と初心者だった女性が交わっている姿を見せながら、嫁が俺と相手の女性のプレイを見ながらオナっている姿を見ると。
それだけで興奮と快楽度数は倍増になって、いつもよりも大量に発射してしまいます。こういうプレイになると、つい相手の女の胸に大量に出して自分のパートナーに見せたくなるんですよ。そうすると嫁は普段のHでも、大量の潮噴きをしてくれます。



ハプニングバーに行ったことある?

職場での飲み会で解散になった後、上司と駅に向かっていました。
仕事が出来て、優しくて、カッコよくて、私は密かに彼に憧れていましたが、彼は既婚でしたのでどうにもなりませんでした。
歩いていると突然
「ハプニングバーに行ったことある?」
と聞かれ、名前も聞いたことがなかった私は、
「手品を見せてくれるバーですか?」
と聞いたら、カップルで入ると安いから、と言われ、ついて行きました。
お金は上司が払ってくれ、入ってみると、手品とは何の関係もないことが分かりました。
驚きすぎて何も言えないまま、流されるがままにプライベートルームで誰かがSEXしているのを2人して見ていました。
上司はお~!とかすげー!とか言いながら笑っています。
これは遠回しのお誘いなのかな、と思いながら、何だか変な気分になってきました。
「怒った?」
と聞かれて首を振ると、後ろから抱き付かれました。
「入ろう」
と誘われ、プライベートルームに。人のいない隅の方へ抱き合いながら歩き、立ったままキスをしました。
「ずっと好きだった。」
と告白され、もう止まりませんでした。
立ったまま後ろから胸を揉まれ、性急にアソコをいじられました。
「濡れ濡れ。嬉しいんだけど。」
そのまま、彼はしゃがみこみ、私のアソコを舐め始め、私はあまりの快感に壁にもたれかかって体を支え、あんっ・・あんっ・・とあられもない声を出し続けました。
彼はよだれとお汁が入り混じった顔を上げると立ち上がり、軽く拭くと、またキスをしてきて、そのまま後ろを向かされ、立ちバックで挿入されました。
「ああんっ・・〇○さん!私も、ずっと好きだったんです!ああっ・・」
「本当か?お前、隣の部署の□□と噂になってたから・・」
「ええっ??初耳です・・あんっ・・〇〇さん!気持ち良い!好き・・」
「俺も好きだから・・」
ガンガン突かれ、キスもいっぱいして、2人ともいってしまいました。
2人で抱き合ってまたキスして、そのまま私の家へ行き、またラブラブでHして、その後付き合い始めました。
不倫だったけど出来る限りすごく大切にしてくれて、付き合ってる期間は、かなり幸せな時間でした♪

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!