ハプニングバーで最高の快感

ハプニングバーで最高の快感

私はハプニングバーが大好きで1ヶ月に2回は必ず行っていました。

もちろん誰かとプレイをするのは好きなのでが、それよりも目の前で知らない人たちが交わっているところを見るのがすきなのです。まるでAVを目の前でやっているかのような激しさと非現実性が私を興奮させるのです。私は興奮を求めてハプニングバーに行きました。その日はかなり人が多く、これはたくさんのプレイが見れるなと思い酒を飲みながら周りを見渡していました。右を見れば男性一人と女性二人が3Pを楽しんでおり、左を見れば若い男性と熟女のような女性がまるで近親相姦のようなプレイをしており、今日はアタリの日だなと私も楽しんでいると、一人の女性が近づいてきました。

「見るのがすきなのか」と聞かれたので、私が「そうだよ」と答えると彼女は「じゃあそのまま見てていいですよ」と言って私の下半身に近づいていきました。そして、私のアソコを取り出すといきなり舐めだしました。私は突然のことにビックリしたのですが、周りでプレイを楽しんでいる人たちを見ながら、アソコを舐められるというのは何だか王様のような気分になりました。

また、彼女の口のテクニックがすごくて、目からの刺激と下半身の刺激が両方私を興奮させて最高に気持ちよかったです。あまりの気持ちよさに、しばらくして私が果ててしまうと彼女は笑ってどこかに行ってしまいました。私は彼女との快感に浸りながら、ハプニングバーではこのような普段なら絶対にありえないことが起こるからやめられないんだなと思いました。



ハプニングバーならではの興奮体験


私には付き合っている彼氏がいましたが、彼氏とのセックスでは正直満足することができず、ハプニングバーのことがすごく気になっていました。

そして、彼氏とは接点のない男友達に頼んで、ハプニングバーに行くことになったのです。

彼は、私に彼氏がいることを知りません。
そして、お互いに恋愛感情を抱くこともありませんでした。
そのせいか、エッチな話までも、包み隠さずにいろいろと話せる関係だったのです。

彼も、ハプニングバーには前々から興味があったらしく、いざは行ってみると、普通のバーのようで、ちょっと残念な感じがしましたが、奥に入ってみると、すごく激しいセックスをしている男女が何組もいたのです。

私はそんな光景をただ見ているだけでした。
そして、彼は途中で消えてしまったのです。
彼はどこに言ったんだろうと探していると、何と知らない女性とセックスを楽しんでいたのです。
私はそんな彼の姿をただ呆然と見ているだけでした。

そんな私に気づいた彼は、私を手招きし、キスをしたり、おっぱいやアソコなどを触って、今までに見たことがない表情を浮かべるのでした。

彼は、セックスをするときには少しSになるようです。
そんな彼に興奮した私は、その日は彼とのセックスを思い切り楽しむのでした。

彼氏からでは絶対に得ることができないものを彼は沢山私に与えてくれます。
彼とのセックスはやめられません。

彼も、ハプニングバーにはまったようで、定期的に私たちはハプニングバーに通っています。



ハプニングバーへ学生時代の後輩セフレと


学生時代からセフレとしてセックスを楽しんでいた後輩と、ハプニングバーに行こうと言う話になりました。

彼女とのセックスは気持ちが良くて好きなのですが、もう何十回もしているとシチュエーションを変えてくなる時があります。もっと刺激的なセックスをしようというのが今回の流れです。ハプニングバーへ行ってみると、何ともエロい大人の空間といった感じです。奥のソファーでは複数の男性が一人の女性を愛撫しています。

カウンターでは普通に胸を揉んでいるカップルも居るので刺激的でした。僕らは人に見られながらセックスをした事がないので今回は人に見られる刺激を体験しようと想い、奥のセックス部屋を覗きに行きました。既に複数のカップルがセックスの真っ最中で、それを見ている人もいる不思議な空間です。

我慢できずに彼女にキスをして愛撫を始めると、周りの視線が物凄く集まっているのが分かります。お互い全裸になりギンギンのチンコで立ちバックで攻めてあげます。普段のセックスとは違い、かなり近いところから見られている刺激で彼女もいつも以上に喘ぎ声が出ています。隣でも僕たちに並ぶように一組のカップルが立ちバックを始めました。

他の女性が突かれる姿を生で見ながらさらに興奮していると、我慢できずに彼女の中へ発射してしまいます。その後もセックス部屋では次々とカップルがセックスを行っていて、果てた僕らは茫然と人のセックスを見て興奮していました。ハプニングバーの凄さを知ってしまった僕たちは何度も通っています。