ハプニングバーでの座位は楽しい

ハプニングバーに行って一番恐ろしいのは女性が引っ掛けられず、バーの部分で待たされることだと思っていました。
しかしそれは違いました。
一番怖いのは誰も来ないことです。
声をかけて努力する余地も何もないのでは、まったく無意味です。
一人で一時間以上待っていると、店の人も同情してくれて多少飲み物でもサービスで持ってきてくれますが、むなしさは埋められません。
そしてもう一時間経った頃、やっと人が入ってきます。
三十少しの、あまりパッとしない女性。

しかもハプバーに慣れている感じでもありません。
これは面倒くさそうというか、逃げられるのではないかと危惧します。
が、割とあっさり誘いにのってくれ、やっとプレイルームに入れます。
誰もいないプレイルームは寂しい物がありますが、出来ればいいのです。
人がいないのに多少困惑する女性は、ハプバーに来たことぐらいはあるのかもしれません。
それならばと、多少強引に迫ると問題なく応じてくれます。
服を脱がすと、胸は中々の大きさ。

揉んでいるうちに女性の呼吸も荒くなり、手マンの後で早々に本番。
とりあえず正常位でズンズン攻めつつ、途中で相手の体を起こして座位。
座位は正直疲れますが、抱き合ってしている感が強いので好きな体位です。
女性もまんざらではないようで、そのままついていけばいかせられそうな感じでした。
が、疲れてきたので再び楽な正常位に戻り、そのまま一気に行かせます。
終わってから一様周りを見ますが、本番中で見落としていたということもなく、新たに誰も入ってきていないことが確認できただけでした。
となれば、目の前の相手ともう一発です。複数とできるのがハプバーの味ですが、相手がいないのでは仕方ないことです。
女性もそれは承知していたようで、ごく普通に二回目に応じてくれました。
たまにはこういうこともあるようです。



ハプニングバーのフェラ大会

私はいくつかのハプバーを大体順繰りに回っていますが、その中の一つに名物女性がいます。
常連で、彼女が現れて喜ばない男はいません。
ハプバーで怖いのはプレイルームに入れずだらだら時間を過ごすことですが、彼女はその場にいる男全員に声を掛けてくれるのです。
そして全員と奥に行きます。この前も、その店に行くと名物女性がすぐにやってきました。
おおっ、と常連男性が声を上げます。そうでない普通の客の方はそれほど美人というわけでもない女性一人に声があるのを不思議そうに見ています。
が、すぐにわけを理解したでしょう。

「男の方全員、よかったら私と来てくれる?」
初めは驚き、全員といっても知り合いだけなのだろうと思っていたらしい男性も、戸惑っているところに彼女から声を掛けられるとあわてて立ち上がります。
常連であれなんであれ、ハプバーの客の男の不安は一つだし、それが解消される喜びも同じなのです。
わいわいとプレイルームに入ると、女性は恥ずかしげもなく脱いでいきます。
それでも、下着までで止まります。
それ以上は脱がせてもらったほうが盛り上がると分かっているのでしょう。
半裸の男たちが群がり、彼女を撫で回して全裸にしていきます。
そしてフェラ大会。
それで盛り上げると、彼女は布団の上に転がります。
「それじゃ、どんどん来て」
次々、男たちがのしかかっては相手をいかせるまで我慢しないと、などという気遣いなしに腰を使い、出しては交代していきます。

相手が一人だとがっかりとしか言いようがないされ方でも、相手が複数なら別です。
三人目四人目になると、彼女は自然と絶頂に上り詰めます。
それでも相手はつきません、私も十人目ぐらいに入り、気持ちよくピストン。
十人以上いるため、初めに出した相手も復活して輪に加わるため、エンドレスで犯され続けます。
二回した人も、三回した人もいました。
私は二回がんばって、体力のある人たちを見守りました。
終わったとき、女性はほとんど気絶せんばかりで半ば白目を剥いて痙攣していました。
これほど気持ちいめにあっている女性が世の中にどのぐらいいるのかと考えると、その名物女性は相当な幸せ者なのかもしれません。



ハプニングバーの予備知識

家が近いのでよくハプバーに行っています。
ハプニングバーと看板が出ているわけでもありませんが、そういうのが好きな人間にはなんとなく分かる雰囲気があるのです。
私も初めはまさかと思いました、家の近くにそういうのが出来るとは思ってもいなかったのです。
というかそんな風に考える人のほうが少数派でしょう。

しかし出来てしまえば、これが普通という風に考えるようになり、それを生活の一部として取り込んで暮らすようになります。
と、なんとなくそれらしくいっても、要は頻繁に行って上手いことセックスしているというだけです。
どこでもそうですが、やはり常連などになると普通よりは得が出来る物です。
店の人とも親しく話していればナンパも普通より上手く行く気もします。

特に始めてきたけど、どういうことが行われているのかは予備知識として知っている感じの女性は、普通なら無理目な美人などでもなれた常連の顔で近づいてサポートするような雰囲気を出せば着いてきてくれます。
この前もそういうおいしい子と出会いました。しかも二人連れです。3Pだ、などと喜ぶ私ではありません。それより、相手がいないで時間をつぶしている知り合いが一人いたので声をかけます。そうすれば、今度逆の立場になったときお返しがあるかもしれないし、そうならないにしても一人だけいい目を見るのはなんとなく不穏な気がするのです。

そうして四人で奥に入ると、丁度一グループが女性一人を中心に、男四人ががんばるという形で盛り上がっていました。
それを見学する形で近づき、女性たちが興奮し始めたところで自然な形で自分たちもしようという方向にもって行きます。
「あっ、す、すごい。こんなあったばかりの人と」
テクだの何だのより、状況に感じている風な女性。
多少引っかかりましたが、セックスできればまあ御の字だと思いました。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!