ハプニングバーに一人で

ハプニングバーに一人で

私は以前、セフレにハプニングバーに連れて行ってもらってからハマってしまいました。

もう、セフレなんか無視して私一人でハプニングバーに行くようになっていたのです。女一人でハプニングバーに行くと以外にもお誘いが多くあります。私はその中で気に入った男性とセックスをしています。その日も一人でハプニングバーに行き、お酒を飲んでいると30分も経たないうちに男性から声をかけてもらいました。私は基本的には男性から誘われて断らないので、すぐに奥にある個室に行きました。ワンピースをすぐに脱ぐと男性は「おっぱいが意外に大きいんだね。何カップ?」と聞いてきたので「Dカップよ。おっぱいが好きなら騎乗位します?」と言いながら男性の服を脱がしました。そして騎乗位で思い切り突いてもらいました。男性がおっぱいが好きなようなのでしっかりとおっぱいを揺さぶりながら騎乗位で感じていきました。

私も男性も一回いったところで終わりにしてまたバーに戻りました。喉が渇いていたのでお酒をまた飲んでいるとさっきの男性とは違う男性がまた声をかけてきたのです。私としては一日二人なんて相手をしたことがありませんでしたが、男性があまりにもいい体をしていたのでOKしました。また個室に行き、本日二回目のセックスです。この男性は本当にいい体をしていて、体力もあったため私はもういきまくりでした。私はあまりの気持ちよさに中で出してとおねだりをしてしまいました。最後は男性と一緒にいきましたが、あまりの気持ちよさに頑張りすぎて少しぐったりしてしまいました。



ハプニングバーには興味がありました。


数年前の話です。当時付き合っていた彼氏は私より5歳年上の先輩でした。新入社員で配属されたその部署はかなり多忙で、先輩に色々フォローしてもらっているうちに好きになってしまい、半年後に告白、私たちは晴れて付き合う事となったんです。会社では付き合っている事を内緒にしていたのですが、彼氏はその関係を逆手に取り、休憩室や廊下でキスをするのが好きな人でした。
そんな彼とも関係が1年を超えるとマンネリになり、彼は新たな刺激を求めるようになりました。初めは大人のおもちゃなどで遊んでいたのですが、ある時彼からハプニングバーに行ってみないかと誘われました。正直根はかなりエッチな自分もハプニングバーに興味があり、週末に行ってみる事にしたんです。
私たちが行ったのは神奈川の某ハプニングバー。風俗街のど真ん中にあるイメージでしたが、意外と入りやすい外観で驚きました。緊張しつつ店内へと進むと、さすがハプニングバーというだけあって上半身裸の女性が目に入りました。その時点で彼氏は興奮気味で、私に耳元であとでしようなんて囁くんです。私も緊張と興奮でよくわからないテンションになっていました。マスター風の男性からお店の説明を受け、とりあえずお酒を注文、周りを見ながらマスターと話をしていました。すると隣の常連らしいカップルからスワッピングのお誘いを受けたんです。

そして流れでその男性から彼氏の前で胸を弄られ、ありえない状況に私は喘ぎ声を抑える事ができませんでした。彼氏もその状況に興奮したのか私にキス、男性の彼女からも触られ、もう頭は真っ白、そのままイッてしまったんです。脱力した私を彼氏が抱きしめてくれ、ソファで少し休んでから帰ってきました。
その後色々あってその彼とは別れてしまったのですが、あの経験を思い返すたび体が火照ってしまいます。今の彼はとても真面目なので言いだせませんが、正直もう一度あの体験がしたい自分がいます。



ハプニングバーはプレイを…


ハプニングバーに初めて行ったときは私が25歳の頃でした。当時、会社員でした。
ハプニングバーのルールは場所や店舗によってかなり違いますのでスタッフの方にしっかりと確認をとることが必須でございます。
まずは、一番重要な料金体系です。料金は男性の料金、女性の料金、カップル料金の3種類で大まかに分かれています。
私が行ったハプニングバーは男性単独で1万円、女性で2千円、カップルで6千円でした。
やはり、男性単独の方が多かった記憶でございます。女性の方の単独も多く、店舗の施設もバラエティに富んでいました。私が行った店舗はポールダンスが披露できており、女性のポールダンス目当ての方も多かったことが印象的でした。女性にとってもポールダンスを気軽に練習できる場所としてはいいということで使っているという話も聴けました。
さて、一番肝心のムフフな話に移りましょう。まずはカップルでするときは店舗の奥にカップルルームが用意されています。そこで、カップル同士で互いに見せ合ったりして自分たちのプレイを楽しみます。普段とは違った趣向で楽しめるため興奮を覚えるそうです。

次に、単独同士でのプレイですがこれはコミュニケーション力が問われます。とにかく、自己PRです。しかしガッツイテいると常連さんたちに目をつけられます。ここは空気を読むしかありません。
なので、うまく空気に乗ってプレイを楽しむ。ここが風俗遊びとは違うと考えます。
ハプニングバーはプレイを楽しみますが、一番は「雰囲気」を楽しみに行くバーと私は考えます。1]