ハプニングバーには女性一人でも楽しめるかも☆

ハプニングバーには女性一人でも楽しめるかも☆

ハプニングバーに通う様になり、早1年と半くらいが経過しました。
一番最初は当時付き合っていた彼に連れて行かれことがきっけで、ハプニングバーを知りました。

最初は変な名前のバーなんだな~と、よく把握せずにお店へ行ったので、店の中の雰囲気は正直びっくりしました。
元彼は私と付き合う前の彼女に連れて行かれて、その店を知ったようです。

当時、私と彼はコスプレが大好きだったことから、ハプニングバーでもコスプレをしてまずは雰囲気を高めました。
同じ様なカップルが来たら、合流するからな!と、告げられ、1時間くらい飲んだあとに、カップルが登場!店の方の案内で合流しました。

そのカップルの彼氏は寝取られ系の事が凄く感じるとの事で、相手がカップルでなくてもよかった感じでしたが、彼女さんが私の彼を気に入って、プレイルームへ行っていました。
正直なところ、私は彼氏のセックスは見たくはないので、拒みましたが、どうしても彼氏さんが、彼女と私がどんな風にしているか見たいと言うので、覗けるスペースへ行きました。

不思議な気持ちになり、何だかとても濡れました。
でも、私はその彼氏さんとは一線を越える感じは無理でしたので、大人の玩具を借りてカップルシートの戻り、それを使い遊びました。その時の体験を思い出すと妙に興奮してしまい、人のセックスを見にいくだけでもちょくちょくバーへ通う様になりました。
本当に顔が好きな男性に巡り会えた時だけ、一線を越えています。

女性は無料で入店とワンドリンクできる曜日があるので、必ず行っています。

ハプニングバーへ、人生初


以前から本当に行きたくて行きたくて仕方がなかった、場所へ行ってきました。

私が遂に行ってきた場所はハプニングバーです。
ハプニングバーを知ったのは、とあるサイトでした。ハプニングバー体験談の口コミや、どんな事を体験できたなどかが書かれているサイトなのです。

そんな魅力的な場所があるのに、1人で勇気が持てず行けないでいた私でしたが、40代に入っても未だ一線で働いている友達がたま~に利用すると言うので、お願いして連れて行ってもらいました。
彼女は初めてハプニングバーを体験したのは、取引先の方(女性に)連れて行ってもらったようです。
しかし、あまりにも衝撃的で、他の人には教えてたくないと言う気持ちになったらしいのです。

なので、友人はその後、暫くは1人でハプニングバーへ通っていたそうなのですが、主婦の私から、「ハプニングバーなんて経験ないよね?」って聞かれて、つい、「あるよ~」と答えてしまったようです。

私はその日は家族には彼女の家に泊まると嘘をついて、女子会へ行く事にしてハプニングバーへ行きました。

バーではカップル席に案内してもらい(彼女が常連さんなので)その後、男性二人組を案内してくれました。
ここは割り切って楽しもうと思ったので、お酒の勢いを借りて、男性に自分からタッチをしたりキスを求めたりしました。

別室もあるとの事でしたが、その時はカップルシートで楽しんで、寸止めで終えました。
なんだかはまりそうな予感です。

私も店の方を紹介してもらったので、もう1人でも行ける状態です(にやり)
彼女がいない様な時間を選んで行ってみたいと思います。

ハプニングバーで私のビンビンな肉棒


付き合っている彼女がいましたが、彼女とのセックスには正直マンネリを感じていました。
そして、彼女とのセックスだけでは物足りなくなった私は、その欲求を解消するために、最近では頻繁にハプニングバーに行くようになったのです。

