ハプニングバーで見られる楽しみ。

自慢ではありませんが僕のペニスは大きいほうです。
女性に見られるより、むしろ男性に感嘆されるほうが好きなほどです。
ただ、それを充分楽しめる場所と言うのは普通は存在しません。
風呂屋などで感嘆とは行かないからです。
そんな僕にとって、ハプニングバーと言うのはかなりいい場所です。
不特定多数の男性と性的な場所を持てるのですから。
というとホモっぽいですが、好きなのは当然女性です。
プレイルームに入り、服を脱ぎます。
ぶるんと僕のペニスが表に出ると、周りの男性がおっと声を上げます。
お互い確認しあうこの瞬間が溜まりません。
このでっかい物をすぐにでも女性に突っ込みたいと思います。
もちろんそういうわけにもいかず、まずは女性を喜ばせます。
寝転んだ女性を複数で嘗め回し、気が高ぶってきた女性がダブルフェラに移行。
そうしてぐるりとフェラした後、順番に正常位で相手をしていきました。
「あっ、太いっ」
入れると、体の下の女性が喜ばせてくれます。
ゴリゴリ奥をこすっていきます。普通なら届かないところまで掻いているはずで、心なしか反応も違います。
気持ちよく出すと、次は別のグループに加わります。
「あ、巨根」
少し年嵩の女性が遠慮ない言葉を口にします。
そういう所が年上女性のいいところです。
今度は騎乗位で複数と交わる形です。ハプバー慣れした女性らしいやり方といえます。
サイズが長くて抜ける心配がないのか、遠慮なく腰を振る女性。
乳房を下から揉みながら気持ちよく出して、周囲がもう終わる雰囲気なので僕も切り上げ、ハプニングバーを出ます。



ハプニングバーのデカチンくんに求められて。

プレイルームに一人ではいるのもいかにも好き物っぽくて気が引けたので男性を誘います。
あまりぱっとしない人でしたが、ほかにいないのだから仕方ありません。
中に入ると驚きます。
誰もいないのです。
ハプニングバーの、バーの部分には数人の女性がいましたが、私が誘った男性では不測と見たのか別の相手を待っていました。
彼に物足りなさを感じても中に入ってしまえば別の相手もいるはずなのに、と思いましたが、中に誰もいないと知っているから、外の人たちはほかの人を待っていたようです。
これはしくじったかな、と思います。
それでも、夫にあまり相手にされない寂しさを紛らわしに来た私です、一回ぐらい多少ぱっとしない相手とでもしてから帰ろうと思いました。
積極的に誘っても来ない相手に辟易しつつ、服を脱いでいきます。
「あっ」
思わず、声を出します。
「大きいですね。おチンチン」
思わず言っていました。
それほど、そのぱっとしない男性の性器は大きかったのです。
まだ立っていませんが、当然のようにズルむけで、夫の立った状態よりすでに大きく太く見えました。
フェラしてみると、その大きさがよくわかりました。夫に簡単に出来る歯磨きフェラも唇が広がりすぎて難しいのです。
これは下も大変だろうと思いつつ、受け入れます。
夫のより大きいから気持ちいい、と言うと相手は目に見えてやる気を出し、必死で腰を振ってくれます。
割と早く行ってしまいますが、二回三回と身を任せているうちに、それほど強く求めてくれることに感動しました。
それは当然気持ちよさにもつながります。
またハプニングバーで彼を見つけたら、声をかけるのも悪くないと思いました。



ハプニングバーで一人の女性とたっぷりと。

ハプニングバーは客の人数によって中での展開がまったく違ってきます。
その日のプレイルームにはあまり人がいませんでした。
そのため一緒に入った一人とねっとりと行為をすることになりました。
赤の他人と、特に口説いたわけでもないのにそういうことをするのがまたハプニングバーらしい無茶なやり取りと言えます。
「わあ、彼氏のより大きい」
私のゴムLサイズ使用の息子を握ると女性は頬を緩めます。
大きいのがいいのかどうかは良く分かりませんでした、すぐに口に咥えてしまったからです。
腰がひけるようないいフェラチオでした。
玉も優しく転がす女性の手管に脱帽です。
こちらも負けじと挿入後は手間隙をかけます。
正常位で初めて、途中で相手の体を起こして座位に移行、再び正常位に戻り、今度は片足を動かして側面、横向きにズンズン付き捲ります。
「ああっ、横に当たってる! さっきと違うとこにっ」
体位を変える理由の一つがそれです。気分を変えるのもありますが、同じようについても当たるところが変わるのです。
どうやらその女性は横向きで交わったときに当たる部分が好きなようです。
そうと分かれば当然攻めまくります。
そうこうするうち、女性は絶頂に。
私も出して、フェラしてもらってから二回目に突入しました。
同じ相手と二回目はやはり立ちにくいですが、一発では収まりません。
さらに三発目もします。
そうして一人の女性とたっぷり交わりましたが、やはりせっかくハプニングバーに来たのだから今度は大勢としたいものだと思いました。