ハプニングバーでセックスのマンネリ化を・・・

ハプニングバーでセックスのマンネリ化を・・・

付き合って3年経つ彼女とは、今でもお互いに好き同士なのですが、付き合って一緒にいることが当たり前になってきたのか、異性としてお互いにあまり意識することはなくなってきました。
なので、セックスに関してはマンネリになってきたのです。
セックスに対しての刺激が欲しいと思うようになったある日、私はハプニングバーを知ったのです。

人に見られながらセックスを楽しむことができる場所だったらここだろうと思いました。
彼女を説得して2人でハプニングバーを訪れたのです。
身分証の提示は少し面倒でしたが、徹底していて安心できるところだと思いました。

中に入ると、至る所からエロいあえぎ声が聞こえてきて、私は興奮していました。
彼女も興奮したらしく、私の手をつかんできたのです。
早速プレイルームに入ると、キスから始まり、服を脱ぎあいました。

イチャイチャしつつ、彼女の裸を見たのもすごく久しぶりで、ドキドキしていました。
いろいろな人と喘ぎ声を聞きながらのセックスは初めてだったので、私も彼女もドキドキが高ぶっていたのです。

途中でほかの人も加わってきて、ほかの男性に体を触られている彼女を見て興奮している自分もいました。
ほかの男性におっぱいを愛撫されてエロい声を漏らしている彼女の中に私は挿入し、激しくピストンをしました。
すごく気持ちよくなってトロンとした表情は今でも忘れられないくらいに興奮するものでした。

ハプニングバーでセックスをして以来、私たちは月に1度はハプニングバーでセックスをするようになったのでした。



昼間のハプニングバーは狙いどき


人妻が大好きな私は、ハプニングバーを訪れるときには必ず昼間に行くようにしています。
仕事もシフト制の仕事なので、日中休みの時にはハプニングバーに行くようにしています。

昼間のハプニングバーは、ほとんどが人妻の方でいっぱいなのです。
なので、私の大好きな人妻とのセックスがたくさん楽しめるのです。

しかも、昼間の部は夜よりも安くなるので、すごくラッキーです。
店内には、セクシーなランジェリー姿の奥様たちがたくさんいて、いろいろな人が私を誘惑します。
中には、男女で激しくエッチをしている人たちも数人いたのです。

そのなかで、若くて可愛い女の子に話しかけると、彼女も気さくに話してくれました。
会話を楽しんでいるうちにどんどんエッチな会話になっていき、最近ご主人ともご無沙汰だといってきました。
主人のことは好きだけど、体の相性が合わないときっぱり言う彼女に、私は少し興奮しながら彼女の話を聞いていました。

子供の帰宅の時間に合わせて帰るようなので、彼女とのエッチをするまでの時間もそう長くはありませんでした。
楽しく会話を続けながらも、アソコをかき回し、クチュクチュと音を立てていました。
おっぱいは小ぶりな感じで、愛撫をするとすごく感じてくれます。
会話も途中でとぎれ、エッチなモードに入っていきました。

相手のいる人とするエッチは、寝取ったような気分がしてすごく興奮します。
後ろからのバックでおくまで思い切り突き上げると、激しく喘いでくれて、エッチ前のときとのギャップを感じました。
彼女とは時間の許す限りエッチを思い切り楽しみました。



上司に連れて行かれる刺激的なハプニングバー


飲み会のあとには必ずといっていいほどにハプニングバーに連れて行かれるといった流れになるのです。
この日の上司はすごく絶好調でした。

今回はいつも一緒なメンバーがタイミングよく早く帰らないといけない用事があり、私と上司の2人手ハプニングバーに向かうことになったのです。

上司と2人で行動するのが初めてだった私は、すごく緊張していました。
そして、最初は2人で一緒にお酒を飲み、時間が経ったころには、上司は女の子を物色しに席を立ち、別行動になったのです。

一人になった私は、お酒を飲んでまったりした後、女の子を物色していました。
すると、おっぱいの大きい女の子を発見。
すごく興奮しながらも近づいて行ったのですが、すでに相手がいるようでした。
しかし、女の子から手招きされ、私は悦んで向かうと、3人で軽くトークをして盛り上がってきました。

エッチな体験談やどんなエッチがすきなのかなど、軽い感時で話していて、女の子は激しい3Pセックスがしたいと言い出し、おっぱいをぽろっと出してきたのです。
私はごくりと唾を飲み込んでしまいました。

そして、女の子とキスをしていると、もう一人の男が女の子のアソコを触り、私とキスをしながらも、喘いでいました。
男がアソコをクンニしているときに私は両方の乳首を刺激し、女の子は四つんばいの状態で喘いでいました。

その姿を見るだけでも大興奮の私。
そして、2人同時で2つの穴を攻め、最終的には3人でフィニッシュをしたのでした。

奇妙なことにもう一人の男とも意気投合し、仲良くなった私たちはハプニングバーで出会ったときには必ず3Pセックスをして燃えるようになっていたのでした。