ハプニングバーに行くと、すごく露出の高い格好をしている女性や、人前でもお構いなくいちゃついている女性など、いろいろな女性がいました。

露出が高く、いやらしさ満載な彼女たちを見て、すごく興奮するのでした。
そして、彼女たちのいやらしくも抜群のスタイルを見て、私の肉棒もビンビンに立つのです。

そして、さらに興奮するような出来事と言えば、女性のほうからセックスしようと言ってくることです。
私はすごく興奮し、彼女とセックスを楽しむのです。

奥の部屋に行き、ソファに座ってお酒を飲みながらイチャイチャします。
そして、彼女は私の肉棒を口にくわえてフェラをしてくるのでした。

いやらしい表情と気持ちのいいテクニックに私はすごく興奮し、思わず彼女の顔に沢山の精液を放出するのでした。

私の精液の量にびっくりする彼女でしたが、私はそんな彼女のおっぱいやアソコなど、沢山の部分を思い切り愛撫し、彼女と交わるのでした。

お互いに気持ちよくなり、私も欲求をちゃんと解消することができるのです。

彼女とセックスした後に、物足りなくてハプニングバーに通うこともあるくらいに、ハプニングバーはすごく最高です。

そして、また、快楽を求めに行くのです。

ハプニングバーが楽しい!


彼から、最近マンネリ気味だからと、ハプニングバーに誘われました。

色んな人がいるなと思ってキョロキョロしていたら、彼が服脱いでみれば、と言ってきました。

普段から露出プレイはしていけど、ちょっと恥ずかしい気持ちと、腰がムズムズする感じがしてきたので、さっそく彼から離れてホールの真ん中の辺りに行って、脱ぐことにしました。

全部脱いだところで彼が手振りで座れと言うので、彼に見えるように開脚して座りました。

自分で気持ちいいように、胸を揉んでいきます。

床が冷たくて、火照りだした身体に気持ちよくて、腰もくねらせました。

床に広げたブラウスの上に寝て、左手で胸を揉みながら、下に右手をやります。

あそこの気持ちいいところをクリクリしながら、もう少しでイキそうっていうところまで来ました。

軽くイッちゃったけど、指じゃ奥まで届かないです。

彼に、挿入してってお願いしたら、すぐに来てくれました。彼も準備出来ていたみたいです。

声を我慢した方がいいのかな?って思ってたら、大丈夫って言われたので、あんあん声が出ちゃいました。

終わって、ふと見たら他の男の人と目が合いました。

彼がいいよって言うので、そのあとは何人か気になった人としました。

四つん這いになってお口でしながら、後ろから入れて貰ったり、おっぱいたくさん揉んだり吸ったりしてくれて気持ち良かったです。

それから、彼が居なくても一人で行くようになりました。

全裸でうろうろしてても、変な目で見られないし、お願いしたら気持ちよくしてくれる。

すっかりハプニングバーがお気に入りになりました!

ハプニングバーは、最近あちこちに出来ている


ハプニングバーは、最近あちこちに出来ているようです。

ハプニングバーへ予約して来たお客さんは、入る時料金を支払います。
大きな看板がないのもハプニングバーの特徴です。
男性客でも女性客でも予約さえすれば、1人で入っても良いし複数で入っても良いのです。

お店の中は、普通のバーの様なレイアウトになっておりますが、1つ異なるのは
奥に別室があることです。
お酒も普通のバー同様各種のお酒が置いてありバーテンダーさんが、サービスしてくれます。

お客さんは、お酒を飲むためにハプニングバーへ行くのではありません。
全部と言っても良いお客さんは、一般人とは異なる性癖を持っている人です。
その性癖は、極端に性欲が強い男女とかアナル性交を好む人、ホモセクシャル、レズビアン、SM趣向者、露出症、女装癖とか色々です。

最近人気なのが夫婦交換です。
倦怠期を迎えた夫婦同士がここで他人のパートナーと交わって刺激を受けて夫婦の仲を若かりし頃に戻しましょうと言う事の様です。

この店に来た人は、自由恋愛ですから合意が成立すればこの店の中だけのカップルになって性を楽しみます。
3Pもあります。
乱交もあります。
奥の部屋へ入った人は、多くの人が衣服を着ていません。

見知らぬ人と交わっているのを見られるのを好む男女や女性から性的いじめを受けて興奮する男性もいます。
行為が終わった後また違う人と交わる男女も多いです。
要するにあくなき快楽の追及です。
でも自由恋愛ですから自由なのです。

