ハプニングバーでハーフ美女と

僕には、周りも羨むハーフ美女のセフレのエリカがいます。
僕は、エリカを誘って、ハプニングバーへ行くことにしました。
僕達は、電車通勤内でも、人目を気にせずに、チュッチュしていました。
これは、僕ではなく、エリカからそうされていました。
そして、僕は、もっと見せつけたい欲求にかられていきました。
刺激的な光景を人に見せて、興奮したくなったのです。
そんな事が、ハプニングバーへ行くきっかけとなりました。
エリカは、OKよ。と言って、セクシーな服に身を包み、
僕とハプニングバーへいきました。
エリカは、母親ゆずりの金髪ヘアーで、スタイルがよく
目立ちました。
さっそく、ハプニングバーで視線を集めていました。
僕達は、カウンターで、濃厚なキスを始めました。
そして、エリカの太ももに手を置き、
いやらしく撫で回しました。
わざと近くの席で一人で座っている、男性に
エリカの太ももを見せつけるようにしました。
快感でした。
僕達は、激しいキスを続けていきました。
そろそろセックス部屋へ行こうか。と
エリカの耳に囁きました。
OKよ。と返事がありました。
僕達は、セックス部屋に入り、
濃厚なセックスを始めました。
激しく絡み合いました。
人から覗きみされているのは、
物凄い快感で、
僕は、いつになく声まで出していました。
エリカの金髪の髪が美しく
揺れていました。
エリカの髪を掴みながら、
フェラをさせました。
物凄い勢いでフェラをしてくれました。
エリカの視線にもやられてしまいました。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!