ハプニングバーで緊縛SM体験をしてきました。

ハプニングバーで緊縛SM体験をしてきました。

緊縛師さんがイベントをしているハプニングバーに行ってきました。
ちょっと遅れての入店になってしまった為、緊縛イベントは始まっていて、既に女性が縛られていました。
暫くその様子を見ていると、縛られた女性が、鞭で叩かれたり、あそこを弄られて喘いでいました。

そうこうしているうちに私が縛られるという流れになりました。
まずは両手首を後ろに回して縛られました。後高手小手というそうです。
そして、うつ伏せの状態で後高手小手の部分と脚をしっかり固定されて吊るされました。
吊るされて動けなくなった状態で女性が何人かよってきて、起ってるじゃん変態さんやパンツの上から触られて濡れてるねどうしたの?
縛られただけで勃起してヌレヌレになる変態なの?などと言葉責めをされました。

そして、ご開帳というコールが流れる中、パンツを縛られている縄の辺りまでずるっと脱がされたところで歓声が上がり、回りの女性には、せっかく大きいちんぽもっているのに、マゾなのね。
残念ね、宝の持ち腐れねなどと罵られて、その言葉責めに興奮してしまい更にギンギンに起ち始めてしまいました。
すると、鞭が出てきて、お尻を叩かれました。バシンバシンと三方向くらいから3人がかりで叩かれ、ぎゃーやあんという声が出てしまい、堪え性がないなどと言われ次々と叩かれていきます。

数百発鞭をいただいた後うっかり鞭で射精してしまいました。すると女性陣から、更に罵りをうけます。鞭だけで逝くなんて変態ね。出しちゃうなんて等と言われつつ、縄を降ろされて出した精液の辺りに顔を持って行かれます。ほら、自分で出したんだから綺麗にしなさいと言われて顔を近づけられるのです。もちろん縛られたままです。
自分が出したものですが、生臭く辛いのですが舐めないと何をされるかわからないので嗚咽を上げながらもなんとか舐め終わりました。
するとご褒美だと言われ、女性の一人のオマンコを舐めさせてもらいました。

同じ性器でもやはり女性の物はいいですね。出さなければ口でしてあげたのにと言われつつ私の番は終わってしまいました。
その後は女性物の下着を付けられ閉店まで他の方としゃべっていました。
その中でも女性に偶にちんこを触られたりお尻を叩かれたりと楽しい時間でした。



ハプニングバーでアブノーマルな経験


自分の性癖ってなかなか周りの人には打ちあけられません。ましてや彼女にこんなプレイがしたい。こんなことをしてなんてことは切り出すことが難しいですよね。
そんな悩みを持った人達が夜な夜な集まるハプニングバー。そこでは自分にあったプレイを楽しむ事が出来ます。私もそんな悩みを持った1人だったのですがある時ハプニングバーという存在を知りボーナスが出た時に行きました。
ハプニングバーは少々値段は高めに設定されています。女性は逆に格安になっているようです。お酒を飲みながら女性の方とどんなプレイが好きなのかなどを話してお互いの性癖が合う人を探しました。
私はドが付くくらいのSなので緊縛プレイや無理やりのプレイがすきな女性を探していました。
まぁそんな人はなかなかいないだろうなと思っていたのですがドMの女性って沢山いるものです。色々お話しして清楚系の見るからにMな人とSMプレイをする事が出来ました。
なんでも言いなりになる彼女におもちゃを突っ込んで四つん這いにさせ、何度も何度もいかせていると我慢できない欲しいと言ってきたのでそれを何度も言わせて彼女の望みを叶えてあげました。
行為の後の彼女は何度も何度も果てているためか体の力が抜けてよだれを垂らしながら気持ちよさそうにしていました。
言いなりになるのがとても好きだそうです。
中にはカップルで来店しそこに1人で来た男性を入れて3Pをするなどの人もいました。積極的話しかければ自分の性癖に合う人が見つかります。
普段では経験できないアブノーマルな経験をする事が出来るのがハプニングバーです。



ハプニングバー 友人の大胆なエッチに驚き


友人とハプニングバーに行ったときのこと。私はハプニングバー初体験でした。

友人は3回目くらいで、ちょうどはまっていたのです。1回目の時はとても楽しかったということ。でも2回目はあまりルックスのいい人がいなくて残念だったということを聞きました。そしてハプニングバーに行く前に友人から中句を受けました。いろんな人がいるから、自分の気に入った人は自分で声をかけて逃さないこと。出ないと、いろんな人が間に入ってくる…と言われたのです。私はそれを胸に友人と出向きました。初めてのハプニングーバーに少々驚きましたが、一番最初のカウンターのようなところはまさに普通のバーと変わりなかったですね。ただ違うのはみんな目。誰かを狙うような目でギラギラしていました。私はこれといった男性が見つけられずにいたのですが、私と友人を誘ってくれた男性二人組と少しいい感じに…。先に友人たちが消えて行きました。

私たちも奥のソファに座ってゆっくり話そうということになり、なんと手マンをされながら、彼とお話を…。私はもう喘ぎながら彼と話をしていましたね。友人たちがかえってくると、私は入れ替わりで彼と個室へ移動してやりまくってしまいました。彼はとても気持ちいいポイント知っていて、私は大洪水でしたね。下着まで濡れてしまうほど。その下着も途中で脱いでしまっていたために誰かに持って行かれてしまっていました。

初めてのハプニングバーの体験は最高でしたね。