お店の経営者も奥の部屋で誰が何をしているかは、関係がないのです。
これが今人気のハプニングバーです。

ハプニングバーに潜入


最初は突然のことだったんですが、ネットで知り合った飲み友達がいるのですが、その人から都内のハプニングバーに誘われました。
この手のものは男女ペアでなければいけないと思っていたのですが、男同士でもOKとのこと。
最初はかなり躊躇しましたが、こんな経験は滅多にないと思い一緒に行くことにしました。
連れていかれたのは都内23区内にあるホテルです。そのハプニングバーは会員制になっているらしく、どうやらその友人が会員になっていたようです。
男女カップルじゃないと会費が高く、支払ったのは1人20,000円くらいでした。
薄暗い部屋の中で待っていると、次々に参加者が現れ、ほとんどが男女カップル。その中にはなんと女性同士の参加者もいました。
年齢も様々ですが、見た目での判断ですが30代が一番多かったように思えます。

薄暗い部屋でスタートしたものの、最初はなかなかみんな動くことなくお酒を飲んでいました。
その中で最初に動いたのが男女カップル。お互い触りながらだんだん服を脱ぎはじめ、10分も経たないうちに互いに裸になっていました。
そのカップルの行為を皮切りに次々行為が始まっていました。

さすがに私は初心者ということもあってしばらく固まっていたのですが、どこからか来た30代くらいの女性に後ろから抱かれて、いつの間にズボンとパンツを下ろされていました。
これがキッカケとなってその女性と行為が始まりました。ごくごくノーマルな手順でことに及んでいたのですが、ディープキスをしながらお互い愛撫をしている時になぜか下腹部に違和感が。
なんと、別の女性が私のイチモツをフェラしてきたのです。これには驚きました。よく見たら私が相手をしている女性2人は一緒に参加した女同士のカップルだったんです。
生まれて初めての3P経験でしたが、互い違いに交互に合体するという生まれて初めての3Pに酔いしれました。

誰にも言えない経験となりましたが、また参加してみたいと思います。

ハプニングバーのプレイルーム


ハプニングバーでは、男性のほうが多く感じますが、比較的女性のほうが多いのです。
そんなハプニングバーに私は定期的に通っているのですが、高確率で声をかけられます。

プレイルームへ行くと、「入場料は体で払ってね」といわれ、プレイルームへと入ることができたのです。
大きなソファに座ると、早速セックスタイムが始まります。

周りでは、いろいろなじょせいの喘ぎ声が聞こえてきて、いろいろなグループやカップルがそれぞれにセックスを楽しんでいるのです。
そんな空間で、女性とセックスをするのはすごく興奮してしまいます。

彼女の大きなおっぱいをもみ、乳首を舌で転がし、しゃぶりつきます。
すごく気持ちがいいのかエロい声で喘ぎまくるのです。

彼女からのお返しのフェラはすごく気持ちがよく、私は興奮して一気に勃起してしまいました。
「・・・出そう・・・」
そういうと、彼女はナカで出して欲しいといいます。

ゴムをつけて、私は早速彼女の中に挿入しました。
彼女のナカはすごく温かくて気持ちがよく、動けば動くほどに彼女はすごく喜んでくれます。

フィニッシュしても、2回戦はすぐに始まりました。
少し休憩しないと、たたない私のモノも、彼女のフェラテクによって、すぐに元気になるのでした。

そして、すぐに2回戦が始まり、彼女といろいろな退位でセックスを楽しむのでした。
彼女もすごく性欲が強いですが、性欲の強さは私も負けていないような気がしました。

ハプニングバーのプレイルームは最高な空間です。

ハプニングバーで年上の女性とのプレイ


20代前半で、ハプニングバーにデビューをした私は、年上の女性にすごく気に入られることが多いのです。

今回も、年上の女性に声をかけられ、セックスに誘われました。
女性からすると、性欲の強い男性とのセックスを求めているんだろうと思われます。
私は、まだ20代前半ということもあるのですが、性欲は人一倍強いほうだと思います。

プレイルームへ行くと、女性は早速服を脱ぎます。
私も女性によって服を脱がされてしまいました。
ズボンを下ろすと、私のモノが大きくなっていて、すごく驚いていました。
私のモノは、他の人と比べて比較的大きいほうのようです。

さらに興奮している女性を仰向けで寝かせると、おっぱいをもみ、乳首を舌で転がしたりしゃぶったりします。
すると、すごくエロく喘ぎだすのです。
彼女のおっぱいはすごく大きく、私は大きなおっぱいが大好きだったので、たくさんおっぱいを愛撫していました。

