ハプニングバーで出会うチャンスのないギャルと楽しめた

単純に少し若いギャルと出会うというチャンスが日常ではないので、ハプニングバーで一人で飲んでいる女の子を見つけた時にはチャンスと思い恐る恐る話しかけてみると気さくに対応してくれたのがうれしかったです。
いきなり初対面でエッチができるというのがドキドキするというので二人だけでイチャイチャしたいと素直に伝えるとあっさりとOKの返事。
服の上から主張してない小ぶりなおっぱいを触りつつ彼女は僕の下半身を優しく刺激してくれます。
最後までできればいいなと思いつつお互いを触っていると彼女が上の服を脱いでくれました。
舐めて欲しいの一言がもらえました。
服を脱いで少し寒くなったお互いの体を温めあうように抱きしめあいつつ、彼女がフェラの体勢になり、咥えてもらい少し部屋が寒かったたので口の温かさが心地よい上にやわらかい下と唇の刺激でギンギン状態からあっさりイってしまいました。
知らない子にイかされた恥ずかしさもありつつも休憩がてら彼女をイかせるように今度は彼女指で刺激してあげました。
だんだんとトロンとしてきたところで2回目の準備が整ったのでそのまま対面の状態で挿入で密着しちゃ状態でのイチャイチャプレイで大興奮でした。
目の前で恥ずかしがらずに気持ちよさそうな彼女に見つめられるとだんだんと動きが激しくなってきます。
2回目のフィニッシュはギリギリまで挿入してイく直前で抜いて彼女に手でしごいてもらいながらでした。
手でイかせてもらっているのですが、僕が気持ちよさそうな顔に少し荒い息をしていると同じように気持ちよさそうにかわいらしい声で見つめながらイかせてくれました。
ちょっと気遣いがうれしすぎて2回目の発射はビクビクと脈打つのが長く続きました。
最後までイけた上に想像以上の気持ちよさでハプニングバーの良さを体験しました。