ハプニングバーでの一夜

僕は、この日、久しぶりにハプニングバーへ訪れた。
刺激が欲しくなったためだった。
以前の仲間にも再開した。
ある女が僕を待っていた。
その女が僕に近寄ってきた。
年齢は、28歳になっていた。
僕が最後にこの女に会ったのは、
女が、25歳の時だった。
また、ここで再開し、僕を待っていたとは、
驚いた。
僕とのセックスが、忘れられずにいたのであろうと
思った。
そして、カウンター席で、一緒に酒を交わし、話をした。
時が戻ったようだった。
28歳になり、この女は、色気を増していた。
バストも巨乳だったが、さらに成長したのではないかと
思えた。そして、相変わらず、長い脚が綺麗だった。
くびれは細く、かなりエロい身体の持ち主だった。
ただ、僕は、今夜は、複数プレーをしたかった。
この女に見入っている男達が何人も周りにいた。
僕が、女に言った。
僕と今晩する?
女は、答えた。うん。したい。と。
そして、続けて行った。
以前の晩より刺激的な体験をさせてあげれるよ。
君一人に、男性が複数。
皆が、君の虜になるのさ。
どうかな?
と尋ねた。
それが、今夜のあなたの望みなの?
と女は言った。
うん。まあね。と僕は答えた。
いいわ。と女が答えて、
男達に声をかけて、
この女とセックス部屋へ行った。
僕のリードで、エッチが開始された。
女の手首を掴み、キスをした。
そして、おっぱいを揉みしだいた。
他の男達も、女の身体に触れ始めた。
数人の男達の手が、一人の女の身体に、
その光景は刺激的で興奮した。
女も感じていた。
そして、代わる代わる僕達男性陣は、
女のおまんこを味わい尽くした。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です