そして、クンニをすると、すごく濡れていて、手マンをすると、彼女は喘ぎながら潮を吹き始めるのでした。
そして、「早く来て・・・」と懇願されると、私は躊躇することなく彼女のナカへと挿入し、思い切り早く腰を振りました。

この日は、彼女とのセックスで4回射精をしてしまいましたが、まだまだ性欲は収まっていません。
彼女もまだ、私に性欲を求めています。

1人の女性にこんなにも沢山射精ができるのは、彼女が初めてでした。

セックスの相性ってすごく大事なんだなということを今回出始めて知りました。
女性なら誰でもいいと思っていましたが、そうではないんですね。

ハプニングバーでアナルセックス


ハプニングバーで女性に誘ってもらうと、私は早速プレイルームへと向かいます。
大きなソファのうえで、雑談をしながらもエッチなモードへと突入します。

私のモノはもう元気になっています。
興奮してビンビンになっているものを見せると、女性はすごく喜んでくれました。

女性は早速私のものをフェラします。
フェラが気持ちよくてさらに興奮してきます。
そして、我慢ができなくなって私は女性のナカに出してしまいました。

大量に出る精子に、女性はすごくびっくりしていましたが、私の精子を飲んでくれたのです。
私はそんな光景が嬉しくも感じ、女性のおっぱいをしゃぶり、アソコを指でかき回すと、すぐにびしょびしょに濡れていったのです。

女性のエロい喘ぎ声を聞いて、私のモノは早いうちから復活しました。
そして、「はやくきて・・・」という女性からのOKサインに私はためらうこおなく挿入するのです。
そして、拘束ピストンを行います。

「こんなの・・・すごい!!」
女性は、すごく興奮しながら感じてくれていて、私はふとぬらした指でアナルのナカに突っ込んでみました。

さらに興奮する彼女に、私はアナルセックスをすることにしたのです。
アナルセックスは初めてでした。

こんなに締りが良くて、気持ちのいい感覚は初めてでした。
そして、女性も、アナルセックスは初めてだといいます。

お互いに、未知なる快楽を体験することができて、すごく充実した時間をすごすことができたのでした。

ハプニングバーで求める出会い


出会いを探すなら出会い系で探すよりも、ハプニングバーで探すほうが実は出会える確率が高かったりもします。

ハプニングバーでは、その場でであって、その日のうちにセックスができることもあるのです。
セックスの相性がよければ、セフレの関係にもなることができるのです。

会話を楽しみ、セックスを楽しむことができるのがハプニングバーの魅力でもあるのです。

お互いの相性の合う相手を見つけることができれば、その日はすごくラッキーなハプニングに恵まれたと言ってもいいでしょう。

ハプニングバーでは、紳士的な振る舞いや、軽い話術も重要です。
女性から襲われることに関してはOKなのですが、男性からいきなり女性に襲い掛かるのは逆効果になるのです。

まずは軽く雑談をしつつ、会話を盛り上げ、女性のいいところをほめて気持ちよくすることで、たいがいの女性は自分のほうからセックスを求めてくるようになるのです。

女性のほうからセックスを求めてきたときには、私は喜んでいろいろなセックスをします。
セックスの相性がよければ、すごく最高です。
どんなセックスが好きかなどを聞きつつ、私は彼女たちにリクエストを施すのです。

そうして、私は多くのセフレをゲットしました。
ハプニングバーでは、激しいセックスを求めている人が多いように感じます。
そして、パートナーとのセックスに満足していないと言った女性が多くかんじられます。

いろいろなセックスの好みもあるので、どんな人が来るかによってもハプニングバーの楽しみ方が変わると言ってもいいでしょう。

ハプニングバーで味わう興奮


ハプニングバーでは、毎回いろいろな人が来るので、違った興奮を味わうことが出来ます。

付き合っていた彼女とのセックスに最近マンネリを感じ始めていてアブノーマルなプレイをするためにハプニングバーに通っています。

SMセックスやレイプセックス、痴漢セックスなど、いろいろなセックスを楽しむことになっている私たち。

そして、ハプニングバーでは、いろいろな人との複数セックスも実現したりするのです。

ハプニングバーでは、私はSになって彼女にいろいろなことを命令します。
彼女は私に調教されているので、私の言うことは絶対服従だと思っています。

私が彼女に、アソコの2人組と3Pセックスして来いと言ったらそれにも従うほどです。
私は、そんな命令もしたことがあり、遠くから知らない女性にフェラをされながら彼女を見物したりすることもあったのです。

