ハプニングバーのエッチなイベント

私は友人と一緒にハプニングバーのイベントに行きました。
最初は単にハプニングバーがどんなところなんだろうと興味本位で行っただけだったのですが、丁度イベントをしていて、面白そうだったので友人と2ひとで参加することにしたのです。

ゲームをして負けると罰ゲームがあるのですが、罰ゲームが嫌な時は拒否をしても良いと言ってくれたので安心していました。

何度かゲームに負けて罰ゲームをすることになったのですが、最初は「隣の人の胸を揉む」「ふくを1枚脱ぐ」などのソフトなものだったのですが、罰ゲームが続くと、どんどんエスカレートしていき、全裸になるなどの過激なものから、男性におっぱいのにおいをかいでもらうなどのアブノーマルなものまであったのです。
イヤだったら拒否をしても良いと言われていたのですが、拒否をするとその場をしらけさせてしまうと思った私と友人は、したくてもすることが出来なかったのです。

常連の男性は、私たちを負かそうと密かに結束を固め始めたのです。

そして、その結束に負けて、私たちはどんどんエスカレートしていく罰ゲームを受けることになったのでした。

目隠しをしてM字開脚と言った罰ゲームあたりから友人の様子がおかしくなっていき、どんどん興奮していくのでした。
「お願い・・・舐めて」
男たちにせがむ友人に数人の男が群がり、友人のアソコを舐めまわすのです。

そして、エロいあえぎ声と共にどんどんエッチがエスカレートしていき、とうとう挿入まで許してしまったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です