ハプニングバーに行った日

僕は30歳です。
この日は、一人で
ハプニングバーに来ていました。
するとしばらくして、綺麗な女性が僕の視界に
入ってきました。
店内でその女性は
輝きをはなっていました。
腰まで届くストレートの
綺麗な潤った髪の毛、
小さな色白の顔、
丸い瞳、ほっそりと
美しいプロポーションと
まれに見る美人でした。
僕は、一目で気に入り、
アプローチしに行ってました。
この女性は僕に微笑みました。
僕は、ドリンクを
彼女に奢ることにしました。
彼女はほろ酔いになり、頬を
赤らめました。
僕は言いました。
君のような美人と
出逢えるのはこれが初めてで
最後であろう。と。
そして、頭を撫でました。
彼女は甘えん坊でした。
僕に、寄りかかってきました。
なので、抱きしめました。
彼女は言いました。
人肌が恋しくてたまらないの。と。
じゃあ、僕がそばにいてあげるよ。
と言いました。
彼女は失恋したばかりでした。
相当傷ついているようでした。
助けたくなりました。
いっぱいいっぱい抱きしめました。
僕達はいいムードになって行きました。
店内で熱い口づけを
繰り返ししました。
彼女は僕の口づけに
答えてくれていました。
しばらくキスを続けた後、
二人きりになろうよ。
と僕は切り出しました。
女の答えは、イエスでした。
僕は彼女を優しく抱えて、
ハプニングバーを出て、
ラブホテルへ向かいました。
二人だけの時が始まりました。
美しい彼女は僕のものでした。
美しい髪を触りながら、
彼女の裸を観察しました。
そして、熱いセックスを繰り広げました。