ほかの日には、私たちのようにセックスにマンネリを感じてハプニングバーに来ている人たちとスワッピングをしたこともありました。
カップルを交換し、お互いのパートナーが別の人に抱かれているのを見ながらセックスをしていると言う感覚もすごく興奮します。

ハプニングバーには、どんなことが潜んでいるか分からないので、毎回すごく楽しみになっています。
彼女とのマンネリも別の意味で解消され、これはこれでよかったのかもしれません。

また、セックスがマンネリした時には、ハプニングバーで性欲を発散させたいと思いました。

ハプニングバーへ相席居酒屋で知り合った女性と


友人と一緒に、相席居酒屋に行った際に知り合った女性と意気投合しました。
そして、連絡先ももちろん交換し、私たちは別のお店へと向かうことにしたのです。

次にどこに行こうかと話していると、一人の女性が、ハプニングバーに行きたいと言い出します。

私たちはすごくびっくりしましたが、ラッキーだと思い、4人でハプニングバーに行ったのです。

お店に入ると、時間も時間なのか、乱れている男女が沢山いました。
そんな光景を見ていると、友人と一人の女性が消えていて、私ともう一人の女性が残りました。

しばらく2人でお酒を飲んでいましたが、相席居酒屋にいたときの印象とは違っていて、少し興奮を覚えました。
彼女も、ずっとハプニングバーに行ってみたかったと言い、すごく興奮していました。

お酒の酔いに流されるかのように私たちはキスをし、だんだん彼女との密着度が高まっていきました。

そのままお互いに愛撫しあい、キスをしながら激しく求め合いました。

相席居酒屋では見ることがなかった彼女の一面を、ハプニングバーでしっかりと体感することができ、最初は優しく腰を動かしつつ、じょじょに激しく腰を動かして求め合うのでした。

私たちはこの日を境に彼女とお付き合いすることになったのです。
そして、友人ともう一人の彼女も肉体関係を持っていたのでした。

相席居酒屋でこんなに美味しい関係ができるのはすごく興奮しました。
でも、今は彼女がいるので、相席居酒屋もハプニングバーも必要ない・・・かなと思っています。

ハプニングバーで男四人、女三人。


ハプニングバーは男一人で行くより、女性連れの方が大体安くなります。
そしてすぐにプレイルームにも入れます。
中に入ると、男女七人ぐらいが中にいました。
男四人、女三人。
男二人は休憩中。
男女二人ずつが近くで縺れ合っています。
休憩中の男の一人が声を掛けてくれたので、近づいていきいます。
促されるままにさっさと服を脱ぎ、合流。
私は一人の女性にいきなり挿入。前から騎乗位で入れているのに対して、背後から入れました。

女性器に二本挿です。
同時に入れると女性の喜び方が違います。
彼女のほうは呼んでくれた方を早々に舐め始めていました。
二本挿しでいかせて、私も早々に出します。
今度は別の女性が舐めてくれます。
復活すると、手コキ。女性は横の男にまたフェラ。
立つと、ダブルフェラに移行。
息切れするまで舐めてもらった後は、一物でバストを責めます。
乳首をこすり、乳房をつつき、弄り回します。
反対側の男も同じようにして、ついでクンニ。
クンニも左右から二人で弄りまくり、女性の腰が立たなくなるとまず私が前から挿入。

相方は口に突っ込みます。
十分責めていたので早々行きます。もう一度いかせてから自分も出し、交代。
舐めさせつつ、彼女のほうに目をやります。
本番中です。
見ず知らずの男のモノを騎乗位で飲み込んでいます。
こここそが、目当ての瞬間です。
フェラに礼を言ってはなれ、彼女に近づきます。
気づいて、彼女も笑って腰を突き出します。
そして、二本挿し。
私一人ではどうがんばってテクニックを磨いても、一物が一本である以上二本挿しは不可能です。
そして二本挿しされて喜んでいる彼女を見るのも。その不可能を可能にするためにこそ、こうしてハプニングバーに来るのです。
目的の瞬間を少しでも長く楽しもうと思いながら、彼女に挑みかかりました。

