ハプニングバーで夜勤明けに何発か。

夜勤明け、少し仮眠してからハプニングバーに。疲れてはいましたが、それ以上にストレスと発散したかったのです。
わりと常連なので、常連の女性に声を掛けてもらえます。
昨日夜勤で、と話すと、それでここに来るなんて元気だ、と褒められます。
夜勤明けサービスと普段より熱心なフェラの後、常連仲間に突っ込みます。
店の外ではまったく接点がない相手ですが、ここでだけはお互いの体を知り尽くした中。
非日常としか言いようがありません。
形のいい尻を揉みながら後背位で楽しみ、一発出します。
生き返った思いでソファーに座っていると、横に別の女性が座ります。
お互い全裸です。
知り合いでもなんでもない男女がそんな形になるなどやはりほかでは考えられません。
「疲れてないですか」
たずねると、元気一杯だとのこと。
それなら、と太股に手を伸ばします。
「綺麗な肌ですね」
外なら逮捕かもしれない言動も、プレイルームならスキンシップです。
「ほかのところも触っていいよ。あ、大きいじゃないですか」
元気を取り戻したモノに目をやり、にんまりと笑う女性。
肩に手を回し、まずは乳房を、ついでおマンコに手を伸ばします。
声が変わってくると、前に出て脚の間に顔を突っ込みます。
そして押し倒し、本番。
感度のいい体で、ちょっとゴリゴリとこするだけでいい声を上げてくれます。
いつの間にか、別の男性が近づいてきて声を掛けてきます。加わっていいかと。女性がいいならもちろんのこと。
彼のを咥えながら、息を切らす女性。
その姿を見ながら、私も気持ちよく出しました。



ハプニングバーの二発で手仕舞い。

ひさしぶりのハプニングバー。プレイルームに行く早々、手持ち無沙汰の女性に手招きされます。
相手はすでに全裸で、同じような人々の近くに立っていました。
まだ半ば素面で自分も全裸にというのは引っかかりましたが、思い切って合わせます。
近くで見ると女性は結構スタイルがいいことが分かりました。モデルほどというわけでもありませんが、剥き出しの胸も形がよく、見ているとすぐに吸わせてくれます。
立ってきた一物に彼女の手が伸び、フェラさせてといわれて体を離します。
女性がしゃがみ、咥えてくれます。
咥えたまま、顔を振動させて刺激、かとおもうと、歯を閉じて頬との間に一物を入れ、頭を前後させて歯磨きのようにこすります。
ゴリゴリ一物を削られるような感覚で腰が引けますが、相手は逃がしてくれません。
行く寸前、知らせると口を離します。
次はこちらの番です。
すでに濡れているおマンコに指を入れて最低限暖めなおしてから、ギンギンの一物を挿入。
ソファーに手をつかせて後ろからつきこみます。
もたれかかりながら乳房をもみ、攻め上げていかせます。
中で放出し、息をついて抜きます。ゴムを外していると、別の女性が声を掛けてきます。
彼女はすっかり温まっていたようで、萎えた物を口に含んで刺激して、立ってくるとすぐに挿入を求めました。
手早いほうが楽で、望むところです。
バック好きなので今度も後ろから、壁に向かわせる形で立ちバックでします。
三発目をどうしようか悩みましたが、周りは大体帰り支度なので止めておきました。最後の一組になるのもさびしいと思ったのです。
二発でも充分満足ですし。



ハプニングバーの二本挿しに狂喜。

ハプニングバーは思ったより簡単にプレイルームに入れるものです。
店の客層がいいのかもしれませんが、すぐに誘ってもらえます。
その日は男性二人、女性二人の組に誘ってもらいました。さっさと自分たちだけで入ろうという考えはないようでした。
中に入ると、とりあえず私ともう一人の男性が一人の女性と、後は一対一と別れます。
相手の女性は私たちを左右に立たせて、ズボンを下ろさせました。
「早く立てて」
何の飾りもない催促と伸びてくる手で、すぐに立たされます。
たつや、握って引っ張られ、もう片方のと一緒に舐めまわされます。
貪欲なダブルフェラに、盛り上がってくると片方ずつ咥えて口の中で。
「我慢できない、中で出してよ」
口を開いていいます。
二本同時に入れろということのようです。
きつくないかと思いますが、要望なら応えるしかありません。
入れると、先ほどより激しく舌が動かされ、瞬く間に出してしまいます。相方の男性もあわてて放出し、二人分を喉を鳴らして飲み込む女性。
「せっかちね。次はいってからにして。まあ、気持ちよくなってもらって嬉しいけど」
今度は二人で彼女を楽しませる番でした。
左右から女性器を舐め、また立ってきた一物で乳房をつつきます。相方がやるのに合わせていけば彼女は大いに喜んでくれます。
「二本同時に行こう」
男性がそういうと寝転がります。女性が上に乗り、後ろから入れるように催促。
「どっちでも好きなほうに入れて」
前にはすでに一本入っています。そちらに入れていいのか悩みましたが、あえて言われるのですから一念発起、挿入しました。
案外入るものです、驚きました。
異様に興奮する女性の姿にこちらもたまらず、早漏気味に出してしまいます。次いく時にはもっと我慢したいものだと思います。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!