ハプニングバーで知り合った清楚美人

ハプニングバーで知り合った清楚美人

今年の春に、私は始めてハプニングバーを体験したのでした。
ハプニングバーでは、いろいろなハプニングが待っているといわれています。
乱交や素人とのセックスなど、いろいろなハプニングが待っています。

その中で、いろいろな系統の女性がいることにも凄く魅力を感じます。
いろいろな女性の中で、清楚美人な女性がいました。

ハプニングバーには不似合いだと思いつつも、声をかけてみることにしました。
すると、彼女も感じよく応えてくれたのです。
そして、私たちは楽しく会話をしたのでした。

お酒を飲みながら軽くスキンシップを重ね、足を撫でたり、軽く耳を噛んだりしてみました。
いろいろな人がいる中で、彼女もまた興奮を隠すことが出来なかったらしく、私のアソコをズボンの上から触ってくるのでした。

私は、彼女とエッチをする事が出来ると確信した瞬間でした。
彼女からさらに「もっとしてもいい?」といわれ、私は首を縦に振って応えました。

奥のプレイルームへ行くと、今までの清楚な印象とは違い、凄く大胆になってきたのです。
座って抱き合っている形でキスをしたあと、我慢できなくなって彼女の服を全部脱がしたのでした。

そして、彼女のきれいなあそこに、私のモノを挿入しました。
バックからピストンされるのが凄くいいらしく、私は思い切り彼女をバックからピストンするのでした。

ゴムつきでしましたが、ゴムをつけずにやりたかったなと言った思いもよぎりました。
清楚美人のギャップはたまらないです。



ハプニングバーは違った興奮を楽しむことが出来る


ノーマルなセックスにマンネリを覚えてしまった私は、ハプニングバーで刺激を求めるようになっていったのです。

セフレとの付き合いも長くなってきて、セックスもマンネリしてきた頃にハプニングバーに一緒に行き、私もセフレもハプニングバーにハマったのです。

ハプニングバーに行くと、凄くエロい照明で照らされていて、そこではフェラをしている光景や、1人の女性が2人の男性から指や舌でせめられている光景など、かなりエロい光景は当たり前でした。
私はそんな光景を見て凄く興奮し、セフレの服を脱がし、そのまま一緒に私とお酒を飲むことに。
彼女は裸になって私と一緒にお酒を楽しんでくれたのです。
彼女の体つきは正直私の自慢でもありました。
そんな彼女の体型を見て、寄ってくる男性も少なくはなかったのです。

私は、彼女に、隣にいた男性のモノをフェラするように言うのでした。
彼女は私の言うことに従い、フェラをします。他の男性にフェラをしている彼女のおっぱいを後ろからもみ、乳首を刺激すると、彼女は凄く感じていました。
そして、アソコはすごくヌレヌレになっていたのでした。

私も、他の女性から話しかけられ、彼女とプレイを楽しみました。
その間、セフレの彼女もまた、他の男性とセックスを楽しんでいたのでした。

ハプニングバーではセックスのマンネリも解消してkるえて、いろいろな刺激を与えてくれます。
こんなハプニングバーを、私も彼女も凄く気に入ってしまったのでした。



ハプニングバーで知った自分の一面


最近私は、初めて潮吹きというものを経験したのでした。

私は、以前から潮吹きというものが凄く気になっていたのです。
友人に誘われて、初めてハプニングバーを訪れた私は、少し顔のいい男性2人組から声をかけられました。

友人と私のタイプがわかれ、男性と最初は4人でお話をしていたのですが、友人たちは2人で別のところへといってしまったのです。

私も、お目当ての彼とソファーの上でお話していました。
彼のルックスや声のトーンなど、凄く気に入って、彼といると少しずつ期待し始めてきたのです。

彼も、私のセックスをしたいと思っていたらしく、彼のほうから誘ってきたのです。
私は、彼の行動をすべて受け入れました。
服を脱がされ、身体をまさぐられ、私のアソコはすでにじんわりとしていたのです。

足を開いた状態で、彼の指が私のあそこの奥までかき乱してくるのです。
私は、大きな喘ぎ声と共にアソコからアツいものがあふれ出したのでした。

これが、私の潮吹き初体験だったのです。
私は、彼のモノが凄く欲しくなり、彼の上に乗って思い切り腰を振ったのです。
彼とのセックスは全部で2回絶頂し、今回のハプニングバーは凄く満足するものとなりました。

その後友人は、2人で途中からハプニングバーを抜け出して、ラブホへと向かったそうです。
友人も、私もお目当てのイケメンと、気持ちのいいセックスをする事が出来て凄く満足でした。
ハプニングバーでは、嬉しいハプニングも期待することが出来る場所なんだなと思いました。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!