ハプニングバーにハマったキッカケは

私は某ハプニングバーの会員となり、毎月2、3度訪れる常連となっています。
初めてハプニングバーに訪れた時の事をお話しします。

私は以前からハプニングバーについて興味を持っていました。雑誌などでおいしい思いをした話をよく目にすることがあり、ホントにこんな経験ができるのか?と思いながらも、自分も行っておいしい思いをしてみたいという思いがありました。
そして、ある日私は思い切ってハプニングバーに行ってみようと決心しました。店はインターネットで調べて決めました。そして、景気づけに予めお酒を飲んでからハプニングバーに向かいました。
お店の外観は普通のバーと言ったところでした。ドキドキしながら店のドアを開けてみました。すると想像ていたエッチな雰囲気ではなく、普通のバーのようにカウンターで数組の男女が話をしながら飲んでいる様子でした。そして、店員さんに初めて来店をしたことを告げてカウンターに座りました。すると、早速一組のカップルが声をかけてきました。

今日はどんな感じ?と聞かれて初めてであることを伝えました。私は興味があって初めて来たことを伝えると女性が、「それじゃあいきましょう」と私を誘ってくれました。誘われるがまま奥の階段を上がり2階に上がりました。階段を上がっている途中で、2階の先からエッチな声が響き渡っているのが聞こえてきました。私はドキドキしながら2階の奥に行くと、そこにはソファーが何個かあり、それぞれのソファーで男女がまさにセックスをしているのでした。女性は遠慮しなくていいのよと言いながら、服を脱ぎ始めました。私はもう興奮が絶頂となり彼女に覆いかぶさりました。そして、彼女とセックスをしましたが彼女はまるでAV女優のような体つきや言葉の表現で、私はあっという間に彼女のエロさに行かされてしまいました。終わってから話を聞くと、彼女は店の従業員で、初めての人に店のシステムを教えてくれて、店に慣れてもらうためにサービスをしてくれてるとのことでした。
私は、一気にこの店を気に入りました。それからこの店に何度も出入りをするようになり、様々なセックスの経験を味わえ、ハマってしまいました。



ハプニングバーのボックス席で

私は、以前よりハプニングバーに興味を持っていました。しかし、住んでいる地域にハプニングバーがないことや、行く勇気もなく、なかかなか行く機会を作ることができませんでした。そんな話を友人と話していたところ、友人もハプニングバーに興味があるとのことで、一度2人で行ってみようかということになりました。

そして、その日がやってきました。インターネットで東京にあるハプニングバーの情報を調べて、友人と新幹線でハプニングバーに行くために上京しました。そして、私たちは某有名繁華街にあるハプニングバーAに思い切って入店しました。店の雰囲気はいたって普通のバーであり、私たちは拍子抜けしました。システムは初めてということで入会金として10千円を支払いました。私たちが入店した時は女性の姿すらなく、失敗したと友人と顔を見合わせながら普通に飲むこととしました。

しばらく飲んでいると、1組のカップルが入店してきました。そのカップルは常連らしく、店員と親しげに話しボックス席に座りました。私はそのカップルが気になりチラチラ見ていると、女性が気付いたようで一緒に飲まないかと誘われました。友人と2人で遠慮なくボックス席に行き一緒に飲むこととしました。そして、自分たちは初めて来たことを、地方からハプニングバーを体験したく来たことを話しました。すると、それじゃあ楽しみましょうと女性は服を脱ぎはじめ、男性と絡み始めました。私たちはその行為をずっと見ていましたが、途中から女性が私の手を引っ張り服り参加するように促してきました。
そこからは、私も友人も必死でした。初めての複数プレイで4人でボックス席でセックスを繰り広げました。周りから見られていることも気にせずに、まるで夢のような世界でした。
これが、私の最初で最後のハプニングバーの体験でした。いつか、また行きたいと思っています。



ハプニングバーで出会った彼女?

この日は、珍しく1人でハプニングバーに行ったのです。
そして、最初はカウンターでゆっくりとお酒を飲んでいました。

時間が経つと、私の隣に1人のかわいい女の子がやってきたのです。

彼女は私のドストライクだったので、思い切って話しかけたのです。
すると、彼女も気さくに対応してくれました。
彼女との会話はすごく面白く、声もすごく可愛い声をしていました。

話をしていると、だんだん意気投合していき、気がついたらエッチな話になっていました。

そして、彼女と奥の部屋へ移動し、大きなソファーに座りながら密着しました。
彼女は私のモノをフェラし始めたのです。
すごく気持ちのいいフェラに私はすごく興奮し、イキそうになってしまいました。
私は、彼女の股間に触れようとしたのですが、彼女はそれをなぜか拒むのです、そして、さりげなくキスをしてきました。

彼女のキスもすごく上手く、唇がすごく気持ちよかったです。

彼女の胸を触り、さらに股間に手を触れようとすると、彼女から衝撃の一言が!

彼女は実はオカマちゃんだったのです。
私は一瞬、思考回路が停止してしまいましたが、ふと我に戻ると、すごく複雑な気分になってしまいました。

それでも私は彼女とのセックスを受け入れました。
確かに彼女の股間には男のものがついています。
しかし、それ以外は女の子です。

私は彼女と沢山キスをし、おっぱいを触り、エロく喘いでいる声にすごく興奮しました。
そして、お得意のフェラで彼女の口に思い切り射精をしたのでした。