ハプニングバーは思わぬ桃源郷。


好奇心からハプニングバーに入ってみました。漠然と客同士が性交するらしいと知っていましたが、細かいことは知りません。
入ってみると、大体のことは教えてもらえました。
要は、女性に誘われたら奥のプレイルームに行って、中でグループセックスできるようです。
そんなシステムだと知っていたら来ませんでした。そうやすやすと誘われるわけがないではないですか。
しかし、入ってすぐあっさり声を掛けられます。ごく普通の主婦です。こういう店にいるのも、間違って入ったのではないかと思うような三十チョイの、スーパーですれ違っても背景と同じような女性。
それが、一緒にプレイルームに行かないかと誘ってくれます。それも、もう一人の男性と一緒に。
その男性も目の前で女性に誘われていました、別に夫婦でも恋人でもなさそうです。
こんなことがあるのかな、と思いながら奥について行きます。
奥ではすでに数グループが床で直接、またはソファーに座って行為の最中でした。
「二人は、こういうところ初めて?」
男性と顔を見合わせます。僕は初めて。相手も同じようです。
初心者なら、まずズボンを下ろしてみて、と女性があっさり言います。
途惑いつつも、そのために金を払って入ったのです。
思い切って下ろすと、男性も同じようにします。
自分の左右に立たせて、女性はさらに腰を近づけるように言います。そうして、左右に手を伸ばし、当然のようにモノを握ります。
「二人とも結構でかいじゃない」
見ず知らずの女性にいきなりこれです、立たないわけがありません。
たったモノ二本をさらに引き寄せ、舌を左右に動かしてほとんど同時に舐めて行きます。
盛り上がってくると、片方を咥えて一気に攻めます。行く前に反対側に移り、また責め上げます。
そんなダブルフェラのあと、四つんばいになってバックと口とに串刺し状態。
まずは見学、などという流れもなくいきなりこれか、と驚きつつも、舐められて爆発寸前のもので必死に責めたてます。
彼女と終わることには、別の女性が近くに来ていて、今度はこっちだといって引っ張ってくれます。
結局その日は五発目が出来なくなってようやく開放され、息も絶え絶えで店を出ることが出来ました。

ハプニングバーは基本的に独りでも楽しい


セックス・エッチな事に興味がある、ハプニングバーに来る理由なんてそれだけで十分だと思います。
病気があるなどの事情ならばプレイに参加するのは待ってほしいですが、ハプニングバーの中は基本的に性の無法地帯です。やりたい事をしていいし、しなくてもいいのです。

私はもうハプニングバーの常連といってもいい年数を通っているので一人でも予定のない日の夜などはガンガン行きますが、女性の初めてのハプニングバーは友人を誘うのがベターでしょう。
今はネットのエッチ動画をいくらでも観られる時代ですが、ハプニングバーでの男女のセックスは過激でマニアックなものが多くて興味深いものです。声や腰の動きなどが生々しく目に焼きつきます。
女性の潮吹きを実際に見たのもバーでした。あれっておしっこが出たのとは違うんです。
それぞれの手にペニスを握って扱きながら激しく女性がピストンされている4Pではみんな体力あるなーと感心してしまいました。実際くたくたになるみたいです。女性の髪や顔がザーメンでベタベタになったのを男性たちが拭いてあげているのをみて合意なんだと安心できます。
また、女がピンでいるとナンパは当然されます。そういう場所ですから不思議はないです。最初は私は容姿も服装も地味なのによく声をかけるな、と驚いたものですが今は慣れました。
セックスのお誘いでなくても気が向けばお酒を飲みながらお話します。下ネタも多いですが大抵の男性は紳士です。こちらの容姿や体型を貶す冗談を言うなどの無礼者はむしろ少ないでしょう。

私の最近のマイブームはコスプレです。普段は全く興味がないのに、お店に行くとナースやちょっと年齢的にキツいですが制服なんかも着ます。ハプニングバーに来ているな、という感じで気分がアガるのでお勧めです。